完全消滅か? 一縷の望みありか?? 何度も空振り続けてきた「新型シルビア」の現在地

 FRレイアウトのスペシャルティカーだった日産シルビア。最終の7代目S15型は2002年8月、スポーツカー市場の低迷や平成12年排ガス規制の影響でR34スカイラインGT-Rとともに生産終了となった。

 これまで幾度となくシルビア復活の話が出てきたが、S15型生産終了から18年経った今、次期シルビア復活の話はあるのか、改めて調べてみた!

文/宇井弘明(元ベストカー編集局長)
写真/ベストカー編集部 日産自動車
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ぜひ復活してほしい! 美しい歴代シルビアとIDxの詳細写真


幾度となく復活説が出てすぐに消えた

2002年に生産が終了したS15型シルビア。若者が買えるお手頃な価格のFRスペシャルティとして人気を博した。86&BRZの2代目も開発中という状況のなか、日産は次期シルビアの開発はしているのか?

 若者にとって手に入れやすい価格とサイズ感で、そしてFRという操る楽しさを多くのクルマ好きに伝えてきた日産シルビアは2002年に生産が終了した。

 1999年7月にルノー傘下となった日産は、C・ゴーン体制となり、採算の悪いスポーツカーから撤退すると思われたが、ご存じのようにGT-RとフェアエディZが存続されるなか、7代にわたって愛されてきたシルビアは継続しないという選択をしたのはご存じの通り。

 しかし、水面下では実際に開発が行われており、ベストカーでは日産関係者から詳細な証言を手に入れており、その時点では開発が行われていたのは間違いないところだ。

 2005年の東京モーターショーでは「フォーリア」。同年のデトロイトでは「アズィール」と2ドアクーぺのコンセプトを立て続けに公開した。

2005年の東京ショーに登場したフォーリア。2ドアでNAエンジンなど次期シルビア像にピッタリの想定だった
2005年デトロイトショーに登場したアズィール。後に登場するセントラのデザインに採用された

 しかし2010年になり、大きな転換点を迎える。リーマンショックの影響を受けてFR、2Lサイズ(NA)で開発が進んでいた次期シルビアの開発プロジェクトは頓挫してしまったのだ。

 ベストカーは、当時の状況について「昨日までは開発続行と聞いていたのに、夜が明ければ開発中止の情報が入ってくるような状況」だったと言う。

 結果として日産はより大きなスカイラインクーペやフェアレディなどに資源を集中し、日産のFRスポーツは大型化していく。

2013年に発表されたIDxはシルビアではなかったのか?

新しい日産のFRコンパクトスポーツが誕生するかと会場もメディアも湧いた。こちらは標準仕様のIDxフリーフロー
IDxフリーフローのボディサイズは全長4100×全幅1700×全高1300mmというコンパクトなサイズ
1965年4月に発売された初代シルビア。クリスプカットといわれたボディラインのエッジ部分やシャープにカッティングされたセミハンドメイドの継ぎ目のない流麗なクーペボディが特徴

 こうして2010年のリーマンショックで次期シルビア開発計画は立ち消えたように思われた。ところがである。

 日産は2013年の東京モーターショーにIDxなるコンセプトカーを突如出展したのだ。

 かつての510ブルーバードやハコスカなどの日産のスポーツアイデンティティを盛り込み、コンパクトなクーペスタイルのIDXを見たファンからは、フロントデザインが初代シルビアに似ていたこともあり、これが「次期シルビアになるのではないか!?」と色めきだったのだ。

レーシングバージョンのIDx NISMO。2台は無理でも1台は市販したい、と意気込んでいたのにどちらも市販化されていない
IDxニスモはIDxフリーフローよりも幅広く、よりロー&ワイドを強調するプロポーションを備えるとともに、エクステリアの随所にカーボンやサイド出しのマフラー、19インチホイールなどを採用したりしてレーシーなスタイリングに仕上げている。パワートレーンは1.6L、直噴ターボエンジンにCVT(6速マニュアルモード付き)を組み合わせている

e-POWERでの復活の可能性はあるのか?

e-POWERを採用したスポーツモデルの予想CG(ベストカーが製作したもの)。シルビアサイズのFRプラットフォームの開発はコスト的に厳しいが、FFプラットフォームを採用してe-POWERで後輪駆動を採用できる可能性はある

 しかし間もなくしてクルマ好きの間に広がったこの歓喜の渦が、幻だったことを知ることになった。日産専務執行役員チーフ・クリエイティブ・オフィサーの中村史郎氏(当時)が、とあるメディアにこう語ったのだ。

 「現在、ミドルサイズ以下のFRプラットフォームは開発されておらず、IDxのようなモデルを市販する計画はない」。この発言は熱していた次期シルビア待望論を一瞬にして冷ませてしまった。

セントラのFFプラットフォームでシルビアが復活!?

2019年11月に発表された新型セントラをベースにしたスペシャルティクーペの可能性があるという

 たしかにIDxを実現するような小型のFRプラットフォームは横展開がし難い。コストを考えればIDxを市販化するのが難しいというのは当然だ。

 だがここにきて少しの望みを持たせる情報が入ってきている。それがe-POWERの活用だ。ノートやセレナに使用されるe-POWERだが、実はこのパワーユニットは無限の可能性を秘めている。

 e-POWERを使えばFFプラットフォームでもFRが成立するというのだ。それが横置き発電用エンジンと制御システムをフロントに設置し、後席下にモーターを配置するというもの。

 関係者から聞いた情報では、現在、北米で販売されているミドルセダン、セントラ(シルフィ)のプラットフォームを流用し、これに2ドアクーペボディを換装し、FFながらもe-POWERによってFR化するという計画があるという。

 フロントのエンジンは発電用であり、駆動はリアにあるモーター駆動になる。まさに次世代のFRといえる構成だ。

 モーター自体は200ps/35kgmクラスのパワーで、ノートe-POWERの95ps/25.9kgmのモーターと比較するとかなりのハイスペックだ。

 発電用エンジンの性能アップも必須で、ノートe-POWERの1.2L、直3ではなく、アトキンソンサイクルの2L、直4を組み合わせる。

 ガソリン3L~3.5Lクラスの動力性能、そしてe-POWERならではの燃費もいいFRスポーツカーのパッケージングが成立するという。

 トヨタが86&BRZ、スープラ、GRヤリスとGR戦略を拡充していく一方で日産は、ノートやセレナにまでNISMOブランドをリリースしてきたが、86&BRZがライバルとなるお手頃価格のスペシャルティが日産にないのはもどかしい、と関係者は証言している。

 ただ、フェアレディZのビッグマイナーチェンジが2021年、新型の登場も2022年以降、次期GT-Rに関しても正確な登場年の見通しは立っていない状況のなか、C・ゴーン後の大幅な営業利益減、それに追い打ちをかけるようなコロナ禍による逼迫した経営状態を見ると、シルビア復活は厳しいといわざるを得ない。

 結論を言えば、現時点ではシルビアが復活する可能性は極めて低い。コロナ禍問題が過ぎて、日産の経営状態が回復すれば、次期シルビアの状況が好転するかもしれないとしかいえないのだ。一縷の望み、程度といっていいだろう。

 今後、次期シルビアの情報については、情報が入り次第報告していこう。

【画像ギャラリー】ぜひ復活してほしい! 美しい歴代シルビアとIDxの詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ