最強ホンダPUを持つレッドブルがなぜ負けたのか。ハイパワー&トップスピードの高さだけでは勝てない理由とは

最強ホンダPUを持つレッドブルがなぜ負けたのか ハイパワーでトップスピードの高さだけでは勝てない理由とは

 オーストリアGP、レッドブルリンクは過去2年レッドブルが最も得意とするサーキットだった。それはなぜか。レッドブルのホンダPUは標高の高いところ、つまり空気の薄いところでもっとも強力なPUだからだ。しかし、今回のレースではフェラーリに太刀打ちできなかった。無敵であったはずのレッドブルがなぜ負けたのか。元F1メカニックの津川哲夫氏が解説する。

文/津川哲夫
写真/Ferrari,Mercedes,Redbull,McLaren,Haas

【画像ギャラリー】TOPチームだけでなく、中団勢の争いも激しかったオーストリアGP(5枚)画像ギャラリー

イギリスGPのフェラーリの速さは本物。レッドブルリンクでもその実力を発揮

 このコースは一本の急激な登りを走りきれば、残り3分の2はほとんどが強い傾斜の下りコーナーばかり。なのでダウンフォースとエアロバランスの配分が他のサーキットとは大きく違ってくるコースなのだ。

 こういった性格のコースに対して、これまでのレッドブルとホンダPUは実にうまく対処してきた。ライバル達が燃焼とオーバーヒート等に悩まされているのを尻目に、見事に対処して勝利を得てきた。今シーズンもこの路線は変わらず、フェラーリが英国グランプリ以後安定した速さを誇示してきたものの、レッドブルの有利は変わらないと思われていた。

 しかし、いざ始まってみると、フェラーリはイギリスGPの速さそのままに、標高の高いこのレッドブルリンクでも勢いよく走り廻ったのだ。

最強ホンダPUを持つレッドブルがなぜ負けたのか ハイパワーでトップスピードの高さだけでは勝てない理由とは
ルクレールに何度も抜かれる屈辱。フェラーリの速さにマックスは太刀打ちできなかった

 イギリスGPまでは、ハイパワーでトップスピードの高さを誇るレッドブルと高速コーナーリングスピードとトラクションの良さを誇るフェラーリがサーキットの特性によって攻防を繰り広げていた。

 そして開幕序盤戦。レッドブルは信頼性に問題があったため、その持っているアドバンテージを発揮できずにフェラーリに遅れを取るシーンが多々あった。しかし、フェラーリもそのアドバンテージを数々のミスで失ってきてしまい、シーズン半ばの現在、大きなポイント差をつけられてしまった。

 レッドブルはフェラーリの速さを警戒して早期のアップデートを行い、このアップデートでわずかなアドバンテージを得ていたが、カナダ以後フェラーリも各部に細かなアップデートを施し、イギリスGPからは目に見える速さを示しはじめた。結果イギリスGPでは、サインツがタイヤ交換でのアドバンテージを活かして初優勝している。

高高度バトルを制したのはレッドブルではなくフェラーリだった

 オーストリアではルクレールが安定した速さを見せつけ、前半戦の数々の不運を乗り越えてついに優勝。それも最後の10ラップ勝負はルクレールの独壇場だった。レッドブルのフェルスタッペンとルクレールは同時にピットインして同じミディアムタイヤで再スタート。まさにガチのバトルになったが、ルクレールはフェルスタッペンを蹴散らし優勝を勝ち取った。

 さらに後方からフェルスタッペンを照準に収めたサインツが猛追していた。計算上フェラーリは確実にワン・ツーフィニッシュを手に入れていたはずだったが、サインツの猛追はエンジンブローであえなく終わりを告げてしまった。

もう射程圏内……、マックスを抜く直前のエンジンブロー。2位は確実だったサインツ

 フェラーリのスピードは間違いなく本物で、トップスピード、中高速コーナー、立ち上がりのトラクションそしてタイヤ・マネージメントにいたるまで、全てでこのレッドブルリンクではレッドブル以下全てのチームよりも勝っていた。

次ページは : マックスは何度もルクレールに抜かれていた。なぜ、最強PUのレッドブルは負けたのか?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ