日本最高峰のレースは今後どうなる!? スーパーフォーミュラシーズン終了で見えた課題

日本最高峰のレースは今後どうなる!? スーパーフォーミュラシーズン終了で見えた課題

 2021年10月31日、全日本スーパーフォーミュラ選手権の2021年シーズン最終戦である第7戦が鈴鹿サーキットで行われた。

 レースは福住仁嶺が勝利して幕をおろし、チームタイトル争いは11年ぶりにチームインパルが制した。

 しかしこの最終戦で、レースコントロールにいくつか納得のいかないジャッジがあった。スーパーフォーミュラの今後のために段 純恵氏が物申す!

文/段 純恵、写真/HONDA、TOYOTA

【画像ギャラリー】スーパーフォーミュラ2021年シーズン最終戦は福住仁嶺が勝利!! インパルが11年ぶりチーム王座!!(10枚)画像ギャラリー

■最終戦は福住が優勝! 掉尾を飾るにふさわしい充実のレース

鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラ2021年シーズン最終戦(第7戦)を制した福住仁嶺(ダンディライアン)

 10月31日、鈴鹿サーキットで行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)第7戦は、国内最高峰の今季最終戦にふさわしい、中身の濃い一戦となった。

 優勝した福住仁嶺(24、ダンディライアン)はスタートで予選3番手から5番手に後退したものの、そのミスを取り返す冷静さとスピードの維持、誰よりも早いタイミングでタイヤ交換を行う『アンダーカット』を成功させてトップを奪った。

 まさに逆転勝利への王道を力強く進みランキング2位で今季を終了。来季のタイトル挑戦へ弾みをつけた。

 その福住の優勝以上に決勝を盛り上げたのがチームのタイトル争いだった。

 ドライバーズチャンピオンは、前戦、チーム無限の野尻智紀(32)に決定していたが、チームタイトルは平川亮(27)と関口雄飛(34)を擁するインパル、無限、そして福住と牧野任裕(24)のダンディライアンの3チームが4点内にひしめく格好で最終戦にもつれ込んでいた。

 予選で平川が9番手、関口が14番手に沈み、3チーム中もっとも戴冠の可能性が低くなったインパルが、大逆転で11年ぶりの王座に輝いた。

 それは、ドライバーたちの闘志あふれる走り、気迫に満ちた引き締まった戦い、それに鼓舞されるようにチームスタッフが完璧にして最速のタイヤ交換作業を2台ともに成功させたからに他ならない。平川の2位、関口の4位はまさにチーム一丸でつかみ取ったもので、その結果のタイトル獲得だった。

■インパルが大逆転で11年ぶりのチーム王座!!

最終戦第2位は平川亮(インパル)。インパルは11年ぶりのチームランキング王座となった

 ただ、インパル勢にとって良い流れがあったのも確かだ。まずSF初ポールポジションから好発進した松下信治(28、B-Max)が、『反則スタート』によるドライブスルーペナルティでトップから陥落。

 替わって先頭に立った野尻も、2周目に大湯都史樹(23、ナカジマ)との競り合いで大湯に当たったことが『危険なドライブ行為』とみなされ競技結果に5秒加算のペナルティ。

 24周目にはジュリアーノ・アレジ(22、トムス)と競り合っていた牧野の走りが、野尻と同様、危険行為として5秒加算のペナルティとなり、牧野が順位を落としたことでダンディライアンのチームタイトル獲得の可能性は完全に消滅した。

 この3件のペナルティについて筆者はいまだにモヤモヤしている。松下についてだが、メディアセンターのモニターや帰宅後に見た録画映像でいくら確認しても(ちなみにメディアセンターのモニター映像はBSフジで放送される映像と同じもの)、松下のマシンが赤信号消灯前に動いたかどうかの判断はできなかった。

 スタート3分前までに止めるべき作業をグリッド上で行ったという場内放送(これは誤情報だった)があり、また正面からの映像で松下のマシンの動き出し後の加速が鈍い印象があったので、本人のSNSでスタート直前にマシンが動いたことがペナルティの理由と知って驚いた。

 鈴鹿のメインストレートはなだらかな坂になっており、うっかりブレーキを緩めるとマシンが動いてしまうことがある。SNSによると松下は5センチほど動いたような気はしたが、特段の優位に立ったわけではない。

 それでも自覚があるのだから、それがペナルティの理由と言われれば、モヤモヤはしても納得するしかない。

次ページは : ■レースコントロールの判断に疑問アリ

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ