佐藤琢磨選手ありがとう!! 3億9200万円のインディ500優勝トロフィーを日本で見る歓び

佐藤琢磨選手ありがとう!! 3億9200万円のインディ500優勝トロフィーを日本で見る歓び

 2017年も日本では多くのモータースポーツの話題がありました。そのなかでも一大トピックは5月の佐藤琢磨選手のインディ500優勝で異論はないはず。日本人初のインディ500制覇は、多くの人の励みになり、モータースポーツを知らなくても感動した人も多いのではないでしょうか? すでに日本での凱旋会見などを行っている佐藤選手。今回は年に一回のファン感謝祭「ホンダレーシングサンクスデー」で、優勝マシンと世界にひとつしかないインディ500のトロフィーと共に帰国しました。アメリカから離れるのは史上初というトロフィーの値段など、佐藤選手の功績と共に迫ります。

文:ベストカーWeb編集部/写真:塩川雅人


■久々にインディカーがもてぎに帰ってきた!!

 佐藤琢磨選手の偉業について語りたいことは山ほどあるが、今回はその偉業によってあるものが日本にもたらされたという話題だ。佐藤琢磨選手が今年5月に制したアメリカのインディアナポリスで開催されたインディ500は、世界三大レースのひとつで、それを日本人として初めて制覇したことになる(他のふたつはF1モナコグランプリ、ル・マン24時間耐久レース)。アメリカではもはや国技にも近いレースだけに、その勝者には多大なるリスペクトが払われる。

 そんな佐藤琢磨選手が12月3日(日)にツインリンクもてぎで開催された「ホンダレーシングサンクスデー」に登場。今回は優勝時に搭乗していたマシンと共に凱旋。ツインリンクもてぎの「スーパースピードウェイ」というオーバルコースでは、インディカーを使用した「インディジャパン」が2011年まで開催されていたが、2011年の東日本大震災でコースが破損し、それからはオーバルコースを使用したインディカーのレースは開催がない。

佐藤琢磨選手を見ようとたくさんの人だかり!! スーパースターと優勝マシンの凱旋もあり、今年の盛り上がりは例年以上だ
佐藤琢磨選手を見ようと当日は2万4000人の人だかり!! スーパースターと優勝マシンの凱旋もあり、今年の盛り上がりは例年以上だ

 そんな伝説の地になりかけていたツインリンクもてぎの「スーパースピードウェイ」にまた新たな伝説ができた。気温10°Cに満たない寒空のなか、佐藤琢磨選手が実物のマシンで登場。路面のコンディションが悪い部分は徐行での通過になったが、ストレートはほとんどフルスロットル。爆音とともに、遠いインディアナポリスでの興奮が日本でも見られたような印象だ。

 もうこれだけでも寒空のなか集まったファンの心は満たされたと思うが、もっともっと嬉しい贈り物があった。それがインディ500の勝者のみに贈られるトロフィーの展示だ!!

インディ500を走ったDW12。エンジンの消耗品は交換されているそうだが、エンジンブロックはインディ500と同じもの。「サウンドはインディ500の時と同じです」と琢磨選手
インディ500を走ったDW12がツインリンクもてぎを快走。エンジンの消耗品は交換されているそうだが、エンジンブロックはインディ500と同じもの。「サウンドはインディ500の時と同じです」と琢磨選手

■アメリカ国外には門外不出!! 超貴重な体験を日本で味わおう

 前置きが長くなったが佐藤琢磨選手がインディ500で優勝し贈られた優勝トロフィー。実はこちら「ボルグワーナートロフィー」と呼ばれるもので、1936年に登場した歴史のあるもの。このトロフィーは勝者にプレゼントされるものではなく、普段はアメリカのインディアナポリス・モータースピードウェイに展示・保管されている。そう、つまり世界にひとつだけの超貴重な国宝級の逸品だが、今回史上初の海外遠征となった。

 このトロフィーの面白いところは歴代のインディ500の勝者の顔がレリーフとしてトロフィーについていること。佐藤琢磨選手は104番目の「勝者」としてこのトロフィーに登場した。このトロフィーは高さ165cm、そして重さは約50kgとかなり大型で、素材はシルバーでスターリングシルバーと呼ばれる銀の含有率が92.5%のもの。日本だと「シルバー925」という呼称が有名かもしれない。

このトロフィーの存在感たるやかなりもの。ぜひ国内にあるうちに目に焼き付けよう!!
このトロフィーの存在感たるやかなりもの。ぜひ国内にあるうちに目に焼き付けよう!!

 本当に野暮な疑問なのだが、このトロフィーに値段をつけるとどれくらいになるのか? なんと親切なことに当日配布された資料に価格についての記述があった。1935年当時は1万ドルで製作されたとのことだが、現在では350万ドルの価値になるそうだ。ドルの円相場が現在112円。ざっくり換算すると3億9200万円となる。ワオ。もちろん歴史的な価値を考えれば「プライスレス」なのは当然のこと。

 佐藤琢磨選手は記者発表で「来年も自分の顔のとなりにまた自分の顔を置きたい。エリオ・カストロネベスがそうだったように、連覇をしたい」と頼もしいコメント。2018年シーズンは所属チームがアンドレッティ・オートスポートから、古巣となるレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに変わる。古巣でのインディ500連覇に向けても期待がかかる!!

 ちなみにこのトロフィーは東京・青山の「ホンダウェルカムプラザ青山」で12月8日(金)、9日(土)に展示される。世紀の瞬間をお見逃しなく!! 詳細はこちらから。

この横に2018年のウィナーとして琢磨選手のレリーフが載るのか期待だ
2017年の「顔」となった琢磨選手。「155.395MPH(=約250.08km/h)」はインディ500での平均速度だ

 

最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ