「まだ本当の強さではない」スーパーフォーミュラ王者に今季の戦いを問う

「まだ本当の強さではない」スーパーフォーミュラ王者に今季の戦いを問う

 2021年10月16、17日にツインリンクもてぎで行われた2021年スーパーフォミュラ第6戦で、野尻智紀が初のシリーズチャンピオンを獲得した。

 第6戦の興奮も冷めやらぬ中、早くも未来をを見据えるチャンピオン、野尻智紀に話を伺った。

文/段 純恵、写真/HONDA

【画像ギャラリー】念願のシリーズチャンピオン!! スーパーフォーミュラ2021年チャンピオンは野尻智紀!!(10枚)画像ギャラリー

■どんな時でも崩れない本当の強さを身につけるのはもう少し先かな

スーパーGTでの経験を生かしつつ自分の走りを見つけていったと語る野尻智紀。本人はもちろん周囲も待ち望んだチャンピオン獲得だ

 今季の強さの理由ですか? そうですね。どんな状況でも打開していけるだけの力はまだ足りないと、正直、自分では思うところがあります。

 レース中のドライバーは、チームからのサポートはあるけれど最後は自分ひとりでどうにかしなきゃいけない。そこを問われるのがこの仕事の側面です。今季、予選順位が下のほうから闘ったレースもありましたが、その時も順位以上にマシンのポテンシャルがあるなかで戦えた。

 チームとマシンに助けられながらレースを進めることができて、それが周りから見ると僕の強さに見えたのかなと受け止めてます。仮に少しでもクルマが良くなかったら、ドライビングで躊躇してしまう場面があったかもしれません。

 何か歯車が少しズレた時に自分も崩れてしまうようでは、脆弱な『強さ』でしかないと思う。どんな時でも崩れない、本当の強さを身につけるにはもう少し先かなという印象です。

 レースへの取り組みやレース中にやっていることは過去と比べて一段も二段も高いレベルになったと思います。体力とかトレーニングだけじゃなく、クルマやドライビングに対してどう向き合うかのレベルは上がってきている実感があります。

 例えばマシンのセットアップですが、スーパーフォーミュラだけじゃなくスーパーGTでのいろんな経験の引き出しを少しずつ使って、こういうクルマの動きをしている時はこういう考え方でこう対応するとか。そうすることで正解に近づくと思うし、正解を見つけた時はすごく嬉しい。

 ’19年からこのチームで仕事をさせてもらっていてメンバーも変わってません。同じ認識のもと、ひとつひとつパズルのように組み合わせてくことができたのも、開幕戦から強力なポテンシャルを出せた要因のひとつですね。

■お世話になった方々にようやく顔向けできる気がします

今シーズンも医療従事者へのメッセージを背負って走ったTEAM MUGEN。昨年に引き続きコロナに翻弄されたシーズンとなった

 レースのことを考えてる時間は長いです。ただ他のいろんな部分が疎かになってしまうんです。

 今日もお昼ご飯をホテルの自分の部屋に忘れたんですよ。前はチームのスタッフさんにお昼ご飯を作ってもらっていたんですけど、いまコロナの関係で昼食は自分で用意するスタイルになっていて、それをホテルに置いてきちゃって。

 トレーナーさんに取ってきてと無理をお願いしました。そんな僕ですから周りの方々の協力なしにはやっていけません。それができる環境に身をおけていることがまず嬉しいし、感謝してます。

 家族もすごく応援してくれていて、嫁さんも『あなたがチャンピオンを獲るのが家族の夢だから、あなた頑張ってください』って。なかなか言えないと思うんですよ、こんなふうに。本当に家族が最大の味方というか、だからこそ力をつけなきゃいけない。

 5歳からカートを始めて、辞めたいと思った瞬間もあったけど、高校1、2年生の頃までは結果も出てとても楽しかった。それが高校3年生の時にヨーロッパに行くチャンスをもらって、一人で行って、生活して、レースに出て、でも結果がでなくて、その時は周りがみんな敵に見えたりしました。被害妄想ですね。

 帰国してからホンダの支援を受けてステップアップしていくわけですが、やはり結果が出なくて。そんなだったから高校3年生からずっと苦しいなかにいた気がします。

 なのでまだ一つのタイトルを獲っただけですし、傲慢な言い方かもしれませんが、いままで支えてもらった感謝を形にできたことで、僕にいろんな協力やアドバイスしてくれた方々も報われたと感じてもらえたんじゃないかなと思うし、僕もその方々にようやく胸を張って顔向けできる気がしてます。

次ページは : ■やっぱりトップにいないと面白くないですよね