【5分でわかる】 佐藤琢磨 インディ500 日本人初優勝の“凄さ”

 F1モナコGP、ル・マン24時間と並び「世界三大レース」に数えられるアメリカの最高峰レース「インディ500」で、日本時間5月29日未明、佐藤琢磨が日本人初優勝を成し遂げた。日本では報道される機会も多くないインディ500。そこで優勝することは、どれだけ凄いことなのか?
文:天野雅彦、編集部/写真:INDY CAR


賞金3億円!! アメリカ人なら誰もが知るインディ500

 アメリカ人なら誰でも知っているインディ500は、死ぬまでに1回は自分の目で見たいと考えられているイベント。

 ウィナーに贈られる賞金も破格で、おそらく琢磨は250万ドル以上(約3億円)を手にするだろう。

 インディ500は出場するだけでもアメリカン・ドリーム。このレースで勝つっていうのは、本当に凄いことだ。2位は3回が記録だが、そのドライバーたちの名前は誰も覚えない。2位は敗者のトップだから。

優勝し牛乳を飲む琢磨。F1では表彰台の上位3人がシャンパンファイトをおこなうが、インディ500ではシャンパンではなく牛乳を飲むのが伝統。その特権は勝者のみに与えられる。例えばCNNでは誰が勝ったかがトップニュースで報じられるし、今回は同日にF1モナコGPが開催されたが、その日のニュースでは「ベッテルがモナコGPで優勝」よりも「インディ500の優勝者は佐藤琢磨」というほうが大きく報じられる。そういうレース

日本人初優勝を果たした佐藤琢磨の凄さ

 5日間続くプラクティスの後に週末2日間の予選を行い、決勝は2週目の日曜に開催。伝統あるレースはユニークなスケジュールで開催されてきている。

 走り込んでファインチューニングの行き届いたマシンで戦うインディアナポリス500は、マシンが持つ性能をフルに引き出した凄まじいバトルになる。101回目の開催となる今年もそこは例外ではなかった。

 220mph(約350km/h)を越す高速で繰り広げられた接近戦を制したのは、日本人ドライバーの佐藤琢磨だった。

 2017年のインディ500はF1チャンピオンのフェルナンド・アロンソ(=マクラーレン・ホンダ)が参戦し、世界中が注目していた。

 長距離レースで次々ライバルたちが姿を消したが、選手層が厚いインディカーだけに最後の優勝争いは非常にエキサイティングな内容の濃いものになっていた。

レース終盤、カストロネベスと激しい優勝争いを繰り広げる琢磨(先頭)。ほかのスポーツで言えば、「ワールドシリーズで日本人ピッチャーが先発完投勝利」とか「NBAのファイナルで日本人選手がMVPを獲った」とかそういうレベルの偉業

 琢磨が真っ向からの一騎打ちを戦ったのは、インディ500優勝3回を誇るエリオ・カストロネベス。

 ゴール前の11周、カストロネベスと琢磨は手に汗握るバトルを展開。琢磨は終始落ち着き払っており、堂々たる戦いっぷりで勝利のゴールラインを横切った。

 勝因は自分のマシンに対する絶対的な信頼、走行ラインに対する自信、そして、タイヤを傷めつけないマシンセッティングだった。

 チームオーナーのマイケル・アンドレッティは、

 「琢磨は凄いドライバー。技術面の理解は凄いし、開発能力がある。そして、その上に人間としての魅力が大きくある。我々はチームワークを重視するチームなので、まさにぴったりのドライバーだ」

と話した。

 琢磨は30万人以上が集まった世界最大のレースを制し、「チームに感謝しても仕切れない。今日はタイヤの持ちが誰よりもよかった。そういう安定感が勝利に繋がった」と喜んでいた。

【天野雅彦】

次ページ:日本人ドライバーが語る“レースだけではない”インディ500の凄さとは?

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ