移籍決定!! 佐藤琢磨インディ500優勝から4カ月 残した功績と来季への期待

 佐藤琢磨が日本人初のインディ500優勝を成し遂げてから早4カ月。その後、彼がどのようなシーズンを送ったかご存じだろうか。2018年に新チーム移籍が決まった琢磨は今年1年、日本人ドライバーの歴史を塗り替える功績を残した。その先に続くインディ500連覇、年間チャンピオンへ。その期待値はさらに高まる。

文:天野雅彦/写真:INDY CAR


世界最大のレース、インディ500優勝で日本人初優勝

 佐藤琢磨は2013年に日本人としてインディカーレースで初優勝した。歴史も人気もあるロングビーチグランプリでのことだった。そして今年、琢磨はキャリア2勝目を挙げた。

 ロングビーチは市街地コースでの戦いだったが、今度はアメリカならでは、インディカーならではのバンクがつけられた超高速オーバルコース、インディアナポリスモータースピードウェイで行われる世界最大のレース=インディ500においてだった。

スポーツイベントに集まる観客数としては世界最多とギネスブックも認める30万人超が見守る中、ブラジルのエリオ・カストロネベスとレース終盤に抜きつ抜かれつのバトルを展開した琢磨は、それを制して見事な勝利をマークしたのだった。

世界最大のレースで日の丸を掲げた琢磨。その後続いたシーズンでは、どのような戦いを繰り広げた?

インディ500優勝後も予選1位を2回獲得

 インディカーシリーズは、その後もアメリカ各地を転戦。琢磨はインディの翌週にはデトロイトのストリートコースでポールポジションを獲得し、レースは4位フィニッシュ。

 続くテキサスの1.5マイルオーバルでは優勝争いの中で他車と接触してクラッシュ。全長が1マイルに満たないアイオワのショートオーバルで予選5位、ツィスティーなロードコースのミッド・オハイオで予選3位/決勝5位。

 コーナーが3つしかないユニークな高速オーバルのポコノでポールポジション獲得。

 さらには高速ロードコースのワトキンスグレンで予選4位、アップダウンの激しい最終戦の舞台=ソノマレースウェイでの予選で5位と、あらゆるキャラクターのコースで活躍した。

日本人初のインディ500優勝後、変わらぬ速さで予選PPを2回獲得した琢磨。シーズン2勝目、チャンピオン獲得はならなかったが、年間8位は自己ベスト

2勝目ならずも年間8位は日本人歴代ベスト

 予選が上位でもレースでマシントラブルに見舞われることが多かったため、琢磨が年間2勝目を実現することはできなかった。しかし、シーズンを通してトップ争いに加わり続けた彼は2017年シーズンをランキング8位で終えた。

 シングルの年間ランキングは琢磨にとっての自己ベスト、そして、歴代日本人ベストとなる成績だ。

 2015年からの3シーズンに渡り、インディカーではホンダとシボレーのエアロキットが使われて来たが、2018年シーズンからは出場全車が同一のエアロキットをまとって戦う。新型エアロの特性をいち早く見出し、セッティングをまとめ上げた者たちがアドバンテージを持ってシーズンを進めて行くことになる。

佐藤琢磨がインディ500をともに制したチームを去るワケ

 そして、そのシーズンに向けて琢磨はチームを替える。アンドレッティオートスポートを離れ、2012年シーズンを共に戦ったレイホール・レターマンラニガンレーシングへと移籍するのだ。

 インディ500で勝ったチームを離れるというのは珍しいケースだが、それはアンドレッティオートスポートが使用エンジンをホンダからシボレーに変更する動きを見せたためだった。

 琢磨はホンダ契約ドライバーなので、ホンダを使うチームでしか走れない。そこで他チームとの交渉をスタートした。

 アンドレッティは検討の末にホンダ陣営にとどまることにしたが、琢磨はその前にレイホールへの移籍の決意を固めていた。

012年、レイホール時代の琢磨といえば、思い出すのはインディ500。最終周2位走行中に優勝を狙いクラッシュ。今年の優勝で“5年前の借り”を返した

琢磨が移籍するチームは期待できるのか?

 アンドレッティは2003年設立で通算57勝。対するレイホールは1992年発足だが、2009~2011年はフルシーズン出場を休止したこともあり通算25勝。

 この数字だけ見ればアンドレッティ残留が正解に思えるが、レイホールはこの3年ほどで急激に力を伸ばしており、さらなる実力アップが期待できる。

 彼らのドライバーであるグレアム・レイホールは2015年がランキング4位、2016年が同5位、2017年が同6位。2015年と2016年はホンダ勢の最上位だった。

 4台体制の強豪3チームに対抗し、1台体制でこれだけの成績を挙げたことは素晴らしいの一言だ。

 アンドレッティは今年かなりよくなったが、アレクサンダー・ロッシのランキング7位がトップで、琢磨が8位、ライアン・ハンター-レイが9位とレイホールのほうが上位だった。

インディ500連覇、年間王座獲得へ。高まる期待

 レイホールのチームが2台をフルシーズンにエントリーさせることになったら、しかも、その2台目に乗るのが琢磨だとしたら、チームのさらなる躍進がなるだろう。

 プラクティス(練習走行)や予選で得られるデータ量は倍増し、琢磨のセッティング能力、フィードバック能力の高さがチームのさらなるレベルアップを促す。

 2018年に全員が新型エアロ装着マシン使用という点も、琢磨のF1などでのマシン開発の経験が活かされるチャンス。グレアム・レイホールと琢磨のコンビは高い戦闘力を発揮するに違いない。

 2018年の佐藤琢磨は、インディ500連覇、そしてシリーズチャンピオンと、大きな目標をふたつ掲げてシーズンを戦うことになる。

ふたたび日の丸を頂点に……。琢磨は更なる高みを目指し2018年の戦いに挑む

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ