新型ノア2021年夏に登場!! トヨタミニバン3兄弟統合の衝撃!!


 トヨタの5ナンバーサイズミニバンといえば、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの3兄弟。平均で単月合計約1万5000台を販売する大ヒットミニバンに成長した3兄弟が、岐路に立たされている。

 この3兄弟は、それぞれボディパネル、エンジンなど基本コンポーネントは同じで、エクステリアデザインはヴォクシーが若者向けで個性的なカッコよさ、ノアはファミリー志向でおとなしめ、エスクァイアはクオリティの高い作りを強調している。

 ではなぜ、3兄弟が1車種に統合されることになったのか? それは現在4つに分かれているトヨタの販売チャンネルを2020年5月(東京地区は2019年4月に統一済み)に1つに統一される。

 そうなると、同じクルマがどこの販売店でも買えるようになるため、兄弟車を設定する意味がなくなるのだ。

 ベストカーが入手した最新の情報によると、3兄弟のうち、ノアが生き残ることになり、ヴォクシー、エスクァイアが廃止されるという。

 はたして、3兄弟で稼いできた台数を新型ノア1車種でカバーできるのか? ベストカーがつかんだエクステリアデザインの最終案とともに、新型ノアの今わかっているすべてを紹介していこう。

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
CGイラスト/ベストカー編集部
初出/ベストカー2020年2月10日号

【画像ギャラリー】大ヒットした現行ノア3兄弟の詳細写真


統合で生き残るのはノアが濃厚

2014年1月にデビューした現行ノア3兄弟。左からヴォクシー、ノア、エスクァイア

 トヨタは現在トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4つに分かれているディーラーチャンネルを2020年5月に統一する(東京地区は2019年4月に統一済み)。

 どこでも同じクルマが買えるようになることで、兄弟車を設定する意味がなくなる。現在入っている情報では、ノア3兄弟はノアに統一される可能性が高い。

現行ノアハイブリッドSi

新型ノアは標準/カスタムの2種類になる予定

 新型ノアはノーマルとカスタムバージョンのラインナップとなり、ヴォクシーとエスクァイアは現行型で終了となりそうだ。 ただ、グレード名などで生き残る可能性は充分ある。

 5ナンバーサイズの箱形ミニバンというコンセプトは継続(カスタムは3ナンバー)される。パワーユニットは2Lのガソリンエンジンと2Lのハイブリッド(THSII)で、ハイブリッドは1.8Lから排気量アップされることになる。

2020年5月に全国のトヨタの販売店が統合されることで、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの兄弟車はノアに統合される可能性が濃厚だ。上はそのカスタムバージョンで、標準仕様とカスタムバージョンの組み合わせとなりそうだ(写真はベストカーが製作した予想CG)
現行ノア3兄弟同様、四角いボディで人気が出そうだ(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 このパワーユニットはレクサスUXと同じ設定であり、ハイブリッドにはリアをモーターで駆動するE-Fourも採用される。

 現在、ノアのハイブリッドにはFFしかなく、雪国ユーザーにとっては待望のハイブリッド4WDとなる。

 このE-FourはRAV4から最新版にバージョンアップされており、コントロール性と走破性が向上。ノアにもその高性能仕様が使われることになる。

TNGAのシャシーと2L、THSIIが採用される新型ノア。WLTCモードでも22〜23㎞/Lの燃費性能を誇る

次ページは : 新プラットフォーム TNGA採用で大幅に進化!