【WRX S4、アウトバック、アドレナリン!!】 2021年スバル期待の新型車たち!!!

 ベストカーの取材による2020年の新車カレンダーを見てみると、新型レヴォーグを筆頭にインプレッサSTIスポーツなどのニューモデルが登場予定だが、2021年はさらに盛り上がりそうな気配が漂っている。

 WRX S4のフルモデルチェンジ、「VIZIV ADRENALINE CONCEPT」あらためアドレナリンと、スバルの新しいデザインコンセプト「BOLDER(=「大胆」)」を軸に据えたニューモデルがあれば、フラッグシップである(ファンからすれば「待ちわびた」だろう)レガシィアウトバックの“帰還”と、話題性充分の新型車たちが出揃う。

 1台ずつ紹介していこう。2021年はスバルが掲げる「安心と愉しさ」という理想を更に更に追求してゆく年となりそうだ。

■2020年 スバル 新車登場予定カレンダー
1月 レヴォーグ 2.0GTアイサイト Vスポーツ(特別仕様車)インプレッサ、XV(マイナーチェンジ)
9月 新型レヴォーグ
10月 スバル インプレッサSTIスポーツ(追加モデル)

■2021年 スバル 新車登場予定カレンダー
4月 新型WRX S4、新型レガシィアウトバック、レヴォーグ2.4L直噴ターボ
12月 アドレナリン

【画像ギャラリー】大黒柱、そして期待の新星…!! スバル2021年のラインナップをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです。新車スケジュールは2020年1月時点で当編集部および流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、各メーカーや新車販売店に取材した結果を反映したものであり、発売日が近づくことによって流動する可能性があります。新型車の発表スケジュールについては、新情報が入り次第更新していきます
文:ベストカー編集部/写真・予想CG:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号


■スバル 新型WRX S4(2021年4月デビュー予定)

●新開発のダウンサイジング直噴ターボを搭載。進化型アイサイトはハンズオフドライブも実現か?

 2020年後半に新型レヴォーグの1.8L直噴ターボが登場。その数カ月遅れのタイミングでWRX S4がフルモデルチェンジする。

スバルの新デザインコンセプト「BOLDER(大胆)」でデザインされるエクステリア。レヴォーグのセダン版という位置づけは次期型も変わらない(画像はベストカー予想CG)

 レヴォーグと同じ新開発の水平対向1.8L直噴ターボに加え、2.4L直噴ターボも設定。

 1.8Lは200ps、2.4Lは270ps前後となりそうだが、最高出力よりもトルク特性と燃費性能を重視したエンジンになるという。

 組み合わされるトランスミッションは進化型のリニアトロニック(CVT)だ。

 もちろん、剛性と運動性能に優れたスバルグローバルプラットフォーム(SGP)を使い、そのうえ新開発のフルインナーフレーム構造を採用。

 従来型を大きく凌ぐ圧倒的なボディ剛性を実現する。

米国で販売中のアセントに使われている2.4L直噴ターボを搭載。スペックは270ps/40.8kgm前後と予想

 アイサイトも進化。広角化した新開発ステレオカメラと前後4つのレーダーによる360度センシングにより、安全性を大きく向上。高速道路でのハンズオフも視野に入れて開発が進んでいるようだ。

 デザインはスバルの新デザインコンセプト「BOLDER(大胆)」を採り入れたシャープさが際立つもの。

 日本市場をメインにするスポーツセダンは貴重な存在であり、登場が待ち遠しい。

■スバル WRX S4予想スペック
・全長×全幅×全高:4650mm×1800mm×1480mm
・ホイールベース:2675mm
・車両重量:1500kg
・エンジン:水平対向4気筒DOHC2.4L+ターボ
・最高出力:270ps/6000rpm
・最大トルク:40.8kgm/4000rpm
・価格:300万~400万円

■スバル 新型レガシィアウトバック(2021年4月デビュー予定)

●スバルのフラッグシップSUVが刷新。キープコンセプトながらSGP採用で動的質感を大幅向上!

 現行型はモデル末期に入っていても北米で高セールスを続けている人気車のレガシィアウトバック。日本でのスバルSUVフラッグシップモデルがいよいよフルモデルチェンジ。

2019年のニューヨークショーでワールドプレミアされた次期型レガシィアウトバック。北米ではエンジンは水平対向の2.5L NAと北米専売のアセントにも積まれる2.4Lターボの2本立て

 アウトバックは2代目レガシィのグランドワゴンを祖に、3代目レガシィではランカスター、4代目レガシィ以降にアウトバックを名乗り、一貫してレガシィのクロスオーバーモデルとして人気を集めてきた。

 次期型は2019年4月のニューヨークショーですでに公開されたが、そのエクステリアは基本的に現行型の正常進化版、キープコンセプトとなっている。

新開発のスバルグローバルプラットフォーム(SGP)採用で、動的質感を現行モデルからさらに向上させているという次期型レガシィアウトバック

「知的好奇心を刺激する」をテーマとしており、プラットフォームには「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用。

 エンジンは現行型からブラッシュアップされた水平対向4気筒、2.5L DOHCに加え、北米専売の3列シートSUV、アセントにも搭載される260ps/38.8kgmの水平対向4気筒、2.4Lターボを採用する。

 ただし、このターボエンジンは日本市場に導入されるかどうか、今のところ微妙な情勢となっている。そのボディサイズは全長4860×全幅1855×全高1680mmと若干大きくなる。

11.6インチという縦型の大型ディスプレイが目を惹く次期型レガシィアウトバックのインテリア

■スバル アドレナリン(2021年12月デビュー予定)

 グローバル市場でも売れ筋となっているクーペSUVにスバルが放つモデルがこのアドレナリン。

スバル初となる流麗なクーペスタイルのクロスオーバーSUVは「BOLDER」がキーワードに(画像はベストカー予想CG)

 そのデザインはスバルが推し進める「ダイナミック×ソリッド」にボールダー(大胆な)の要素を組み合わせたもの。

 流麗なボディラインが目を惹くが、SUVらしくタフでラギッドなイメージをも兼ね備えている。パワーユニットは2Lマイルドハイブリッドと2Lの水平対向NAという2本立てが濃厚だ。

 なお2021年内の登場と目されてはいるがまだまだ流動的な部分も多く、2022年以降になる可能性もある

2019年のジュネーブショーで出展された「VIZIVアドレナリンコンセプト」がこの新型SUVの元となる

【番外スクープ!】WRX S4と同じタイミングでNEWレヴォーグ2.4L直噴ターボも登場!!

 レヴォーグがWRX S4よりも早くデビューするのは現行モデルと同じ。

 新型レヴォーグは、まず新開発の水平対向4気筒1.8L直噴ターボモデルが今年後半(2020年12月と予想)に登場し、2021年の新型WRX S4のデビューと同時期に2.4L直噴ターボが追加されるというスケジュールになっている。

 クルマの内容はWRX S4とほぼ同じで、SGP+フルインナーフレーム構造の新シャシーを採用し、進化型のアイサイトも搭載する。


新型レヴォーグは昨年の東京モーターショーで公開ずみ。今年後半に1.8L直噴ターボが登場する

【画像ギャラリー】大黒柱、そして期待の新星…!! スバル2021年のラインナップをギャラリーでチェック!!!

◎限定記事も配信中! ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ