移籍決定!! 佐藤琢磨インディ500優勝から4カ月 残した功績と来季への期待


 佐藤琢磨が日本人初のインディ500優勝を成し遂げてから早4カ月。その後、彼がどのようなシーズンを送ったかご存じだろうか。

 2018年に新チーム移籍が決まった琢磨は今年1年、日本人ドライバーの歴史を塗り替える功績を残した。その先に続くインディ500連覇、年間チャンピオンへ。その期待値はさらに高まる。

文:天野雅彦/写真:INDY CAR


世界最大のレース、インディ500優勝で日本人初優勝

 佐藤琢磨は2013年に日本人としてインディカーレースで初優勝した。歴史も人気もあるロングビーチグランプリでのことだった。そして今年、琢磨はキャリア2勝目を挙げた。

 ロングビーチは市街地コースでの戦いだったが、今度はアメリカならでは、インディカーならではのバンクがつけられた超高速オーバルコース、インディアナポリスモータースピードウェイで行われる世界最大のレース=インディ500においてだった。

 スポーツイベントに集まる観客数としては世界最多とギネスブックも認める30万人超が見守る中、ブラジルのエリオ・カストロネベスとレース終盤に抜きつ抜かれつのバトルを展開した琢磨は、それを制して見事な勝利をマークしたのだった。

世界最大のレースで日の丸を掲げた琢磨。その後続いたシーズンでは、どのような戦いを繰り広げた?

インディ500優勝後も予選1位を2回獲得

 インディカーシリーズは、その後もアメリカ各地を転戦。琢磨はインディの翌週にはデトロイトのストリートコースでポールポジションを獲得し、レースは4位フィニッシュ。

 続くテキサスの1.5マイルオーバルでは優勝争いの中で他車と接触してクラッシュ。全長が1マイルに満たないアイオワのショートオーバルで予選5位、ツィスティーなロードコースのミッド・オハイオで予選3位/決勝5位。

 コーナーが3つしかないユニークな高速オーバルのポコノでポールポジション獲得。

 さらには高速ロードコースのワトキンスグレンで予選4位、アップダウンの激しい最終戦の舞台=ソノマレースウェイでの予選で5位と、あらゆるキャラクターのコースで活躍した。

日本人初のインディ500優勝後、変わらぬ速さで予選PPを2回獲得した琢磨。シーズン2勝目、チャンピオン獲得はならなかったが、年間8位は自己ベスト

次ページは : 2勝目ならずも年間8位は日本人歴代ベスト