【新型シビック価格判明!!】ハッチバック&セダンの進化は?タイプRはどうなる?

 2017年9月29日、8代目の販売終了以来、7年ぶりに投入された現行シビック。そのシビックが2020年1月に約2年半ぶりにマイナーチェンジが行われる。

 すでにホンダのホームページ上では新型シビックのティザー広告が掲載されている。

https://www.honda.co.jp/CIVIC/

 ティザー広告にはシビックハッチバック、セダンの写真とともに「NEXT CIVIC Coming in 2020.1」と紹介されているが、詳細は公開されていない。

 そこで、新型シビックハッチバック、セダン、そしてタイプRはどう進化するのか? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が徹底的に調査! 今わかっているすべてをお届けしよう。

文/遠藤徹
写真/ホンダ

【画像ギャラリー】シビックハッチバック&セダンはどう変わったのか?


2020年1月10日発表 23日に発売!

ホームページに掲載されているマイナーチェンジ版シビックハッチバック
こちらが現行モデルのシビックハッチバック

 マイナーチェンジ版のシビックハッチバック、セダンは2020年1月10日に発表、1月23日に発売開始する。

 ただし、タイプRだけは今回切り離され、2020年4月に発表されるという情報が入ってきている。

 まず、シビックセダン&ハッチバックの改良内容だが、内外装のデザイン変更、グレードの再編、ボディカラーの見直し、安全対策強化、価格の改定などとなっている。

 エクステリアでは新デザインのヘッドライトのほか、ホンダ車のシンボルとなっているウイングタイプのフロントグリルのデザインを変更。フロントバンパーに設置するフォグランプハウジングも形状を変更してフロントマスクのイメージチェンジを行なっている。

 さらにエアインテークの形状(ブレードが追加)が変更されてLEDデイタイムラニングランプの位置も変更され、ヘッドライトはLEDが標準化。

 また、フロア、トランク、フロント&リアフェンダーに遮音材を追加したことにより、静粛性が高められているという。

シビックハッチバック。 流麗なルーフライン、硬質で彫刻的なサイドパネルをもつ先進的なフォルム

 グレードの再編は、従来設定していた標準のホンダセンシング・レスのグレードが売れゆき不振のため廃止し、ホンダセンシング付きの標準仕様とレザー&サンルーフが選べる上級バージョンに絞る。

 細かいところでは「プラチナホワイトパール(セダンには現行モデルでも設定)」、「ソニックグレーパール」、「オブシダンブルーパール」、「プレミアムクリスタルブルーメタリック」の4色を新たに設定。

 またソフトウィーブトプライムスムースを組み合わせたシート、ETC2.0車載器が設定される。

 サンルーフはトップロードサンルーフと呼ばれる、手動で天井部をスライドさせれば室内を陽光で満たすサンルーフでハッチバックのCVT車にオプション設定される。ガラス部は電動で開閉でき、チルトアップ機能も装備。

シビックハッチバックのCVT車にオプション設定されたトップロードサンルーフ

 安全対策強化はホンダセンシングのラインアップで歩行者との衝突を避けるためのハンドル操作での回避装置、前方を走行するクルマへの追随機能の2つを新たに追加する。

 価格はハッチバックの標準(18インチタイヤ)が294万8000円、レザー&サンルーフ仕様が321万2000円。

 セダンは標準(16インチタイヤ)が276万1000円、標準レザー仕様(17インチタイヤ)が295万3500円。ぞれぞれ、従来モデルに比べて5万~15万円のアップとなる。

マイナーチェンジ後のシビックセダン。セダンの生産工場は寄居工場
現行モデルのシビックセダン

 使用ガソリンはハッチバックがハイオク、セダンはレギュラー。トランスミッションはハッチバックが6MT、CVT、セダンはCVTのみ。

 従来モデルはすでに生産を打ち切っており、在庫はほとんどない状況で、ホンダカーズ店ではすでに改良モデルの事前予約の受付を行っているところである。

 今回、首都圏にあるホンダカーズ店で、シビックハッチバック・ソニックグレーパール(車両本体価格298万6500円)の見積もりをお願いした。

 ナビ204VFI、ドライブレコーダー、ボディコートなどで42万円強の付属品、ナビパックなどをつけて引いてもらうと合計341万円弱と出た。下取り車なしだと10万円程度の値引きだという。

マイナーチェンジ後のシビックセダンのリアスタイル

シビックタイプRはどうなる?

現行シビックタイプRはニュルブルクリンク北コースのFF最速タイム、7分43秒80を達成。その後コースは改修され、ルノーメガーヌRSトロフィーRが7分40秒1を達成したが走行距離は2万600kmと短かった。今後、ニュルブルクリンクが正式採用するのは2万823kmとなったが、その距離でのメガーヌRSトロフィーRのタイムは7分45秒389。はたしてマイナーチェンジしたタイプRで新コースを走った場合、メガーヌのタイムを更新し、FF最速の座を奪還できるのか?(写真は2018年モデル)

 2019年8月、ホームページにて「まもなく販売終了となります」とアナウンスされたシビックタイプRは、すでに完売し、シビックタイプRの現在のホームページにはハッチバック、セダンと同じく「2019年モデルの販売は終了しました」と掲載されている。

 シビックタイプRの発表は2020年4月になる見込みだ。

 さて、シビックタイプRはどのように変わるのか? 実はシビックタイプRだけは、写真が公開されていない。

 ホンダ関係者によれば、フロントバンパーやリアバンパーの形状変更をはじめ、ラジエターグリルの開口部が拡大されるとのこと。

 またカーボン製ルーフが与えられ、エンジンと足回りにも手が加えられるという。現行シビックタイプRよりも、さらに走りに磨きがかかるだろう。

 また、ホンダの英国工場は2021年に閉鎖すると発表されているが、それはどうなるのか? 

 シビックタイプRとシビックハッチバックが英国スウィンドン工場製、シビックセダンが日本の寄居工場製となっているものの、2019年2月にホンダが発表したとおり、2021年にホンダは英国工場を閉鎖すると発表済み。

 この「英国工場閉鎖」については英国のEU脱退の影響だと言われているが、実際はホンダのグローバル戦略に基づいた効率化の側面が強い。

 では英国スウィンドン工場が閉鎖されることになれば、この2車種はどこで生産されるのか? 

 最も可能性が高いのは、日本で開発と生産を行うことだ。実際にホンダはNSXの開発拠点を日本に移していて、今後タイプRを含むハイパフォーマンス車両の開発を日本に集約し、シビックタイプRの生産も日本で行う可能性が高い。

 タイプRはハイパフォーマンスであることと同時に「日本の技術の粋」であること、高価であることが世界的に認知されており、コストを投じて日本で開発し、高額になったとしても世間的に受け入れられるのではないか。

 商業的には少量生産ながらも、高価格帯への移行によって利益を確保、ということになりそう。

 3モデルを合わせても月販500台に満たない少数にとどまっているがこの状況は今後も変わらない見通しである。

現行シビックタイプRに搭載されているエンジンは320ps/40.8kgmを発生する2L、直4VTECターボ。これはどこまで出力アップするのかまだ判明していない

証言1/首都圏ホンダカーズ営業担当者

 「ハッチバックのほうが売れゆきはいいですが、イギリスからの輸入モデルのうえに、グレード数が少ないので納期がかかります。売るほうもあまり積極的に取り組んでいないこともあり、台数は稼げていません。

 タイプRは一定のファンがいますが、もう欲しい人には行き渡っているのではないでしょうか。

 セダンは国内製ですが、ハッチバックよりさらに売れゆきがよくないので、ある程度台数がまとまってから組み立てて納車するようなシステムと聞いています。

 シビックというブランドイメージからすると売価があまりにも高過ぎるのではないかと思ます」。

証言2/首都圏ホンダカーズ営業担当者

 「現行シビックシリーズは今やホンダのなかでは完全な脇役です。このタイミングでは新型フィット、フリード、N-WGN、N-BOXなど、人気モデルが頑張っているため、これらの陰に隠れてしまい存在価値がますます薄くなっています。メーカーの情熱もあまり感じられません。

 3つのモデルはいずれも1グレードしかなく、装備内容で選び分けるようになっており、選択の幅が小さいです。

 タイプR(458万3700円)を除いたシビックはナビ付きですと、軽く高級車並みの350万円以上になってしまいます。

 いくらクオリティが高いといっても簡単に売れる状況ではありません。インサイトも同じですが、このままだとシビックの販売の継続が難しいと考えています」。

【画像ギャラリー】シビックハッチバック&セダンはどう変わったのか?

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ