移籍決定!! 佐藤琢磨インディ500優勝から4カ月 残した功績と来季への期待


2勝目ならずも年間8位は日本人歴代ベスト

 予選が上位でもレースでマシントラブルに見舞われることが多かったため、琢磨が年間2勝目を実現することはできなかった。しかし、シーズンを通してトップ争いに加わり続けた彼は2017年シーズンをランキング8位で終えた。

 シングルの年間ランキングは琢磨にとっての自己ベスト、そして、歴代日本人ベストとなる成績だ。

 2015年からの3シーズンに渡り、インディカーではホンダとシボレーのエアロキットが使われて来たが、2018年シーズンからは出場全車が同一のエアロキットをまとって戦う。新型エアロの特性をいち早く見出し、セッティングをまとめ上げた者たちがアドバンテージを持ってシーズンを進めて行くことになる。

佐藤琢磨がインディ500をともに制したチームを去るワケ

 そして、そのシーズンに向けて琢磨はチームを替える。アンドレッティオートスポートを離れ、2012年シーズンを共に戦ったレイホール・レターマンラニガンレーシングへと移籍するのだ。

 インディ500で勝ったチームを離れるというのは珍しいケースだが、それはアンドレッティオートスポートが使用エンジンをホンダからシボレーに変更する動きを見せたためだった。

 琢磨はホンダ契約ドライバーなので、ホンダを使うチームでしか走れない。そこで他チームとの交渉をスタートした。

 アンドレッティは検討の末にホンダ陣営にとどまることにしたが、琢磨はその前にレイホールへの移籍の決意を固めていた。

012年、レイホール時代の琢磨といえば、思い出すのはインディ500。最終周2位走行中に優勝を狙いクラッシュ。今年の優勝で“5年前の借り”を返した

次ページは : 琢磨が移籍するチームは期待できるのか?