SUVに急増中!白く劣化した「無塗装バンパー」に効果大の対処法とは?

 かつて安いグレードのクルマには無塗装の樹脂製バンパーが装着されていたが、今ではタフさを演出するために欠かせないSUVのアイテムとして、ジムニーやスバルXV、マツダCX-5、CX-30といったSUVのほか、フィットクロスターやタフトといったクロスオーバーSUV風のクルマにも積極的に採用されるようになってきた。

 さて、この黒い樹脂製バンパーには問題点もある。そう、経年変化して白くなってしまうのだ。

 そこでなぜ樹脂製バンパーやフェンダーアーチは白くなるのか? また白くなってしまった場合にどうすれば復活するのか?

 モータージャーナリストの高根英幸氏が実際にケミカル剤を使って、テストしてみた。さて、白くなった樹脂製フェンダーは見事復活したのか?

文/高根英幸
写真/ベストカーWeb編集部 高根英幸 トヨタ ダイハツ

【画像ギャラリー】未塗装樹脂製バンパーは安いのか? 塗装バンパーと未塗装バンパーの違いを写真でチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ