いよいよ週末は富士24時間!! 熾烈な戦いが続く国内最長レースの行方はいかに


 いよいよ2021年5月22日〜23日に決勝を迎える富士24時間レース。スーパー耐久の第3戦となるが現時点でかなりの接戦になっている今シーズン。大きな流れを決めるのがこの24時間レースとなりそうだ。

 緊急事態宣言下での開催となり、チームにとっても、そしてなにより観客の皆さんにとってもやや窮屈な対処が強いられる2021年の富士24時間。

 「耐久の富士」を標榜する富士スピードウェイにとってはまさにそれを象徴するレースであり、多くの障壁を超えてでも実現したいビッグレース。感染症対策をバッチリ実施するぞ。

 今回はモータースポーツジャーナリストによる戦況分析と、イベント情報などをお届けしよう。

文:吉田知弘/写真:編集部

【画像ギャラリー】レースのみならず!! 熱気球でレースを空中観戦なんてマジか


■第2戦までの状況を見ても大接戦だ

デミオやフィットなど身近なクルマたちが富士で激走を見せる

 今年も開幕戦から各クラスで熱戦が繰り広げられているスーパー耐久。年々注目度や人気が増しており、2021年も50台以上の年間エントリーがあるなど盛況だ。

 特に今年はST-Zクラスに参戦するマシンが急増し、15台を超えるGT4車両によるバトルが、第1戦から展開されている。特に第2戦SUGOではレース終盤に白熱のオーバーテイク合戦が繰り広げられるなど、今のS耐で最もアツいカテゴリーのひとつとなっている。

 さらに新しくST-Qクラスが新設されて、新マシンなども続々と登場しており、話題が絶えない状況だ。

 昨年はコロナ禍の影響で変則的なスケジュールでの開催となったが、2021年は予定通り3月に開幕し、5月にはシリーズ最大のイベントである「富士24時間レース」を迎える。

タイヤサプライヤーが韓国のハンコックに。日本では久々のレースだが世界のモータースポーツシーンではかなりのシェアがある

 開催回数を重ねるごとに、ドライバーズラインナップは豪華になり、各チームもパーツ取り車の用意やピット裏の設備を充実させるなど「富士24時間対策」のレベルも年々上がっている印象だが、今年のレースは少し違った展開となりそう。

 というのも、2021年からスーパー耐久のオフィシャルタイヤサプライヤーが韓国に本拠地を構えるハンコックに変更となった。前述の通り、コロナ禍の影響で昨シーズンの最終戦が大幅にずれ込んだ影響もあり、各チームとも十分にテストができないまま開幕戦を迎えた。

■各チームで異なるタイヤの解釈と戦略

GT3マシンも登場。今年はマクラーレンもありこれは見どころだ!!

 第2戦SUGOを終えても、ハンコックタイヤに対する感想は様々で、全体的にタイヤの特性を100%掴みきれていないという印象だ。その中で迎えるシーズン一番の長丁場レースということを考えると何が起きてもおかしくない。

 昨年も大雨の影響で赤旗中断になったり、セーフティカー導入が何度もあるなど、波乱の展開となったのは記憶に新しいが、今年はそれとは違った“未知数”な展開が見られそうだ。

 それだけに、第1戦もてぎ、第2戦SUGOとは異なった勢力図になる可能性も大きい。特に富士24時間は獲得できるポイントも非常に大きく、ここ制することができれば、シリーズチャンピオンに大きく近づくと言っても過言ではない。

 それだけに序盤戦でうまく結果を残せなかったチームは、ここでの巻き返しを十分に狙っているだろう。それも含めると、例年以上にアツいバトルが期待できそうだ。

 昨年はレース序盤のピットストップで火災に見舞われた888号車メルセデスAMG GT3が、マシン修復から見事な追い上げをみせて逆転で総合優勝を飾った。今年はどんなドラマが生まれ、どのチームが栄冠を手にするのか……。富士24時間レースから目が離せない。

次ページは : ■富士はレースだけじゃない!! 今年は熱気球まで飛ぶぞ

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ