来年以降もホンダエンジン継続!! 撤退でもF1にHONDAが残る意味


 コロナ禍の非常事態を乗り切って、新たなF1シーズンが開幕する。

 2014年から新パワーユニット時代がスタート、すでに8年目を迎え、2022年からは更なる新時代F1が始まる。その新時代を迎えることなく、ホンダは今シーズン限りでのF1撤退を表明した。

 しかし、2018年から始まったホンダとレッドブルグループとの共闘は、わずか3年の関わりで大きな成果を挙げてきた。そして現在、2014年以降圧倒的な力でF1を席巻し続けてきたメルセデスの牙城に迫る威力を持ち始めた。

文/津川哲夫 写真/Getty Images / Red Bull Content Pool

【画像ギャラリー】佐藤琢磨が開発ドライバーを務めたF1直系ホンダスポーツ!! 現行型NSX 厳選写真 15枚をみる


「最後の1年」に投入! ホンダ渾身の新エンジンの戦闘力は?

F1最終シーズンとなるホンダは、新型パワーユニット「RA621H」を開発。燃焼効率が向上し、低重心・コンパクト化に成功した

 ホンダは最終年となる今シーズン、新生ホンダF1プロジェクトの集大成と言える新型パワーユニット(PU※)を開発。「RA621H」はヘッド、カム角、ボアピッチ、MGU-H(熱エネルギー回生システム)等々、各部を大きく変更して燃焼効率を向上させ、信頼性を確保し、低重心・コンパクト化にも成功。

 PU性能だけではなく剛性や空力などで車体へも大きなメリットを提供するパワーユニットとして登場した。

 もちろん開幕してみなければ宿敵メルセデスとの比較は難しいが、充分以上に肩を並べることは想像に難くない。

 さらに今シーズン、レッドブルは2020年型マシンの「RB16」を発展させた「RB16B」を投入、そして傘下のアルファタウリは2020年型の「AT01」に開発トークンを使って「AT02」に発展させた。これは事実上のRB16なのだ。

 もちろん、これに空力開発が加わるのだから、レッドブル陣営には合計4台のRB16型(=レッドブルの最新形)車体が揃い、そして4人の強者ドライバーが集結するわけで、トップエンドのポイントにこの4人が関わればメルセデスには大いなる脅威となってくる。

 おそらく今シーズンのメルセデス対レッドブルは、昨年以上に拮抗したチャンピオン争を展開してくれるはずだ。ついにホンダPUがチャンピオンを狙う力をつけてはきたのだが、だからと言ってホンダのF1撤退決定は覆りそうもない。

※現在のF1では、1.6L V6エンジンのほか熱エネルギー回生システム、運動エネルギー回生システムを組み合わせたハイブリッドのパワーユニットを採用している

2022年以降もホンダPUをレッドブルが引き継ぎ搭載

2021年2月、レッドブルはF1用パワーユニット製造会社「レッドブル・パワートレインズ」を設立。2025年までホンダPUを使用することが発表された

 ところが昨年、開発・製作・管理、そして知的財産権などのホンダPUの権利をレッドブルに譲渡し、2022年以降もレッドブルに搭載されることが発表された。

 ホンダPUは、レッドブルにその権利を譲ることでF1に残留することが決定したのだ。レッドブルに対するホンダの英断といってよいだろう。

 もちろんホンダバッジが残るかどうかは別の話しだが、少なくともホンダPUは、2022年以降次なる新世代PUの登場まではその姿をF1に留めてゆくというわけだ。これはF1にとっては極めて嬉しい決定といえる。ホンダのDNAがそのままF1で活躍し続けるはず、なのだから。

 レッドブルグループの2チーム4台が搭載パワーユニットを失えば、チームの存続に関わり、もしも他メーカーのカスタマーPUを得たとしても、ワークスサービスを受けることはできないだろう。

 となればレッドブルはパワーソースの部分でハンディを負うことになり、F1からハイエンドでの激しいコンペティションが消えることにもなりかねない。レッドブルもそれを知っていて、あえてホンダPUの譲り受けに固執したのだろう。

 ホンダPUのF1残留とはいえ、どういう形になるのかは未だ不明だが、レッドブルとの譲渡契約の煮詰めには多くの問題もあるだろう。

 レッドブルがホンダPUを叩き台にして、そのまま独自のPUメーカーとして発進するのか、あるいは数年後に控えた新時代PU開発に他のメーカーを物色するのか、契約には金銭よりもその部分のすり合わせに時間がかかるのかもしれない。

 実際、レッドブルは将来的に自社製パワーユニットの生産と他チームへの供給も含めたビジネスを検討しているという。またフォルクスワーゲングループであるアウディーや、ポルシェの参戦も噂され、これが本当ならばレッドブルは恰好のパートナーになり得るわけだ。

次ページは : ホンダがF1にパワーユニットを残す「意義」