佐藤琢磨選手ありがとう!! 3億9200万円のインディ500優勝トロフィーを日本で見る歓び

佐藤琢磨選手ありがとう!! 3億9200万円のインディ500優勝トロフィーを日本で見る歓び

 2017年も日本では多くのモータースポーツの話題がありました。そのなかでも一大トピックは5月の佐藤琢磨選手のインディ500優勝で異論はないはず。

 日本人初のインディ500制覇は、多くの人の励みになり、モータースポーツを知らなくても感動した人も多いのではないでしょうか?

 すでに日本での凱旋会見などを行っている佐藤選手。今回は年に一回のファン感謝祭「ホンダレーシングサンクスデー」で、優勝マシンと世界にひとつしかないインディ500のトロフィーと共に帰国しました。

 アメリカから離れるのは史上初というトロフィーの値段など、佐藤選手の功績と共に迫ります。

文:ベストカーWeb編集部/写真:塩川雅人


■久々にインディカーがもてぎに帰ってきた!!

 佐藤琢磨選手の偉業について語りたいことは山ほどあるが、今回はその偉業によってあるものが日本にもたらされたという話題だ。

 佐藤琢磨選手が今年5月に制したアメリカのインディアナポリスで開催されたインディ500は、世界三大レースのひとつで、それを日本人として初めて制覇したことになる(他のふたつはF1モナコグランプリ、ル・マン24時間耐久レース)。

 アメリカではもはや国技にも近いレースだけに、その勝者には多大なるリスペクトが払われる。

 そんな佐藤琢磨選手が12月3日(日)にツインリンクもてぎで開催された「ホンダレーシングサンクスデー」に登場。今回は優勝時に搭乗していたマシンと共に凱旋。

 ツインリンクもてぎの「スーパースピードウェイ」というオーバルコースでは、インディカーを使用した「インディジャパン」が2011年まで開催されていたが、2011年の東日本大震災でコースが破損し、それからはオーバルコースを使用したインディカーのレースは開催がない。

佐藤琢磨選手を見ようとたくさんの人だかり!! スーパースターと優勝マシンの凱旋もあり、今年の盛り上がりは例年以上だ
佐藤琢磨選手を見ようと当日は2万4000人の人だかり!! スーパースターと優勝マシンの凱旋もあり、今年の盛り上がりは例年以上だ

 そんな伝説の地になりかけていたツインリンクもてぎの「スーパースピードウェイ」にまた新たな伝説ができた。気温10°Cに満たない寒空のなか、佐藤琢磨選手が実物のマシンで登場。

 路面のコンディションが悪い部分は徐行での通過になったが、ストレートはほとんどフルスロットル。爆音とともに、遠いインディアナポリスでの興奮が日本でも見られたような印象だ。

 もうこれだけでも寒空のなか集まったファンの心は満たされたと思うが、もっともっと嬉しい贈り物があった。それがインディ500の勝者のみに贈られるトロフィーの展示だ!!

インディ500を走ったDW12。エンジンの消耗品は交換されているそうだが、エンジンブロックはインディ500と同じもの。「サウンドはインディ500の時と同じです」と琢磨選手
インディ500を走ったDW12がツインリンクもてぎを快走。エンジンの消耗品は交換されているそうだが、エンジンブロックはインディ500と同じもの。「サウンドはインディ500の時と同じです」と琢磨選手

次ページは : ■アメリカ国外には門外不出!! 超貴重な体験を日本で味わおう

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ