ライズ/ロッキー対抗の新SUVも? 新型ヴェゼル N-BOX&オデッセイ大改良!! ホンダ大攻勢のすべて

 初の量産型EVとなるホンダeの国内発表で話題のホンダ。しかし今年のホンダはこれからが本番。軽スポーツの雄 N-ONEのフルモデルチェンジ、ミニバンのオデッセイ、ベストセラー軽 N-BOXのビッグマイナーチェンジを予定している。どれも高い注目度で迎えられるだろう。

 来年には人気ジャンルのコンパクトSUVであるヴェゼルのフルモデルチェンジ、さらにヴェゼルより小さな新型SUVがデビューする見通しだ。NSXのタイプR、スパイダーの話題も飛び出してきて、これはまったく目が離せない!!!

【画像ギャラリー】N-BOX オデッセイ N-ONE ヴェゼル NSX 新型SUV… 注目の7モデルをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文・予想CG:ベストカー編集部/写真:HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■N-BOX(ビッグマイナーチェンジ・2020年10月登場予定)

●見た目も乗り味もグレードアップ!

大幅な改良によって見た目も乗り味もさらに質感が向上する

 現行型のN-BOXは登場から3年が経過することで、今年10月にもマイナーチェンジする予定。

 その改良版は内外装にも手が入り、ノーマルモデルは質感の向上が図られ、カスタムモデルはスポーティさをより強調して、グレードアップする見込み。

 また、SUV仕様が設定される可能性もある。

■オデッセイ(ビッグマイナーチェンジ・2020年10月登場予定)

●最新ハイブリッド搭載、燃費も走りも向上!

フロントマスクも大きく変わるという情報もアリ

 登場から7年を迎え、通常ならばフルモデルチェンジしてもいい現行オデッセイだが、今年10月にマイナーチェンジを行う。

 今回の改良で、最大のポイントとなるのがパワーユニットの変更だ。

 2モーター式の2Lハイブリッドは新型アコードと同じ最新型へと一新される。2.4Lエンジンは小幅な改良になる見込み。

■NEWヴェゼル(2021年3月登場予定)

●人気モデルの2代目はe:HEV搭載で進化

デザインはスポーティなクーペフォルムに変身

 フィットと並ぶホンダ登録車の主力モデルとなっているヴェゼルが、デビューから8年目を迎える来年春にフルモデルチェンジする予定だ。

 2代目となる次期モデルは、新しいホンダアーキテクチャーで開発するモデルとなり、エクステリアはクーペフォルムのよりスタイリッシュなスタイルになるという。

 パワーユニットは、現行型では1.5L NA、1.5Lターボ、1.5Lハイブリッド(1モーター式)を用意したが、次期モデルでは新型フィットに採用される1.5L2モーター式ハイブリッドのe:HEVをメインに設定。

 通常はエンジンで発電してモーターで走り、高速道路ではエンジン駆動も使うシリーズハイブリッドで、従来の1モーター式より燃費と走りの両方で優れているのが特徴だ。

 なお、現行型に用意されていた1.5Lターボだが、次期モデルでの搭載は現在のところ確認できていない。

 デザインはクーペフォルムを採用するが、居住性は従来以上の広さを確保するはず。さらに先進安全機能も充実した内容で登場する予定だ。

■NEW N-ONE(2020年11月登場予定)

●キープコンセプトだが性能は大きく進化!

東京オートサロンでコンセプトカーとして披露された次期型N-ONE

 今年の東京オートサロンでコンセプトカーが出展されていた次期型N-ONE。この市販モデルが10月か11月に登場するという情報がある。

 その次期型のスタイルはほぼ現行型を踏襲するキープコンセプトだが、中身は一新。N-BOXに採用されている新型のプラットフォームとエンジンを搭載し、走りの質感と性能は一段とアップする。

 また、6MT車が用意され、スポーティさが向上するのも魅力だ。

※9月11日午前、新型N-ONEが世界初公開された。関連記事でもご案内しているので、ぜひご覧いただきたい!!!

【関連記事】あえて外観ほぼ不変!! ホンダ 新型N-ONE世界初公開! 軽初のFFターボ&6MTも新設定

■NEWコンパクトSUV(2021年5月登場予定)

●リッターカークラスの魅力的なスモールSUV

人気のロッキー/ライズと競合する5ナンバーサイズのSUVとして登場

 ホンダのSUVには現在、ミドルクラスにCR-V、コンパクトクラスにヴェゼルがあるが、これらより小さなサイズの新規モデルが登場するという情報がある。それがこのリッターカークラスのニューコンパクトSUVだ。

 昨年の登場から販売好調なロッキー/ライズの対抗モデルで、100万円台の価格から狙えるモデルとなる。

 パワーユニットは欧州仕様のシビックに搭載されている3気筒の1L VTECターボが有力。しかしホンダ関係者からは「1Lターボは日本市場向きではない」という意見もあり、現行フィットなどで採用の1.5Lエンジンになる可能性もある。

 が、競合車と戦える価格も大事なこのクルマには1Lターボは必要な要素といえそう。ボディサイズはもちろん5ナンバーサイズとなり、ロッキー/ライズ同様に人気を集めそうだ。

搭載するエンジンは欧州仕様シビックの1L3気筒ターボが有力

■NSXタイプR(2021年10月登場予定)

●「タイプR」を象徴する究極性能を発揮!!!

カーボン製エアロパーツが装備されスペシャル感がアップ

 今年は10月にシビックタイプRをマイナーチェンジするが、ホンダは「タイプR戦略」を今後も推し進める計画。その究極がNSXタイプRとなり、標準モデルを大きく上回るハイパフォーマンスモデルとして登場する。

 パワーユニットは3.5L V6ツインターボで、最高出力は650psを発揮。

 スポイラーなどにカーボンパーツを使い、タイプRの頂点にふさわしい徹底したシャシーチューニングが施される。

■NSXスパイダー(2021年12月登場予定)

●レクサスLCに続いて日本市場にオープンモデルが登場

注目の一台

 今年6月、ついに日本でもレクサスLCのコンバーチブルモデルが登場した。

 アウディR8にスパイダーがあり、BMWi8にロードスターがあるように、近年のスーパースポーツやラグジュアリークーペの世界市場にはオープンモデルの需要があり、NSXにもスパイダーが設定される可能性が高い。

【画像ギャラリー】N-BOX オデッセイ N-ONE ヴェゼル NSX 新型SUV… 注目の7モデルをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ