いざ王者へ最後の1年! ホンダF1の期待値とエンジン「残留」シナリオ


 2020年最終戦優勝で有終の美、ホンダF1が挑む“最後の1年”。日本人ドライバーも参戦するラストイヤーの期待と展望は?

 2021年シーズンいっぱいでの活動終了を発表しているホンダにとって、今季はF1に挑む最後のシーズンとなる。

 昨2020年は最終戦でレッドブル・ホンダが優勝し上昇気流、さらに7年振りとなる日本人ドライバーが今季、アルファタウリ・ホンダからデビューする予定と期待は大きい。

 ホンダF1にとって“最後の1年”、そしてその先のホンダとF1の関わり方は? F1ジャーナリストの津川哲夫氏が解説する。

文/津川哲夫、写真/HONDA、Getty Images/Red Bull Content Pool

【画像ギャラリー】猛牛と歩んだホンダF1の軌跡! サムライ・ホンダのファイナルシーズンから目を離すな!


■ホンダの大躍進に影をおとしたのは思わぬウイルスの猛威

2019年からレッドブルへパワーユニット供給を開始したホンダ。初年度で早くも3勝をあげた

 2018年から始まったホンダF1プロジェクト。レッドブルグループとの共闘で新しいコンセプトの出だしはトロロッソ(現在のアルファタウリ)からスタート。2015年からのマクラーレンとの関係を整理して心機一転の再スタートであった。

 翌2019年にはレッドブルへの供給も始め、ホンダ軍団は2チーム4台体勢で開発が進められてきた。

 レッドブルとホンダは、それまでのパートナーにない安定した関係を築いた。レッドブル・トロロッソ2チーム4台体制の効果は大きく、開発は短時間で成果を挙げ、このコラボ初年度でレッドブル・ホンダは3勝を挙げた。

 2019年シーズンにおけるホンダの開発は、信頼性の確保が核であり、パフォーマンスではメルセデスとフェラーリの後塵を浴びていたが、信頼性が確立した後半戦にはパフォーマンス開発へとシフトしていった。

 明けて2020年、すでに信頼性を確保していたホンダはコンセプトの核にパフォーマンス向上を置いた。予定どおりこの開発が進めばこのシーズンは王者メルセデスを猛追しテールトゥーノーズを演じるはずであったが……。

 2020年は開幕から世界中が大きな試練を課せられた。もちろん地球を襲ったコロナ禍がそれだ。

■シーズン開幕は7月に! コロナの影響はマシン開発にも

異例のシーズンインとなり出鼻をくじかれたレッドブル・ホンダだが、最終戦アブダビGPでフェルスタッペンが勝利。王者への手ごたえを感じさせながら2020年を終えた

 通常の開幕戦であるメルボルン(豪州)からレースはキャンセルされてしまい、各国でロックダウンなど多くの新型コロナ対応策が施され、現実にF1が開催されたのは何と7月に入ってから。

 この開幕戦に至るまでに工場の操業停止やロックダウンなどで現場作業はできず、リモートワーク等々で誰もが初期開発の機会を失ってしまった。もちろんホンダもレッドブルも。

 シーズンが開幕されたのは7月のオーストリア、本来ならシーズン真っただ中で開発速度の速いチームならばすでに1度や2度のステップアップが行われている時期。

 したがってこの開幕戦には初期開発でのステップを放棄していきなりアップグレードされたマシンが投入された、これは車体とパワーユニット(PU)の双方で。つまり、ステップアップ開発マシンがブッツケ本番、テストなしデビューを強いられたのだ。
 
 もちろん、条件は全チーム同じ、不公平はないのだから不平は言えないのだが、シーズ前半で基礎開発を進め、後半で追い上げるレッドブルの開発プログラムは大きな変更を強いられてしまった。

 実際には例年開発がスロースターターとなるレッドブルは、2020年シーズンに賭けて、開幕戦からの戦闘力を重視。2020年型マシンRB16に、かなり過激な開発を進めてきていた。もちろんポテンシャルは高いのだが、シーズン前半の開発機会を失ったことで、逆にこの過激さが足を引っ張ってしまった。

次ページは : ■コロナ禍の中で着実にパフォーマンスをあげてきたホンダPU