【噂のアウトドア仕様完全捕捉】 ホンダ新型フリード発進直前情報!

 9月20日、ホンダは主力車種であるフリード、フリード+を10月18日マイナーチェンジすると発表した。

【画像ギャラリー】新しいフリード&CROSSTARをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:HONDA
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号


■SUVテイスト「クロスター」が登場

 5ナンバーサイズのコンパクトボディで3列シート・7名乗りの人気モデル、現行型フリードのデビューは2016年9月16日なので、およそ3年が経過したことになる。

 今回のマイナーチェンジ最大のポイントは、フロントアンダーガード風のデザインとルーフレール風のアクセントが追加されたSUVテイストの「CROSSTAR」(クロスター)が新設定されるということ。

新設定の「CROSSTAR」(クロスター)。ボディカラーはプレミアムクリスタルオレンジ・メタリックII

 詳細スペックは未公表ながら、写真を見るかぎり最低地上高は変更されていないようだ。

 また標準モデルもフロントマスクのデザインを変更するなど、イメージを一新。より「シュッとした」印象になった。

こちらが標準タイプ。主にフロントグリルのデザインが変更されている。ボディカラーは新色の「シーグラスブルー・パール」
現行型のフリード

■最新バージョンの「ホンダセンシング」を全車種に標準搭載

 外観以外にも注目すべきポイントとして、「後方誤発進抑制機能」が追加された最新バージョンの「ホンダセンシング」が、すべてのグレードに標準装着され、安全装備のさらなる充実が図られたことが挙げられる。

 従来までの「衝突軽減ブレーキ」「歩行者事故低減ステアリング」「標識認識機能」「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」「LKAS(車線維持支援システム)」などとともに、事故防止、事故を起こしてしまった際の被害をより一層低減させる。

 クルマを購入する際、安全装備の充実度は購入者の最大関心事のひとつ。ファミリー層にはとくに大きなアピールとなるだろう。

 注目の価格は、発売日の10月18日に公表される。

インパネのデザインは色使いなどを除いて現行型から大きく変わることはない。
左の2つは標準モデルのインテリアカラー。右端はクロスターの専用インテリアカラーでブラックのレザーコンビシートとなる

【画像ギャラリー】新しいフリード&CROSSTARをギャラリーでチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ