アメリカ同時多発テロ事件「911」の10日後 WRCを走るフォードフォーカスに書かれた言葉

アメリカ同時多発テロ事件「911」の10日後 WRCを走るフォードフォーカスに書かれた言葉

 2001年9月11日に世界を震撼させた大事件がアメリカ同時多発テロ事件だ。テレビで報道された現場の映像は、とても現実のものとは思えない光景であった。

 そのわずか10日後に開催されたWRC(世界ラリー選手権)に北米に本社を持つフォードから出場するマシンに特別なカラーリングが施された。

文・写真/佐久間健

【画像ギャラリー】アメリカ同時多発テロ事件の10日後に開催されたWRCに参戦したマシンを画像でチェック(7枚)画像ギャラリー

■悲しみの星条旗

アメリカ同時多発テロ事件の犠牲者を追悼するカラーリングで走行するデルクールのフォードフォーカス
アメリカ同時多発テロ事件の犠牲者を追悼するカラーリングで走行するデルクールのフォードフォーカス

 2001年シーズンWRC第10戦として開催されたラリー・ニュージーランドは、9月21日から23日という日程での開催であった。

 そのわずか10日程前の9月11日、世界的に大きな事件が起こっていた。アメリカ・ニューヨークの貿易センタービルにハイジャックされた航空機が突入し、3000人余りが犠牲になったアメリカ同時多発テロ事件だ。世界中は大きな悲しみに包まれた。

 ニュージーランド・ラリーに、フォードチームはワークスカー3台をエントリー。コリン・マクレーとカルロス・サインツはマルティニカラーのフォーカスだったが、3台目に乗るフランソワ・デルクールのフォーカスは白いボデーに星条旗が描かれた特別カラーリングであった。

マルティニカラーのマクレーのフロントウィンドウ上部にも、追悼の言葉が書かれている
マルティニカラーのマクレーのフロントウィンドウ上部にも、追悼の言葉が書かれている

 そしてボンネットとボディサイドには「Remembering Victims & Families September 11 2001(犠牲者とその家族たちを忘れない:2001年9月11日)」の文字が描かれていた。この文章は、マクレーのフォーカスのフロントウィンドウ上部にも書かれている。

 このマシンでスタートしたデルクールは、トップとそん色のないタイムで走行していたが、祖中で転倒してしまう。それでもサービスでメカニックの懸命の作業で再スタートを果たし、このラリーを12位で完走した。

 優勝はスバルインプレッサに乗るリチャード・バーンズ、マクレーのフォーカスは2位、サインツのはフォーカスは4位とフォードチームは上位でフィニッシュを果たしたのであった。

転倒するもサービスによって復活して再スタートを遂げたデルクールのフォーカス
転倒するもサービスによって復活して再スタートを遂げたデルクールのフォーカス

●解説●
 2001年のWRCはまさに戦国時代。日本車ではスバルインプレッサWRCと三菱ランサーエボリューション(エボ6.5)が参戦。トヨタはF1参戦のため、1999年を最後にワークスが撤退した。

 日本車の前に立ちふさがったのは、プジョー206WRCとフォードフォーカスWRC。ほかにヒュンダイアクセントWRCやシュコダオクタビアWRC、シトロエンクサラWRCが参戦。

 ドライバーチャンピオンとなったのは、スバルのリチャード・バーンズ。マニュファクチャラーはプジョーが獲得した。

【画像ギャラリー】アメリカ同時多発テロ事件の10日後に開催されたWRCに参戦したマシンを画像でチェック(7枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号