【新型ノートとエクストレイルはどちらが先に!?】日産の“大物” 年内発売の行方

 日産がついに反転の新車攻勢に出る!! 大ヒット車「ノート」、人気SUV「エクストレイル」の大物2台は、果たして年内にフルモデルチェンジされるのか!?

 主要車種の「車齢」が延びるなか、2020年の日産は、3月に三菱 eKスペースとの共同開発車「新型ルークス」を発売予定で、「キックス」も年央の投入が濃厚と、例年になく明るい材料が多い。

 そうしたなかで注目されるのが、ともに人気車の新型ノートと新型エクストレイルに関する動向だ。

 日産の大物2車は年内に登場するのか。はたまた2021年の発売となるのか? 最新情報を遠藤徹氏がレポートする。

文:遠藤徹
CG、写真:ベストカー編集部

【画像ギャラリー】続々登場なるか!? 2020年度登場予定の日産車 新旧モデル(全9枚)!!


新型ノートの年内発売はあるか!?

新型ノートの予想CG。噂のあったスライドドア仕様は、ノート本体とは別車種として追加される可能性も浮上

 ノートは、現行5ドアハッチバックモデルが(年内に)フルモデルチェンジする可能性はあるが、両側スライドドア仕様は出るとすれば同時ではなく、1年程度遅れて追加される可能性がある。

 現行型ノートは2012年8月28日発売であり、今夏で8年が経過するので9月にも世代交代するだろう。

 現行5ドアハッチバックは登録車でトップブランドを争う人気モデルであるから、このコンセプトは基本的に受け継ぐはずである。新型ヤリスや新型フィットが発売になり、好調なスタートを切っているので対抗上、新世代モデルを投入する必要があるはずだ。

現行型ノートe-POWER。モデル末期ながら販売は好調だが、ライバル勢の相次ぐ刷新で新型の投入は待ったなしの状況だ

 キープコンセプトの世代交代であるが、プラットフォーム、パワーユニット、駆動系、足回りなどは全面刷新となる。

 パワーユニットは、得意の1.2Lのe-POWER、1.2L・3気筒NAエンジン、1.2Lスーパーチャージャーエンジンをラインナップする。

 e-POWERは、2020年5月に発売する新型キックスと基本的に同じで従来ユニットを大幅に改良し、アイドリング時の騒音振動を低減させ静粛性を向上させる。

 走行に使う駆動用バッテリーは、エンジンブレーキをよりリーズナブルに制御しワンペダル走行のし易さを大幅に進化させる。

 トランスミッションは電気式での制御を継続。当面は2WDのみで4WDのe-POWER遅れて追加する見込み。

 1.2L・NA&同スーパーチャージャーエンジンは、3気筒を継続するものの新開発に近いほど大幅に改良し、走行性向上、バランサー改良と合わせ騒音&振動を低減させる。

 トランスミッションは改良型CVT。こちらは2WD、4WDも同時に設定する。安全対策パッケージや自動運転支援の「プロパイロット」標準装備車も設定する。

注目のスライドドア仕様はノート以外の車名となる可能性も!?

新型ノートをベースとした7人乗り・スライドドア仕様のニューモデル(予想CG)。車名にノートを冠すかは微妙ながら、ヒットカテゴリーだけに遅れて投入の公算が高い

 スライドドア仕様の3列シートコンパクトミニバンは、トヨタ シエンタとホンダ フリードがヒットし、高いシェアを確保しながら同クラスでのトップセラー争いを演じているので対抗上、日産も同ジャンルの新型車を投入するのは自然な流れといえる。

 日産は同ジャンルでNV200バネットを持っているが、こちらは商用車ベースであり、量販は難しい状況にある。乗用車は2列シートハイトワゴンのキューブがあったが、2019年末で生産中止した。

 こちらの後継モデルが3列シート6~7人乗り、2列シート5人乗りのラインアップで発売になると噂されている。

 ノートをベースにホイールベース&全長を200~300mm延長して仕立てられることからノートのスライドドアバージョンという情報が流れているが「ノート」の名称を冠するかどうかは明確になっているわけではない。

 搭載するパワーユニットは、e-POWER、1.2NAガソリン、同スーパーチャージャーになるのはノートと同じはずである。

新型エクストレイル 発売は来年1月頃が有力!!

新型エクストレイルの発売は年内には間に合わず、2021年となる見込み。ただ、2020年度内となる2021年3月までには発売されそうだ(予想CG)

 次期型エクストレイルは今年ではなく2021年1月頃の登場が有力。

 日産のニューモデル展開は、年度(4~3月)で年間のスケジュールを立てるので2020年度のラインアップには入ることになる。

 次期型はキープコンセプトで中身はガラリと変更になる。三菱の次期型アウトランダーとプラットフォーム&エンジン、駆動系、足回りを共用化してシナジー効果を高める。ボディパネル、味付けは別設計で開発プロジェクトも別メンバーで動いているはずである。

 全体的なボディシェルはオーソドックスでシンプルなデザインを採用。

 フロントマスクは、日産共通の顔である「Vモーション」メッキ&逆台形グリルとバンパーに切り込んだ横長アンダーグリル、横長のグラスケースの丸型6灯式LEDヘッドライトを埋め込んだ顔立ちとしている。

 ボディサイズは現行の全長4690mm、全幅1820mm、全高1740mmに対して、それぞれプラス10mm、プラス5mm、マイナス5mmで僅かにワイド&ローに振っている。

 トヨタのRAV4に対しては全長がプラス10mm、全幅マイナス30mm、全高プラス45mmであるから、ほぼ完全な対抗モデルといえる。

 パワーユニットは、2L・NAガソリン、2Lハイブリッド、2.4Lを搭載する。2L・NA&同ハイブリッドは2WD、4WD、CVTとの組み合わせ。

 PHEVは、4WDのみの設定でほぼ三菱自動車からのユニット供給で搭載する。航続距離は150km程度に延長される。室内のシートは2列シート5人乗りと3列シート7人乗りの展開となる。

新型エクストレイルと多くの部分を共用するという新型アウトランダー。同車も2012年発売と古いため、待望のモデルチェンジとなる(予想CG)

【証言:首都圏日産店営業担当者】

 現時点で確実に2020年の新型車としてメーカーから通達されているのは2月25日に発表、3月19日発売の新型ルークス、5~6月発表・発売の新型キックス、後半発売の新型電気自動車だけだ。あとは発売2~3ヶ月前にならないとはっきりしない。

 したがって次期型ノート、次期型エクストレイルは2020年の秋以降と予想している。どちらも日産の主軸モデルだから期待度は高い。

 ノートは従来の5ドアハッチバックが主力だから、こちらのフルモデルチェンジが最もマーケットニーズが高い。

 両側スライドドアのコンパクトミニバンは、シエンタやフリードと対抗させるために、ぜひ投入してもらいたい新型車だが、ノートとは違う名称のほうがライバル車とは戦いやすいと考えている。

※  ※  ※

 本稿は、遠藤徹氏のレポートによる現時点での情報です。本件は引き続き調査し、新たな情報が入り次第、詳細をお知らせします。

【画像ギャラリー】続々登場なるか!? 2020年度登場予定の日産車 新旧モデル(全9枚)!!

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ