VW ID.3発売!! 欧州の巨人のガチEVはいつ日本に導入されるのか?

 エンジンと電気モーター両方で走るハイブリッド車ではなく、電気モーターだけを搭載する純粋な電気自動車BEVが、欧州メーカーを中心に続々登場している。

 その裏には2021年以降は販売されたすべての新車の排出量平均を95g/km以下に収めることが求められる、厳しいCO2規制がある。

 そのCO2の排出量規制をクリアするためには、BEVを大量に売らなければいけない。そのために欧州の自動車メーカーは、BEVオンリーのサブブランドを作って本腰で販売する動きが加速しているのだ。

 すでにBMWはi、メルセデスベンツはEQというBEVのサブブランドを展開しているが、VWはID.という新たなBEVブランドを作った。

 VWは、そのID.ブランド第一弾となるID.3の事前予約を2020年6月17日から欧州で開始すると発表した。

 事前予約者には限定モデル「ID.3 1st Edition」が販売され、ドイツ本国での価格はベース車が4万ユーロ(約484万円)を下回る設定だ。9月上旬よりデリバリーが開始される。

 さて、VWの新しいBEVはどんなモデルなのか? いつ日本に導入されるのか、解説していきたい。

文/ベストカーWeb編集部
写真/VW AG HONDA TESLA

【画像ギャラリー】ビートル、ゴルフに続く新国民車のEV、ID.3を写真でチェック!


新たなVWの国民車のEVが生まれた

VWの新たなBEVのサブブランド、ID.第一弾となるID.3。ボディサイズは全長4261×全幅1809×全高1552mm
VWが2019年11月に開いたツヴィッカウ工場でのID.3の量産開始に伴う記念式典には、ドイツのアンゲラ・メルケル首相も出席

 VWの新CEO、ラルフ・ブランドシュテッターによれば、BEVが主力になる時代が来ることを見据え、ID.モデル拡充のために2024年までに330億ユーロ(約4兆円)を投資し、2021年から年間最大33万台、2028年までに全世界でおよそ2200万台のBEVを販売する方針を打ち出している。

 VWはこのID.3について、”3度目”の幕開けという表現を頻繁に使っている。3度目の幕開けとは何か? 

 一度目の幕開けとは、ヒットラーの国民車構想によってに生み出されたVWタイプI(ビートル)のことである。二度目は1974年に生まれたVWゴルフ。言うまでもなく世界をリードしてきた、国民車である。その意思を受け継ぐというのが、ID.3というわけだ。

 2019年11月、ID.3の生産開始を祝う式典で演説した独首相メルケル氏はこう演説した。

 「いま私たちは、まさにモビリティの新しい未来の途上にあります。EVがビートルやゴルフのように誰もが手に入れられるような存在になる。まさしく“国民車”(ドイツ語でフォルクスワーゲン)になるのです」とBEV普及への強い意欲を明言している。

 VWといえば、MQBというモジュラープラットフォームが有名だが、ID.の第一弾となったID.3には、電動車専用に新開発されたMEB(モジュラーエレクトリックドライブ マトリックス)プラットフォームが使用され、モーターがギアボックスとともにリアアクスルに組み込まれ、後輪を駆動する。

 ID.3のボディサイズは欧州Cセグメント、ほぼゴルフに近いサイズで全長4261×全幅1809×全高1552mm。

up!のようにブラックアウトされたリアウインドウ回りが特徴

 ちなみに日産リーフは全長4480×全幅1790×全高1540mm、テスラのなかで最もコンパクトなモデル3は全長4694×全幅1850×全高1540mmだから、直接的なライバルとなるのは日産リーフだろう。

 1つ下のクラスになるが、ホンダの新型BEV、ホンダeの欧州仕様は全長3994×全幅1725×全高1512mmとなっている。

日産リーフ。ボディサイズは全長4480×全幅1790×全高1540mm
テスラモデル3。ボディサイズは全長4694×全幅1850×全高1540mm
ホンダe。日本での販売は2020年10月頃。ボディサイズは全長3994×全幅1725×全高1512mm

ID.3のラインナップ

ID.3の価格はベースモデルの3万ユーロ(約358万円)から
コクピットディスプレイ、インパネ中央の10インチのセンターディスプレイからなるツインディスプレイ方式を採用

 最初に発売されるID.3 1stエディションには、ベーシックモデル(4万ユーロ未満、約481万円)に加えて、リアビューカメラシステムやキーレスアクセス、19インチホイールなどを装備するプラス(4万6000ユーロ未満、約554万円)。

 そして、ヘッドアップディスプレイやパノラマルーフ、20インチホイールなどを装備するトップモデル、Maxが(5万ユーロ未満、約618万円)といった、3つのモデルが用意される。

 車両のフロア下に効率よく搭載されたリチウムイオン電池の蓄電容量は、45kWhのピュア、58kWhのプロ、77kWhのプロSの3種類のグレードをラインナップ。

 エントリーモデルのピュアは、蓄電容量45kWh のバッテリーを搭載し、フル充電での航続は最大で330km(WLTP)。電気モーターはリアアクスルに搭載され、最大出力126psと最大出力150psの2種類から選択できる。

 プロは、蓄電容量58kWhのバッテリーを搭載し、フル充電での航続距離は、最大で420km(WLTP)だ。モーターは、最大出力146psと最大出力204psの2種類から選択できる。

 プロSは、蓄電容量77kWhのバッテリーを搭載し、フル充電での航続は最大550km(WLTP)。モーターは、最大出力204psを発生する。

 3種類のモデルはすべてAC(交流)、三相交流、DC(直流)で充電できる。出力100kW の急速充電に対応したプロは、30 分の充電でおよそ290kmの走行が可能なバッテリー容量を充電できるという。

 ちなみにリーフは、蓄電容量40kWhの通常モデルは、150ps/32.6kgm、航続距離322km(WLTCモード)、62kWhのe+は218ps/34.7kgm、航続距離458km(WLTCモード)。

 テスラモデル3は、3グレード構成で、スタンダードプラスが蓄電容量55kWh、287ps/35.7kgm、ロングレンジ(AWD)とパフォーマンス(AWD)が蓄電量75kWh、350ps/53.8kgm。

 航続距離はWLTCモードで、スタンダードプラスは409km、ロングレンジ(AWD)は560km、パフォーマンス(AWD)は530km。

 ホンダe欧州仕様は136ps/154ps、最大トルク32.1kgm、蓄電容量は35.5kWh、航続可能距離はWLTCモードで200km以上とされる。

日本導入は2022年以降

ID.3に新デザインのVWロゴが初めて採用される

 さて、このID.3、日本に導入されるのか? フォルクスワーゲングループジャパンによれば、「ID.ファミリーを2022年以降に発売する」と明らかにしている。

 つまり、ID.3だけではなく、2020年3月に発表されたSUVのID.4など今後続々と発表されるであろうID.シリーズの大型セダンやミニバンとともに、順次日本導入していくということになる。

 ID.3のドイツでの価格は、ベースモデルのピュア(45kWh、航続距離330km)が3万ユーロ(約358万円)以下となっているが、これはリーフS(40kWh、航続距離322km)に近い価格(日本)だ。

 日本でのリーフの価格は、ID.3ピュア(約358万円)のスペックが近いリーフSが332万640円。ID.3プロ(約417万円)のスペックに近い航続距離458kmのリーフe+Xが416万2320円。

 ちなみにリーフSは政府から支給されるクリーンエネルギー自動車購入補助金の42万円を引くと、実質290万640円となる。

 2020年以降、ポルシェタイカンをはじめ、秋には日産アリア、ホンダe、2021年春にマツダMX-30など日本ではEVの新車発売ラッシュが続くが、こうした日本のEV市場でID.3がどのように受けいれられるか楽しみだ。

■ID.3 ピュア
 エントリーモデルとして、容量45kWhのバッテリーを搭載。ドイツにおけるベース価格は3万ユーロ(約358万円)以下。モーターは、2種類の出力(93kw/126ps、110kw/150ps)から選択可能。
・1充電あたりの航続距離(WLTPモード):330km
・実用上の予測航続距離(WLTPモード):230~330km
・推測EPA航続距離:294km

■ID.3プロ
 バッテリー容量は58kWh。出力は107kW/146psまたは150kW/204psから選択可能。3万5000ユーロ(約417万円)以下で購入可能。
・1充電あたりの航続距離(WLTPモード):420km
・実用上の予測航続距離(WLTPモード):300~420km
・推測EPA航続距離:374km

■ID.3プロ S
 最上位バージョンの位置付けでバッテリー容量は77kW。出力は150kW/204ps。100kWの急速充電に対応。
・1充電あたりの航続距離(WLTPモード):550km
・実用上の予測航続距離(WLTPモード):390~550km
・推測EPA航続距離:490km

【画像ギャラリー】ビートル、ゴルフに続く新国民車のEV、ID.3を写真でチェック!