【最速試乗敢行‼︎】低くて鋭く低燃費! 新型カムリが予想の斜め上をいく走りのよさに驚いた‼︎

【最速試乗敢行‼︎】低くて鋭く低燃費! 新型カムリが予想の斜め上をいく走りのよさに驚いた‼︎

2017年7月10日、トヨタの世界戦略車であるカムリが日本初披露、発表発売となった。ここでは新型カムリの詳細とどこよりも早い試乗インプレッションを速報ベースでお伝えしたい。
文&写真:ベストカーWeb編集部



◾️価格も判明、燃費は驚異の33.4km/L


カムリといえば、真っ先に世界市場での大成功が思い浮かぶ。何しろアメリカ市場では15年連続乗用車販売台数トップ(2002年〜2016年)であり、100カ国以上の国と地域で販売しており、1980年の初代誕生から数えて累計販売台数は1800万台を超えている。
そんなカムリのフルモデルチェンジだ。日本市場ではミニバンやクロスオーバーSUV、コンパクトカーに販売の主役の座を奪われており、またミドルクラスセダンというとドイツ御三家(メルセデス、BMW、アウディ)の存在感が大きいとはいえ、国産セダン市場の主役の一台と言っていい。

今回の新型カムリ、最大の特徴は独特なスタイリングだろう。
攻撃的にさえ見えるフロントグリルから低く抑えられたボンネット、Aピラーへと流れるボディラインは流麗で、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)に基づいてエンジンやボディ周りだけでなく、ハイブリッドユニットまですべて含めてプラットフォームから完全新設計でないと出来ない作り込み。
当然こちらも新開発となる直4、2.5Lエンジン+モーターの組み合わせは驚異の33.4km/L(JC08モード燃費)を叩き出す。この数値は本企画担当編集も正直驚いた。
(なお燃費33.4km/Lは最安グレードで16インチタイヤを履く「X」のみ。販売の中心グレードで17インチタイヤを履く「G」と18インチタイヤを履く「G レザーパッケージ」の燃費は28.4km/L)
発表された価格は以下のとおり。
X 329万4000円
G 349万9200円
G レザーパッケージ 419万5800円
FFのみの設定で4WDはなし。ハイブリッド専用車となる(販売店からの要望があれば、アメリカ市場で用意されるガソリン仕様も今後ラインアップに加わる可能性がある)。
これまではカローラ店のみの扱いだったが、この新型からは全国のトヨペット店、カローラ店、ネッツ店で販売され(東京地区は東京トヨタ店でも販売)、月販目標台数は2400台。かなり強気の設定といえる。
東京にお住いの方には嬉しいニュースだが、お台場のMEGA WEBではこの新型カムリを一部試乗できる。「ライドワン」という特設コースでわずか1.3km、直線が短いので60km/h程度しか出せないが、フィーリングを掴むことは出来るだろう。
なお、当サイトではひと足早くこのコースで新型カムリを試乗できたので、簡単ではあるがその感想をお伝えしたい。


◾️ちょこっとですが乗りました! すっげえいいぞこれ!!


実車を見ると、改めてそのワイド&ローのフォルムに驚かされる。チーフエンジニアが発表会場で語ったところによると、重心を低く、タイヤを四隅に置いたこのデザインを実現することに注力したという。
いやあ、セクシーだなあ。


メインはアメリカ市場、乗り込む前はそういう先入観があり、正直言って大柄で大雑把な内装を予想していたが、そこはさすがにトヨタ。きっちり繊細なコクピット空間を作り出してきた。注目はインパネ周りで、ナビゲーション、カラーヘッドアップディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイの3つのモニターが連動して、使い勝手が高い上にカッコいい。ハイブリッド専用車らしくエネルギーメーターが一番目立つ未来的な仕上がりになっている。


試乗して最大の発見はステアリングフィールのよさ。これはいい。
バッテリー搭載位置を下げたことによる思い切った低重心化とボディ剛性の向上、プラットフォームから一新したことで総合制御されたパワートレーンが組み合わされると、ハンドリングってここまでよくなるのかーーと驚きながら、あっという間に試乗時間を終えてしまった。試乗したのは17インチタイヤ装着の「G」だったが、これがベストバランスではないかと思われる(16インチは燃費目的で18インチはスタイリング重視だと予想)。
現代の新型車には欠かせない、安全装備パッケージ「トヨタセーフティセンスP」もしっかり全車標準装備していて抜かりなし。
これは気になる読者諸兄にもぜひ乗ってほしいし、担当記者自身も高速道路で乗ってみたい。鋭い加速と好燃費を組み合わせながらも、操縦安定性やシビアなハンドリングも試してみたい。そういう欲求にとらわれる車でした。

なお最後にオマケ的な情報を。

新型車発表会で吉田守孝氏(トヨタ自動車専務役員/ミッドサイズビークルカンパニー・プレジデント)によって明らかにされたところによると、この新型カムリの開発初期段階、デザインスケッチが出揃ったところで豊田章男社長がやってきて、「この中で一番カムリらしくないやつを選べばいいんでしょう?」と語ったという。

トヨタの、特に豊田章男社長の「機能的な車からエモーショナル(官能的、感動的)な車へ」という考え方がよく伝わってくるエピソードでありました。

最新号

ベストカー最新号

新型スープラ 最終デザイン判明!! ベストカー3月10日号

 ベストカー最新号(3/10号)が、2月10日に発売。今回の巻頭スクープでは、その動向を逐一追ってきたトヨタのフラッグシップスポーツ、新型スープラの最新情報を捕捉!! 情報筋から最終デザイン入手...

カタログ