ヘルメットのいらない軽のホンダF1 ホンダビートが欲しい!

 1991年5月に誕生し、1996年12月まで販売されたホンダビート。現行モデル、S660につながる軽ミドシップ2シーターオープンカーだ。

 生産を終了してから23年以上が経ち、S660が登場してからも、多くの人に愛され続けており、熱冷めやらぬという状況が続いている。

 驚くべきことに、生産台数の約6割にあたる1万9759台(2016年末)が現存しているといわれる(通常のモデルでは量産終了から20年後の車両残存率は10%未満程度)。

 さて、そのホンダビートは今いくらで買えるのか? ビート専門店「イソマサオート」にビートの中古車事情を聞いた。

文/伊達軍曹
写真/伊達軍曹 ホンダ
取材協力/イソマサオート

【画像ギャラリー】全生産台数の約6割が残存し多くの人に愛され続けているビートを写真でチェック!


NAエンジンが最高のホンダビート

NAエンジンながら独立3連スロットルで自主規制の64馬力をマークするE07Aエンジンをミドに搭載するビート

 1991年5月に登場したホンダ ビートは、ミドシップエンジンで後輪駆動、フルオープンモノコックボディを採用し、軽自動車初の4輪ディスクブレーキを装備するなど、本格的なオープンスポーツとして人気だった。

 エンジンは、3連スロットルと2つの燃料噴射制御マップ切替方式を組み合わせたハイレスポンス・エンジンコントロールシステムMTRECで、NAエンジン搭載ながら、メーカー自主規制枠いっぱいの64psを発生。

 また、車重は760kgと軽量で、パワーウェイトレシオは11.88kg/ps。トランスミッションは5速MTのみ、パワーステアリングは装備されないという、なんともストイックなクルマだった。こうした点がかえってビートの魅力としてヒットした。

 旧・軽自動車規格による狭い運転席に苦労して乗り込むと、まず驚くのが、そのドライビングポジションの低さ。

 そして、後ろから派手に聞こえてくるエンジンサウンドは、ドライバーの気分を盛り上げ、アクセルを踏み込むと8500rpmのレッドゾーンまで気持ちよく回るエンジン。いまでも最速&最強のNAエンジンとしてもてはやされている。

 こうした魅力から、発売後30年近くが経過した今でも根強いファンが多くいる。ちなみにビートの後継モデルとも言えるS660はターボエンジン。NAエンジンであるビートは貴重な存在なのだ。

ほどよいフィット感で人馬一体感が味わえる

ビートの中古車の平均価格は61.3万円

 中古車情報サイト、カーセンサーnetでいろいろと調べてみた。すると2020年6月中旬現在の流通台数は163台で、車両価格は18万~208万円。平均価格は「61.3万円」であるらしい。

 となれば、平均価格である60万円ぐらいの個体を買えばたぶんOKなのだろう……と思ったものの、筆者は輸入中古車の現実にはそこそこ詳しいが、国産中古車、とりわけ「ビートの中古車」に関してはほぼほぼ無知である。

ホンダビートの中古車情報はこちら!

取材に伺ったビート専門店、イソマサオートの磯崎正幸代表。所在地:茨城県水戸市住吉町74-12

 そのため、カーセンサーnetにもっとも多くのビートを掲載している茨城県の専門店「イソマサオート」を電撃訪問し、中古ビートのモロモロについて教えてもらおうと試みた。

――すみませ~ん、こんにちは~! ビートって、とりあえず車両価格60万円ぐらいのやつを買っとけばおおむねOKなんですか?

イソマサオート・磯崎正幸代表 (絶句しながら)…………はい?

――あと、古いオープンカーといえば幌の劣化も気になるところですよね。ビートのソフトトップって、交換するのにいくらかかるんですかぁ?

磯崎代表 ……ええと、どうやらビートの現状をまったくおわかりになっていないようなので、イチからご説明しますね。どうぞそこへお座りください。今、お茶出しますんで。

 ぶしつけな訪問者にわざわざお茶を出してくれた磯崎さんが詳しく説明してくれたところによれば、「中古ビートの現状」は今、おおむね以下のとおりであるようだ。

 まず中古車価格。多くのユーザーは、カーセンサーnetの平均価格を見た筆者のように「とりあえず車両価格60万~80万円ぐらい」の線でビートを探し、そのぐらいの価格で実際に購入する。

 だがそういった価格帯の中古ビートは、コンディション良好な個体もごく希に存在はするものの、多くは納車から3カ月以内に「……なんかヘンだな?」という状態に陥り、イソマサオートに点検を依頼しにくるという。

 そしてイソマサオートの工場で細部の状態を確認すると、言ってはなんだがほぼすべての部位がボロボロで、シリンダーヘッドのガスケットも抜けている。

 そこからちゃんと乗れるように直す場合の修理費用総額は、だいたい150万~220万円ぐらいになる場合が多いとのこと。

磯崎代表 なにせ約30年前のクルマですからね。走行距離の多寡にかかわらず、テキトーな整備またはノー整備をずっと続けていると、どうしてもそうなっちゃうんですよ。

――そうなんですか……。

磯崎代表 そうなんですよ。先日もね、どこかのお店で買った人がウチに持ってきたんで見てみましたら、冷却水がほとんど入ってなくて、オーバーヒートを起こしてました。

 その人は買うとき、販売店から「中古のビートは水と油が必ず減りますから、適当に補充しながら乗ってくださいね」みたいなことを言われたそうですが、ちゃんとしたビートなら、そんなことないんですから! 多くの人がビートの“本当の楽しさ”を知らないまま、状態の良くないビートに乗ってらっしゃる。

――じゃあ、結論としていくらぐらいの物件を買えばOKなんですか?

フルオーバーホール済みの保証付きで販売

エンジンやトランスミッションをフルオーバーホールして販売するフルコンプリートパッケージというプランも用意

磯崎代表 いくらぐらいというか、ウチで買っていただければいいんですよ! 当社であれば、整備履歴を把握できている管理ユーザー車のエンジンおよびトランスミッションをフルオーバーホールして、なおかつそこに24カ月または4万kmの保証を付けた「フルコンプリートパッケージ」が、個体にもよりますが総額160万~200万円ぐらいでお買い求めいただけます。

――ほう。オーバーホール済みの「世界遺産」が総額100万円台後半ぐらいなら、決して高くはないですね?

磯崎代表 もう少し手頃なほうがいいという方もいらっしゃるでしょうから、そういった場合には「セミコンプリートパッケージ」がいいと思います。こちらであれば、総額100万~150万円ぐらいお探しいただけます。

イソマサオートの在庫車、1991年式標準車、価格は128万円、走行距離7万1000km

 その分、エンジンはフルオーバーホールではなく「ガスケット&タイミングベルト交換。必要に応じてヘッドのオーバーホールや面修正などを行う」となり、トランスミッションも「点検整備し、必要に応じてオーバーホールを行う」ということになります。

 そして保証期間もフルコンプリートパッケージと比べれば短くなりますが、それでも「12カ月または1万km」ですので、十分といえば十分でしょう。

――テキトーな販売店で60万~80万円ぐらいのビートを買って、でも結局その後、150万円とかの修理代がかかっちゃうより、最初から御社で総額130万円ぐらいのやつとか、総額170万円ぐらいのやつを買ったほうが断然いいですね。

磯崎代表 でしょ? そうなんですよ!

――でも御社の物件……ホントにそんなにいいんですか? 失礼ですけど「口先だけ」じゃないんですか?

磯崎代表 (ニヤリと笑いながら)ま、論より証拠です。あそこにウチの試乗車がありますので、まずは試乗してみてください。そのうえで、ご判断ください。

38万㎞の試乗車に乗ってみた

磯崎代表のお言葉に甘えて38万kmのビートに試乗させていただいた

 なるほど了解しました、ということでお言葉に甘え、カーニバルイエローの試乗車の運転席に腰を下ろす。

 何気なく距離計を見ると、走行38万kmを超えてる超多走行車じゃないか! 「ホントに大丈夫なのかよ……」と思うが、いざエンジンをかけて走り出してみると、「大丈夫なのかよ」どころの騒ぎではなかった。

 最高であった。

 走行38万kmだけあって、さすがにボディは若干のゆるさのようなものも感じないではない。

 だが整備済みのサスペンションおよびブッシュやアッパーマウントはひたすらしなやかで、エンジンは8000rpm超までバイクのように吹け上がる。

 そして最大トルクが発生するという7000rpm付近では「これ、本当に軽の自然吸気エンジンですか?」と思うぐらいの(感覚的には)極太トルクが発生する。

 で、茨城の山坂道でフルブレーキング――というほどではないが、まあとにかく強めのブレーキングをしてみれば、その踏みごたえと利き方はまるでポルシェ911のごとし。

 さらに言えば、RRとミッドシップで駆動方式は異なるわけだが、後輪にかかるトラクションの強烈さも、どこか往年のポルシェ911に似ている。さらについでに言えば、暑い日であったがエアコンもビンビンだ。

――磯崎さんっ! サイコーじゃないですか! これがあれば、言っちゃあなんですが、わざわざ高いカネ出してナローポルシェ(初代ポルシェ911)を買う必要はない気がします!

磯崎代表 まぁポルシェとの比較はさておき(笑)、ビートはスペシャルな車ですからね。当時のエンジニアたちが、オヤジ(故・本田宗一郎氏)にホメられたい一心で、本気で、予算もふんだんにかけて作ったクルマですから。そりゃ状態が完調でさえあれば、これぐらい気持ち良く走れるのは当たり前のことなんですよ!

 自然吸気ながら64psを発生する直3SOHCの快音に負けじとばかりに、車内の我々は大声で語り合い、試乗を終えてイソマサオートへ戻った。

――ええと、気を取り直して改めてご質問します。最初にお聞きした「いくらぐらいのビートを買えばいいのか?」というのは結局?

磯崎代表 結局、価格うんぬんではなく、当社のような「ビートを愛している専門店で買う」というのが、唯一の確実な方法です。

 こういった年式のクルマって、もはや「好き」じゃないとやってられないんですよ。ウチの店長なんて、個人的にビートを11台も所有してる重度のマニアですしね(笑)。

 まぁ参考までにあえて価格帯を言うとしたら、ウチが今販売しているビートの支払総額は、下が96万9000円で、いちばん高いのが218万円です。

 もちろんいちばん安いやつも「イソマサ セミコンプリートパッケージ」ですから、シリンダーヘッドとトランスミッションはオーバーホール済みで、タイミングベルトも交換済みです。

――これまた最初にお聞きした「ソフトトップの交換にかかる費用」は?

磯崎代表 ソフトトップ自体の部品代は6万円です。ただし、そのほかにゴム製のモールが別途必要で、さらに、ポン付けはできませんので「いろいろな調整作業」が必要になります。そのゴムモール代と工賃が合わせて10万円ですので、合計16万円ということになりますね。

ホンダがビートのパーツを再生産を始めた

――ホンダがビート用部品の再生産を行ったそうですが?

※編集部註:生産終了から約20年が経過した2017年6月、ホンダが一部の純正部品の再販をスタート。再開決定当初の対応パーツはわずか5ヵ所7点程度に限られたが2020年6月現在、予定も含めて109ヵ所までに範囲が広げられている。
ホンダのホームページ内にある専用ページ:BEAT parts

磯崎代表 そうねえ……。いや、もちろん再生産してくれたのはありがたいことなんですけど、我々のような本当の現場の声を聞かないで作っちゃったものだから、割とトンチンカンだったりもするんですよ。

 「あまり使わないこの部品はあるのに、しょっちゅう必要になるこの部品がないのはなぜだ?」みたいに(笑)。

 でもまあウチは中古パーツもたくさん持ってますし、ない部品は作っちゃいます。そのうえでホンダさんの再生産パーツもあるわけですから、部品については心配ご無用と言えるでしょう。

――ボディカラーはやっぱり「カーニバルイエロー」が一番人気なんですか?

磯崎代表 んー、イエローももちろん人気ですが、むしろバージョンZの「エバーグレイドグリーン」とか、バージョンCの「キャプティバブルー」とかのほうが人気は高いかもしれませんね。

ビートを気になっている人へ

ビートの中古車は89.8万~208万円まで計8台在庫(6月中旬現在)

――なるほど。では最後に、わたしのような感じで「ビートのことが気になってる人間」に対してメッセージをお願いします。

磯崎代表 ホンダビートは本当に素晴らしいクルマであり、その素晴らしさを1人でも多くの人に知ってもらい、そして長期にわたって楽しんでいただくため、当社はいろいろと手を尽くして頑張っております。

 今回、ベストカーwebさんからは価格についていろいろ聞かれましたが、旧車の価格においていちばん重要な考え方は、「自分のサイフの都合に合わせる」のではなく「クルマの都合にサイフを合わせる」ということです。

 何十年も前のクルマを今の路上で快調に走らせるためには、「クルマの都合に合わせる」しか手はないんですよ。

 でもそこさえ忘れなければ、難しいことは何もありませんし、そもそも軽自動車ですから、有名なクラシック系輸入車のように高額なコストがかかるわけでもありません。

 ぜひこの機会に今一度、ホンダビートという名車にご興味を持っていただけたなら幸いです。

――ありがとうございました!

イソマサオートホームページ

■ホンダ ビート 主要諸元 1991年5月~1996年12月
・全長×全幅×全高:3295×1395×1175mm
・ホイールベース:2280mm
・車重:760kg
・エンジン:直列3気筒SOHC、656cc
・最高出力:64ps/8100rpm
・最大トルク:6.1kgm/7000rpm
・燃費:17.2km/L(10モード)
・総生産台数:3万3892台
・価格:138万8000円(1991年式ベースグレード)

【画像ギャラリー】全生産台数の約6割が残存し多くの人に愛され続けているビートを写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ