F1で初導入 “下駄の鼻緒形フレーム”はダサい? 必要?

 F1はオープンホイール、オープンコクピットの車で行われるレース。ドライバーの首より上を覆うものはなかった。その景色が今季から変わる。

 写真は、トロロッソ・ホンダの2018型マシン。新たなF1マシンには、ドライバーを保護するためのフレーム、通称“ハロ”が取り付けられている。

 正直言って、お世辞にもカッコいいとは言えない!? その導入の裏側を探ると、F1の原点とはかけ離れた事情が見え隠れしてきた。

文:津川哲夫
写真:Toro Rosso、Daimler、Sauber


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ