【レクサス史上最強オープンカー誕生!?】LCコンバーチブル 市販化決定!!! 日本導入は??

 レクサスを代表するフラッグシップクーペに待望のオープンモデルが誕生!!

 2019年7月4日、英国で毎年開催されている自動車の祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でレクサス LCコンバーチブルの試作車が世界初公開。

 レクサス LCは2017年に発売。5L・V8エンジンを搭載する2ドアクーペとしてレクサスブランドの頂点に君臨してきたわけだが、今回そのオープン仕様がついにベールを脱ぐとともに公の場で初めて激走!

 しかも、単なる“見せ物”ではなく、なんとレクサスはこのLCコンバーチブルの市販化を発表した。本稿では取材を通じてさらなる詳細に迫った。

文:ベストカーWeb編集部
写真:LEXUS


市販決定&初披露LCコンバーチブルの詳細は?

LCコンバーチブル プロトタイプ。今回は後席が目立たないようになっていたが、市販時はLC500同様、2+2の4人乗りになるだろう

 “グッドウッド”で突如姿を現わしたLCコンバーチブルが、最近のプロトタイプではお決まりのカモフラージュが施されたボディをまとい、ヒルクライムを駆け抜けた。

 しかし、走行と同時に発表されたのは、あくまで市販化される事実のみ。リリースには「車名や具体的な性能などは、後日発表する予定です」と記され、詳細はまったくわからずじまいだ。

 ただ、公開されたLCコンバーチブルの試作車をよく見ると、いくつかのヒントが浮かび上がってくる。

グッドウッドを走るLCコンバーチブル。生憎の雨の中ルーフは一貫して開いた状態だったが、シート後方の形状やトランクの開口部からソフトトップを採用していることが見て取れる

 今回、スーパーGTに参戦するニック・キャシディ選手がドライブを務め、疾走したLCコンバーチブルからは、重厚なエキゾーストノートが炸裂! 

 現在販売中のLCは、5L・V8エンジンを搭載する「LC500」と3.5L・V6エンジンにモーターを組みあわせたハイブリッド「LC500h」の2通りだが、LCコンバーチブルのエンジン音からは前者の可能性が高いことを伺わせた。

 ただ、エンジンに関しては、市販モデルでV6・3Lターボを積むという情報もある。

レクサスを直撃!! 日本導入の可能性は?

伸びやかなリアフォルム。自然なボディラインは当初からオープン化を意識していたことが伺える

 また、カモフラージュが施されたボディの後半を覗き込むと、その形状からオープンの肝である屋根は、ソフトトップであることも明らかだ。

 さて、このように輪郭が見えてきたレクサスLCコンバーチブル、いったいどこで、いつ市販されるのか?

 レクサス広報部によると「市販化は間違いありませんが、発売時期・地域ともに現時点では未定です」とのこと。

 ただ、別ルートから取材を進めると、2019年内の投入がないことは確実で、2020年の発売が有力。

 これは、既存のLC500が2016年のデトロイトショーで世界初公開され、同年のグッドウッドに出走、そして2017年3月に日本で発売されたという流れとも一致する(LCコンバーチブルもコンセプトモデルを2019年のデトロイトに出展)。

 気になる日本導入についても「未定です」(レクサス広報部)というが、明確に否定しないことからも国内導入の可能性は充分ある。

(通常、日本導入の可能性がないモデルに関しては「導入の予定はない」と回答するケースが多い)

 レクサスには2014年のIS C生産終了以来、コンバーチブルモデルがないことと合わせて考えてもLC コンバーチブルの登場に期待が持てそうだ。

 日本への登場は2020年、車名はレクサスLC Cと予想しておく。

 現行型のLC500の価格は1302万2000円。同じV8エンジンを搭載する場合、コンバーチブル仕様の価格は1350万~1400万円程度となるだろう。

こちらは2019年のデトロイトショーで公開されたLCコンバーチブルのコンセプトモデル

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ