変わった? 変わってない? NSX 改良新型 見た目はプチ変でも中身は激変!?

 え? もう改良!? 2016年8月の発表から僅か2年。ホンダのスーパースポーツ、NSXが改良モデルを発表し、本日10月25日より購入申込受付が始まった。

 異例の早さでの改良となったが、そもそもひと口に「改良」と言っても、ほとんど車の中身にメスが入らない小規模改良から「マイナーチェンジ」と称される比較的大規模なものまで、その規模感はさまざま。果たしてNSXの“改良モデル”は、実際変わっているのか?

文:ベストカーWeb編集部/写真:茂呂幸正


発売から2年で早くも異例の改良

改良モデルのNSX。写真のボディカラーは従来から設定されていた「バレンシアレッド・パール」で、全体の約3割を占める最量販色。ちなみに67万円高の有料塗装色だ

 さて、今回の改良を冒頭で“異例の早さで”と表現したのにはワケがある。

 そもそも、日産 GT-Rなどイヤーモデル制を採っている一部のモデルを除けば、NSXのように台数が限られるスポーツモデルにおいて、発売から2年程度で“それなりの改良”を行うことは珍しい。通常モデルより納期が長いことを考えれば尚更だ。

 となれば、気になるのは「初期型を注文したユーザーはどうなるのか?」だが、ホンダによると「すでに注文を受けた初期型はユーザーに行き渡っている」とのこと。発売時の初年度目標台数は100台としていたが、現在までに約400台(国内分のみ)のオーダーを受けたという。

 とはいえ、2370万円と高価なモデルで納車からまだ日が浅いユーザーも多かろう。こうした要素から“多少”内外装が変わる程度の改良か? と筆者は予測していた。

 ……が、フタを開けてみれば、今回の改良、開発責任者も変わり、真骨頂である走りにも大幅に改良が加えられているというではないか!

外観は小変更? 改良新型は初代NSXのボディカラーも復活!

一見、上の「バレンシアレッド」に似て見えるが、こちらはオレンジの新色。リアガラスから見えるエンジン含めたパワーユニットの基本スペックは変更されていない

 筆者が都内の発表会場に着くと、ボンネットフード先端に「H」マークが刻まれた改良型NSXがすでに鎮座していた。聞けば、アキュラブランドとして販売される北米仕様と、この日本仕様の改良型は「まったくの同一仕様」だという。

 外観上の変更ポイントは、フロントグリルが従来のシルバーからボディ同色へと変更され、メッシュパーツ等がグロス仕上げとなった程度。

 一方、ボディカラーには懐かしい色が蘇った。これまで設定されていたボディカラーに加えて、鮮やかな「サーマルオレンジ・パール」という新色が追加。実はこの新色、初代NSXに設定された「イモラオレンジ・パール」を意識したものだという。

 とはいえ、ここまで実車を外から見た印象では、見た目の「変わった感」はそれほど大きくない。しかし、その見た目とは対照的に中身は大きく手を加えられていた。

 今回の改良の肝となる中身の進化は大きくわけて3つ。ひとつ目はドライバーとクルマの一体感向上。2つ目はサスペンションの剛性アップ。そして、3つ目は電子制御の最適化だ。

 ……と、このように書くと、抽象的で地味に感じるが、新たに就任した開発責任者の弁を聞くと、改良モデルのNSXには“ちょっとした小変更”というイメージ以上に大がかりな変更が加えられているのだった。

初代NSXに設定された「イモラオレンジ・パール」

現行型NSXの新色「サーマルオレンジ・パール」

開発責任者一新で中身はホンダスピリット注入!?

水上聡(みずかみさとし)/1986年ホンダ入社。主な担当モデルはオデッセイ、北米アコード(2003年モデル)、インテグラタイプR(2005年モデル)、北米アコード/インスパイア(2008年モデル)。2014年にダイナミック性能統括責任者に就任

 「進化していくことがNSXの使命であり宿命」

 そう語るのは、この改良モデルから開発責任者を務める水上聡氏。同氏は2014年からホンダのダイナミック性能統括責任者を務め、2005年モデルのインテグラタイプR(DC5後期型)にも携わった人物。いわばホンダ車の操安性能を司る人物だ。

 先にあげた3つの改良ポイントのうち、「ドライバーとクルマの一体感向上」では、改良モデルながらわざわざタイヤを新開発するという気合いの入りっぷり。従来型のコンチスポーツコンタクト5Pに替えて、コンチスポーツコンタクト6を装着。量産タイヤの銘柄名こそ付いているものの、NSX用に開発された専用スペックだという。

 また、2つ目のサスペンション剛性については、フロントスタビライザーで26%、リアスタビライザーで19%、リアコントロールアームブッシュで21%、リアベアリングハブで6%の剛性アップを実現。

 3つ目の電子制御の最適化も、SH-AWDを筆頭にダンパーシステム、VSA(横滑り防止装置)、電動パワステに至るまで「細かに制御パラメーターを見直した」と水上氏。

 もともとNSXはアメリカで生産し、アメリカ人が開発責任者を務めていたモデル。「本来であればタイヤやサスペンションまで変えずに、セッティングを変えれば(改良としては)早いはずなんです」という水上氏のコメントからも、根本から「走り」を煮詰め直した“本気ぶり”がよくわかる。

 いやはや、一見ちょっとした小変更かと思いきや、改良版NSXは、かなり「変わって」いた。その変化が、果たして“進化”に繋がっているのか? その答えは、改めて試乗したうえでレポートしたい。

タイヤは「コンチ スポーツコンタクト6」をベースとした新開発の専用設計

インテリアにも新色として写真の「インディゴ」が新設定。こちらはオプション設定となる

◆  ◆  ◆

 ちなみに、改良モデルのお値段は従来型と全く同じ2370万円。購入申し込みは既に開始されたが、なんと発売は2019年5月。納期の見通しも約半年~1年と、このホンダ流焦らし作戦(?)には正直ちょっと「う~ん」。中身が期待できるだけに、この点だけはちょっと残念。首を長くして発売を待つしかなさそうだ。

◆ホンダ NSX【改良モデル】 主要諸元/全長×全幅×全高:4490×1940×1215mm、駆動方式:4WD(SH-AWD)、パワーユニット:3.5L V6ターボ+モーター(システム出力:581ps/65.9kgm)、価格:2370万円

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ