SUVに急増中!白く劣化した「無塗装バンパー」に効果大の対処法とは?


 かつて安いグレードのクルマには無塗装の樹脂製バンパーが装着されていたが、今ではタフさを演出するために欠かせないSUVのアイテムとして、ジムニーやスバルXV、マツダCX-5、CX-30といったSUVのほか、フィットクロスターやタフトといったクロスオーバーSUV風のクルマにも積極的に採用されるようになってきた。

 さて、この黒い樹脂製バンパーには問題点もある。そう、経年変化して白くなってしまうのだ。

 そこでなぜ樹脂製バンパーやフェンダーアーチは白くなるのか? また白くなってしまった場合にどうすれば復活するのか?

 モータージャーナリストの高根英幸氏が実際にケミカル剤を使って、テストしてみた。さて、白くなった樹脂製フェンダーは見事復活したのか?

文/高根英幸
写真/ベストカーWeb編集部 高根英幸 トヨタ ダイハツ

【画像ギャラリー】未塗装樹脂製バンパーは安いのか? 塗装バンパーと未塗装バンパーの違いを写真でチェック!


無塗装の樹脂製PP製バンパーが採用されてきた理由

カローラレビンのSRグレード(AE85型)に装着されていた樹脂製バンパー
トヨタ86の無塗装バンパーを装着したRCグレード。スポーツカーでは異例ともいえる無塗装バンパー装着車だったが、購入後エアロパーツに代えることを見越したカスタマイズグレードで価格は199万円だった

 無塗装の樹脂製バンパーは、かつてのような安いグレードに採用されるよりも、今流行しているクロスオーバーSUVに多く採用されている。

 無塗装の樹脂製のバンパーやフェンダーアーチ、サイドガーニッシュを装着することで、オフロード車が持つ無骨さやワイルド感を出すために装着されているのだ。塗装バンパーに比べて傷がついても目立たないし、再塗装する必要もない。しかも価格が安い。

 マツダCX-5やCX-30、スバルアウトバックやXV、ボルボXC、ジムニーといったSUVから、クロスオーバーSUVのフリードクロスターやフィットクロスター、アクアクロスオーバー、さらにハスラーやタフトまで、無塗装パーツが装着されているのだ。

新型タフトには無塗装の樹脂製アンダースポイラーやフェンダーアーチが採用されている

 クルマのバンパーにPP(ポリプロピレン)が使われるようになったのは、トヨタがAE86/AE85型カローラレビン、スプリンタートレノをデビューさせた1980年代半ばからだ。

 クルマのバンパーが進化し始めたのは北米市場での安全基準として5マイルバンパー(5マイル=約8km/hまでの衝突時はバンパーだけで衝撃を吸収できるモノ)が導入された1970年代半ばから。

 最初は鉄製のバンパーをスプリングを介してマウントすることで衝撃吸収性を高めていたが、その分ボディからバンパーが出っ張ることになり、なんともカッコ悪かった。

 1980年代に入って発泡ウレタン製のバンパーエレメントをPU(ポリウレタン)製のバンパーカバーで覆ったウレタンバンパーが登場する。

 これはまだ造形に限界があったのだが、当時は角張ったデザインが流行っていたので、それほど問題にはならなかった。

 そのうち造形技術も向上し、滑らかで複雑な形状も可能になる頃、バンパーカバーをボディカラーと同色に塗装したカラードバンパーが登場する。これは高級車の象徴の1つでもあり、憧れの装備の一つだった。

 だがウレタンバンパーは構造が複雑でコストがかかるうえに、ウレタンスポンジが結構な重量があった。

 そこで1980年代半ばに登場したのがPP製のバンパーだったのだ。PPは粘り強く丈夫な素材なので、それ自体をバンパーにできる。軽くて成形性に優れ、しかも素材の単価も安いため、クルマへの採用も急速に進んだ。その代表的な部品がバンパーなのである。

 ハチロク(初代)が軽くて良いクルマに仕上がったのも、エンジンが軽量になっただけでなく、ボディ剛性を高めるために鋼板をしっかりと使いながらも(先代のTE71型はペラペラに薄かった)、バンパーをPPにすることなどで軽量化を図れたことも大きかった。

 しかしPPにも弱点はあって、素材としての表面張力が弱いため、接着剤の使用や表面に塗装をするのが難しい。

 接着剤は専用のモノが開発されているし、専用のプライマーなどを使って塗装もされているが、当然コストがかかる。

 そこで基本的にPP製は黒やグレーの素材色をそのまま使い、表面にシボ(細かい凹凸)をつけることで無塗装のままでも全体の質感を損なわないよう工夫されているのだ。

 もう一つの弱点は劣化しやすい、ということだ。分子構造的に結合が切れやすく、紫外線や高温により分子結合が壊れて、目には見えないほど微細なクラックが発生してしまう。

 そのまま放っておくとクラックが大きくなって全体として脆くなってしまうので、部品としての寿命は他の樹脂より短命になってしまう傾向があるのは否めない。

樹脂製PPバンパーはなぜ劣化すると白くなる?

白くなってしまったCX-3の樹脂製フェンダーアーチ
全体的にグレーでよく見ると、所々白い縦線が入ってしまっているハスラーのフェンダーアーチ

 バンパーなどクルマの外装部品としてPPは広く採用されている(クルマだけではない、生活用品の多くにPPは素材として用いられている。なにしろプラスチックでは最も生産量が多い素材なのだ)。

 特に近年のクロスオーバーSUVブームは、精悍な印象を与えるために黒い外装パーツを多用しているため、PPの素地仕上げの採用を増やすことにもつながっている。

 プラスチックに共通する問題として、紫外線によって劣化するという弱点がある、しかもPPはプラスチックの中でも劣化しやすい素材というのは前述した通りだ。

 そのため樹脂の中には紫外線吸収剤や酸化防止剤なども添加されているのだが、それでも劣化を完全に食い止めることはできない。

 劣化すると表面の分子結合が切れ、細かなクラックが発生してしまう。これが少し大きくなると、光が入り込むようになって反射するために白く見えるようになってくる。これが白化と呼ばれる現象だ。

 新車時には黒、もしくは濃いグレーで引き締まった精悍な印象を与える部分が、劣化により白化してしまうと、なんとも締まらない、くたびれた印象になってしまうのである。これはオーナーにとっては何とも残念な部分だろう。

 どれくらいで白化するかは、クルマを駐車している環境や使い方によっても左右するが、前述の通り、紫外線吸収剤などが練り込まれているので、3、4年は変化を感じにくい。

 また真っ黒よりも若干グレーになっている方が白化が目立ちにくい。白い商用車でPPバンパーがグレーなのは、汚れや劣化を分かりにくくするための対策でもあるのだ。

 理屈から言えば、紫外線を浴びた瞬間から劣化が始まるので、新車購入の1年目から劣化は進んでいると表現することはできる。

 言い方を変えれば、新車購入後から劣化を防止するメンテナンスをすれば、PP素地仕上げのバンパーでも、長い間美しい状態を保つことができるのだ。

 PP素地仕上げの白化を復活させる手段は、いくつもある。そのなかにはバーナーで炙ったり、ヒーターガンで暖めるというものもある。PPは熱可塑性樹脂なので、熱を加えると溶けることを応用したものだ。

 しかし、この方法は熱を加え過ぎるとシボが溶けてなくなってしまうため、かなり技術が要求される。失敗してもいいようなクルマで試して練習できるような環境のヒトはいいが、自分のクルマだけで試すのはリスクが高そうだ。

次ページは : 専用ケミカルの汎用保護剤を使って効果を比較

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ