トヨタが公式に「GRスーパースポーツ」出品を公表!!

2017年12月15日、TOYOTA GAZOO Racingは東京オートサロン(幕張メッセ/2018年1月12日〜14日開催)の出品概要を公表しました。
そこにはなんと、本誌ベストカーが10月に報じた3500万円級のスーパースポーツカー、「GRスーパースポーツコンセプト」の文字が。
以下、速報ベースで概要をお伝えします。

文:ベストカーWeb編集部


■TOYOTA GAZOO Racingのフラッグシップカーとして

正直にいえば、当サイトが10月26日に「トヨタが「GR」の頂点に立つ3000万円級スポーツカーを開発中!?」という記事を報じた時点では、担当者(私ですすみません)としては半信半疑だった。

レクサスが今年3月に1300万円級のフラッグシップスポーツ「LC」を発売しているし、このうえそのLCをさらに上回る夢のようなスーパーカーを(しかも市販を目指して)開発するなんて、さすがにおとぎ話ないんじゃないの……? もし開発計画が本当にあったとしても、まだ企画書段階で「どうしようかねえ」と話し合ってるくらいなんじゃないの……? と思っておりました。

本当にすみません。心を入れ替えました。これからはピュアな心でスクープ情報に接します。

実際に開発は進んでいたし、しかもコンセプトカーが東京オートサロンに出品されます。

今回トヨタから発表された「GRスーパースポーツコンセプト」のティザー画像
今回トヨタから発表された「GRスーパースポーツコンセプト」のティザー画像

 

今回トヨタが公表した東京オートサロンの出品概要には、この「GRスーパースポーツコンセプト」に関する概要は以下の3行と上記ティザー画像のみ。

【出展車両は、ヤリスWRC、TS050 HYBRIDなどのモータースポーツ参戦車両に加えて、モータースポーツ活動で培われた技術のフィードバックの一つの形として「WECへの参戦活動が生かされたコンセプトカー(GRスーパースポーツコンセプト)」を展示します】

これだけ。それでもなんとワクワクすることか。

今回、(コンセプトモデルとはいえ)三次元に姿を現すということは、実際に市販へ向けて開発が進んでいると考えて間違いはない。

本記事冒頭にリンクした、本誌スクープ班による情報によれば、この「GRスーパースポーツ」は2020年の市販に向けて開発中だとか。価格は3500万円。

このクルマに関しては引き続き調査を進め、新情報が入り次第すぐにお伝えしてゆきます(この情報に関しては2017年12月26日発売の『ベストカー 2018 1/26号』にてさらなる詳細を報じています)。

なお、GAZOO Racingによる東京オートサロン特設サイトはこちら→ http://toyotagazooracing.com/jp/eventexhibition/tokyoautosalon/

本誌スクープ班が今年10月時点で(掴んだ情報を元に)製作した予想CG
本誌スクープ班が今年10月時点で(掴んだ情報を元に)製作した予想CG

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ