新型ソリオ11/25発表! ボディ大型化&フルHV廃止の衝撃!!


 最近はSUVの人気が高く、新型車の発売も活発だが、その一方で1Lから1.5Lエンジンを搭載するコンパクトカーも堅調に売れ続けている。

 今や国内で新車販売されるクルマの約37%が軽自動車だが、コンパクトカーの比率も25%前後と高い。小型/普通車に限れば、約40%をコンパクトカーが占めている。

 特に2020年には、フィットがフルモデルチェンジを行い、ヴィッツもヤリスに刷新された。例年以上にコンパクトカーが注目されている。

 そして、いよいよスズキの2列シート5人乗りコンパクトカー、ソリオの新型が2020年11月25日に発表され、12月4日に発売されるという情報をベストカーwebがディーラーから入手した。

 新型ソリオはどんな進化を遂げたのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。


文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーweb編集部 スズキ

【画像ギャラリー】プチバンの大本命はどれだ? スズキソリオとトヨタルーミー&ダイハツトールを写真でチェック!


全長が80mm、全幅が20mm拡大

2015年8月に登場した現行ソリオ
現行モデルのソリオバンディット

 現行型のソリオ&ソリオバンディットは、全長が3710mm(ソリオ)に収まるコンパクトカーだが、全高は1745mmと高い。そのために室内は広く、後席側のドアはスライド式だ。

 外観は軽自動車のスペーシアに似て、優れた空間効率にも共通性が見られる。しかしプラットフォームは小型車専用で、イグニスやクロスビーと共通だ。軽自動車のワイド版ではないから、走行安定性と乗り心地のバランスも良い。

 後席側のドアをスライド式にした背の高いコンパクトカーのライバル車には、トヨタルーミー&タンク、ダイハツトール、スバルジャスティという兄弟車があるが、それらのモデルは2016年11月に発売された。

 その後、2020年9月15日に行われたビッグマイナーチェンジで、フェイスリフトするとともに、兄弟車のトヨタタンクが廃止された。

 ソリオは1990年代の終盤にワゴンRワイド(ワゴンRの拡幅版)として生まれ、2010年12月には、現行型とほぼ同じスタイルの先代ソリオが発売された。

 2015年8月26日、ソリオは現行型にフルモデルチェンジされたので、時系列で見るとルーミー兄弟車が後追い商品になる。ソリオは背の高いコンパクトカーの老舗的な存在だ。

 新型ソリオの発売に向けた今後のスケジュールをスズキ販売店の営業マンに尋ねると、以下のような返答であった。

 「2020年11月7日から新型ソリオのティザーキャンペーン(発売前の販売促進活動)が開始され、予約受注も受け付けます。ただしこの時点では、価格は明らかにされません。さらにその後、11月25日に価格を含めて正式に発表され、納車を伴う発売は12月4日の予定です」。

 ボディサイズなどの車両概要についても尋ねた。

 「背の高いコンパクトカーで、後席側にスライドドアを装着するなど、基本的なボディスタイルは現行型を踏襲します。

 それでもフロントマスクは、新型だとハッキリ分かるように、デザインを変更します。全長は標準ボディが80mm、バンディットは70mm拡大され、両タイプとも3790mmに共通化されます。全幅も20mmワイド化されて1645mmになります。それでもコンパクトカーでは狭い部類に入ります」。

メカニズムや装備は、どのように変わるのか? 

現行モデルのフルハイブリッドは1.2L、直4(91ps/12.0kgm)+モーター(13.6ps/3.1kgm)、JC08モードは32.0km/L。マイルドハイブリッドは1.2L、直4(91ps/12.0kgm)+モーター(3.1ps/5.1kgm)、JC08モード燃費は27.8km/L

 さて、気になるのはメカニズムや装備類だ。スズキ販売店営業マンに再び聞いてみた。

 「エンジンは1.2L、直4を踏襲しますが、現行型に用意されるフルハイブリッドは廃止される予定です。

 装備については(車間距離を自動制御できる)アダプティブクルーズコントロールが全車速追従型に進化します。カーテンエアバッグは、現行型では装着されるグレードが一部に限られますが、新型では全車対応に充実させます」。

 このほか全長が70~80mm拡大されるのに伴って、荷室床面長も100mm伸ばされるという。

 現行型についても、後席を格納すると自転車を積めるほど広い荷室になるから、次期型では使い勝手が一層向上する。

 それでも全長は3.8m以内に収まり、空間効率はかなり高い。車内が広い割に運転しやすく、現行型の特徴を受け継ぐ。

 このほかグレード構成はソリオがG、MX、MZの3種類で、エアロパーツを装着した上級のバンディットはMVのみになる。

 前述の通り、新型ではフルハイブリッドが廃止されるため、グレード構成は現行型に比べるとシンプルになるわけだ。

 そして上級のMZとバンディットMVには、カラーヘッドアップディスプレイがスズキの小型車としては初めて採用される。

 9インチサイズのHD(高解像度)ディスプレイを使ったメモリーナビゲーションシステムも設定される。

 ボディカラーに関しては新色が加わる。ソリオとソリオバンディットには、メロウディープ・レッドパールとフレイムオレンジ・パールメタリック。ソリオバンディットの専用色としては、グリッター・バイオレットパールがある。

次ページは : 大幅な価格アップはない見通し

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ