あえて外観ほぼ不変!! ホンダ 新型N-ONE世界初公開! 軽初のFFターボ&6MTも新設定

 あえてデザイン据え置き! 名車N360の系譜を引くホンダの“個性派”N-ONEの新型モデルが世界初公開。

 ホンダの軽乗用車は、N-BOX、N-WGN、N-ONEのNシリーズと、ミッドシップスポーツカーのS660だ。このうち、N-BOXは2017年にフルモデルチェンジされ、同年から国内販売の1位を守り続ける。

 2020年1〜8月に販売されたN-BOXの届け出台数は、国内で新車として売られたホンダ車の32%を占める。物凄い人気で、2019年にはN-WGNも現行型に一新された。

 そしていよいよ、N-ONEがフルモデルチェンジを受ける。エンジンやプラットフォームは、先にフルモデルチェンジされたN-BOXやN-WGNと共通だ。

 通常、モデルチェンジといえば少なからず外観を一新するモデルが多いなか、常識破りの“ほぼ同じ見た目”となった新型N-ONEはどう変わったのか?

文:渡辺陽一郎
写真:HONDA

【画像ギャラリー】色も多彩に初披露! 新型N-ONE 全26のカラーバリエーションを見る!


N-WGNとどう違う? N-ONEの位置づけと現在地

2代目となる新型N-ONE「オリジナル」。写真は従来にない鮮やかな赤系新色の「フレームレッド」

 N-ONEでは、Nシリーズにおける車種の位置付けが大切になる。そこをハッキリさせると、N-ONEの特徴や開発の狙いも見えてくる。

 まず大人気のN-BOXは、全高が1700mmを上まわり、後席側のドアはスライド式だ。後席の足元空間は軽自動車では最大級で、Lサイズセダンを上まわるほど広い。ベビーカーを積んだりする子育て世代のユーザーに適する。

 N-WGNの全高は、1600〜1700mmの間に設定され、後席のドアは横開き式だ。4名乗車は充分に可能だが、後席はN-BOXほど広くない。後席を畳んだ時の荷室容量も同様で、自転車を積むような用途にはN-BOXが適する。

 その代わりN-WGNはN-BOXに比べて車両重量が約40kg軽く、燃費も優れている。価格はN-BOXに比べて15〜18万円安い。

 N-BOXとN-WGNが設定され、なおかつ標準ボディとエアロパーツを装着したカスタムも選べると、軽乗用車の実用的なニーズは網羅できる。

 日産の軽乗用車も、N-BOXに相当するルークスと、N-WGNと同様のデイズだ。N-BOXとN-WGNがあれば、N-ONEは必須のラインナップとはいえないだろう。

 そのために2020年1〜8月の届け出台数は、N-BOXが月平均で1万6524台、N-WGNは5763台であったが、N-ONEは139台に下がる。今年はモデル末期だったことから、2019年の数字を見ても1420台だ。

実用性より趣味性!個性派を強く打ち出した新型N-ONE

上級仕様の新型N-ONE「プレミアムツアラー」

 つまりN-ONEは、Nシリーズの中では、内外装のデザインや運転の楽しさを重視する個性派に位置付けられる。車内は相応に広いが、実用指向のN-BOXやN-WGNとは本質的に異なる。

 スズキでいえばハスラー、ダイハツならタフトのような存在だ。クルマの造りはまったく違うが、アルトラパンやミラトコットも個性派で、N-ONEに近い位置付けになる。

 そこでN-ONEは、外観を個性的に、内装は上質に仕上げた。新型N-ONEの外観を見ると、従来型に良く似ている。もともとN-ONEは、1967年に発売されたN360をモチーフにデザインされ、新型も丸型ヘッドランプなどの特徴を踏襲した。

ホンダにとって初の乗用車ともいえる軽の名車「N360」

 ルーフの形状は、従来型は厚みのある標準タイプ(全高は2WDが1610mm)と、立体駐車場を利用しやすいローダウン(同1545mm)の2種類を用意した。新型は外観写真を見る限り、ローダウンのみと受け取られる。

 そうなれば都市部で重視される立体駐車場の利用性に加えて、低重心になって走行安定性にもメリットを与える。

新型N-ONEのインテリア。外観こそ従来とほぼ同様ながら内装の意匠や質感は大きく向上

 内装では前席にセパレートシートを採用した。N-BOXやN-WGNは、N-BOX・EXを除くとベンチシートでリラックス感覚を重視するが、N-ONEはセパレートタイプでスポーティな感覚を重視する。

ターボ&MTで走りを訴求する「RS」も新設

新型N-ONEの個性を象徴するグレードでもある「RS」。従来なかった6MTも設定し、より趣味性の高い存在に

 グレードは4種類に分けられ、内装の装飾や装備が比較的シンプルな「オリジナル」、上質な「プレミアム」と「プレミアムツアラー」、スポーティな「RS」だ。

 フロントマスクの基本デザインは全車共通だが、グリルはグレードに応じて異なる。オリジナルは樹脂でカバーされ、プレミアムは水平基調になる。RSはハニカム(蜂の巣状)で、スポーティな雰囲気を感じさせる。

 丸型ヘッドランプの周囲には光のリングが備わり、昼間に点灯して他車からの視認性を向上させるLEDデイタイムランニングランプの機能を持たせた。

 個性派のN-ONEに、実用装備を割安に装着するN-WGNのようなグレードを用意しても選ばれにくい。そこで機能や装備にも独自の特徴を持たせた。

 まずエンジンは、オリジナルとプレミアムはノーマルタイプ、プレミアムツアラーとRSはターボを搭載する。この分類は従来型と同じだ。

 そしてRSには、CVT(無段変速AT)に加えて、新たに6速MTも用意した。N-ONEでは、以前から6速MTの採用を望む声が高かったためだろう。

 従来のN-ONEを発売した後、S660やN-VANが6速MTを搭載して、設定する準備も整っていた。前輪駆動の軽自動車で、ターボと6速MTを併用するのは、新型N-ONEが最初になる。

 安全装備はすべてのグレードにわたってホンダセンシングが装着され、衝突被害軽減ブレーキは、昼夜の歩行者と昼間の自転車も検知する。

 運転支援機能では、全車速追従型クルーズコントロールを採用する。パーキングブレーキがN-WGNと同じく電動式だから、追従停車後の停車時間が長引いた時は、パーキングブレーキに切り替えられる。追従停車後に勝手に再発進することはない。

 そしてRSは外観がさらにスポーティになり、前述の6速MTも設定した。従来型のN-ONE・RSは、ローダウンサスペンションなど足まわりに独自のセッティングを施していたから、新型もスプリングの硬さやショックアブソーバーの減衰力を独自の設定にする可能性が高い。

 なおディーラーオプションシリーズのホンダアクセスも、外装パーツを豊富に用意しているから、好みに応じてドレスアップできる。

ホンダ車の特長色濃い新型N-ONE

従来型のRSには設定されなかった新色「プレミアムイエローパールII&ブラック」

 N-ONEは実用性を備えた軽自動車でありながら、内外装には趣味性が感じられ、クルマ好きのユーザーにも適する。実用性と趣味性の両立は、N360から続くホンダ車の特徴でもあるだろう。新型はこの傾向をさらに強めた。

 人気が高い軽自動車は実用重視のN-BOXだが、往年のホンダを知る中高年齢層のユーザーにとっては、N-ONEに懐かしさを感じる。

 また、若い人達にとっては、個性的なデザインが魅力だろう。2020年にはハスラーのフルモデルチェンジ、タフトの投入もあったので、個性派の軽自動車が注目されている。

【画像ギャラリー】色も多彩に初披露! 新型N-ONE 全26のカラーバリエーションを見る!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ