街で見かけたら幸せな気分になれる!? 世にも奇妙な「珍オープンカー」


 コロナ禍により、密を避けるのには屋根が開くオープンカーが最適。とはいっても普通のオープンかーじゃつまらない。

 ということで、古今東西、過去現在に登場した、オープンカーのなかから、珍なオープンカーを集めてみた。

 なんでこんなクルマが世に出てしまったのかと思うことなかれ。こういうオープンカーが、街を走っているのを見かけるだけで、ちょっぴり幸せな気分になれるのだから。

 さっそく古今東西の珍オープンカーを紹介していこう。

文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2020年6月26日号

【画像ギャラリー】どのクルマがお好きですか? まさに百花繚乱「珍オープンカー」を写真でチェック!


VW T-ROCコンバーチブル 2019年

標準モデルは4ドアだがカブリオレは2ドア。ソフトトップ独特の色気に悩殺されてほしい

 日本でも発売中のティグアン、T-Crossの中間に位置するクーペSUVがT-Roc。T-ROCのボディサイズは全長4234×全幅1819×全高1572mmで、ティグアンよりも全長が266mm短く、全高が103mm低く、リアゲートの傾斜が強いクーペ風のスポーティな佇まいをみせている。

 そのSUVの屋根を取っ払ってソフトトップを付けちゃったのが、T-ROCコンバーチブルだ。お堅いVWがこんなクルマを作るなんてビックリ。

 2019年9月に発表、2020年3月から欧州で発売されている。日本導入は今のところ未定なし、とのこと

 ただし、2020年夏前に、標準ボディのT-ROCは日本導入を予定しているので欲しい人はぜひ!

あまり広くはなさそうだが後席もある4人乗り。女性に声をかけるのに最適だ。ただし密着厳禁

2代目ソアラエアロキャビン 1989年

ルーフオープン時にもCピラーがそのまま残るのが珍しい

 1989年、ハイソカーの1台として一世を風靡した2代目ソアラに500台限定の形で販売されたエアロキャビンは、左右のガラス部分こそ残るものの、電動で鉄製のルーフからリアウィンドウに掛けて開閉できるという、今では当たり前になった電動メタルトップの先駆けであった。

 その後、CR-XデルソルやベンツSLKなど、近年の格納式電動メタルトップの先駆けとなったクルマであった。

 標準仕様のソアラは5人乗りであるが、ルーフの開閉のため2人乗りとなったが、静粛性など通常のソアラに近い快適性をキープした。

 ソアラエアロキャビンの意思は完全な電動メタルトップとなった4代目ソアラ&レクサスSCに受け継がれた。

リアガラスとルーフが電動で折りたたまれるが、オープン時もCピラーとドア窓枠はそのまま残る
派手な動きをする電動折り畳み格納式メタルトップ

次ページは : 2代目ムラーノクロスカブリオレ 2011年

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ