情報掴んだ!! 新型ソリオ11/25発表! ボディ大型化&フルHV廃止の衝撃!

 最近はSUVの人気が高く、新型車の発売も活発だが、その一方で1Lから1.5Lエンジンを搭載するコンパクトカーも堅調に売れ続けている。

 今や国内で新車販売されるクルマの約37%が軽自動車だが、コンパクトカーの比率も25%前後と高い。小型/普通車に限れば、約40%をコンパクトカーが占めている。

 特に2020年には、フィットがフルモデルチェンジを行い、ヴィッツもヤリスに刷新された。例年以上にコンパクトカーが注目されている。

 そして、いよいよスズキの2列シート5人乗りコンパクトカー、ソリオの新型が2020年11月25日に発表され、12月4日に発売されるという情報をベストカーwebがディーラーから入手した。

 新型ソリオはどんな進化を遂げたのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。


文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーweb編集部 スズキ

【画像ギャラリー】プチバンの大本命はどれだ? スズキソリオとトヨタルーミー&ダイハツトールを写真でチェック!


全長が80mm、全幅が20mm拡大

2015年8月に登場した現行ソリオ
現行モデルのソリオバンディット

 現行型のソリオ&ソリオバンディットは、全長が3710mm(ソリオ)に収まるコンパクトカーだが、全高は1745mmと高い。そのために室内は広く、後席側のドアはスライド式だ。

 外観は軽自動車のスペーシアに似て、優れた空間効率にも共通性が見られる。しかしプラットフォームは小型車専用で、イグニスやクロスビーと共通だ。軽自動車のワイド版ではないから、走行安定性と乗り心地のバランスも良い。

 後席側のドアをスライド式にした背の高いコンパクトカーのライバル車には、トヨタルーミー&タンク、ダイハツトール、スバルジャスティという兄弟車があるが、それらのモデルは2016年11月に発売された。

 その後、2020年9月15日に行われたビッグマイナーチェンジで、フェイスリフトするとともに、兄弟車のトヨタタンクが廃止された。

 ソリオは1990年代の終盤にワゴンRワイド(ワゴンRの拡幅版)として生まれ、2010年12月には、現行型とほぼ同じスタイルの先代ソリオが発売された。

 2015年8月26日、ソリオは現行型にフルモデルチェンジされたので、時系列で見るとルーミー兄弟車が後追い商品になる。ソリオは背の高いコンパクトカーの老舗的な存在だ。

 新型ソリオの発売に向けた今後のスケジュールをスズキ販売店の営業マンに尋ねると、以下のような返答であった。

 「2020年11月7日から新型ソリオのティザーキャンペーン(発売前の販売促進活動)が開始され、予約受注も受け付けます。ただしこの時点では、価格は明らかにされません。さらにその後、11月25日に価格を含めて正式に発表され、納車を伴う発売は12月4日の予定です」。

 ボディサイズなどの車両概要についても尋ねた。

 「背の高いコンパクトカーで、後席側にスライドドアを装着するなど、基本的なボディスタイルは現行型を踏襲します。

 それでもフロントマスクは、新型だとハッキリ分かるように、デザインを変更します。全長は標準ボディが80mm、バンディットは70mm拡大され、両タイプとも3790mmに共通化されます。全幅も20mmワイド化されて1645mmになります。それでもコンパクトカーでは狭い部類に入ります」。

メカニズムや装備は、どのように変わるのか? 

現行モデルのフルハイブリッドは1.2L、直4(91ps/12.0kgm)+モーター(13.6ps/3.1kgm)、JC08モードは32.0km/L。マイルドハイブリッドは1.2L、直4(91ps/12.0kgm)+モーター(3.1ps/5.1kgm)、JC08モード燃費は27.8km/L

 さて、気になるのはメカニズムや装備類だ。スズキ販売店営業マンに再び聞いてみた。

 「エンジンは1.2L、直4を踏襲しますが、現行型に用意されるフルハイブリッドは廃止される予定です。

 装備については(車間距離を自動制御できる)アダプティブクルーズコントロールが全車速追従型に進化します。カーテンエアバッグは、現行型では装着されるグレードが一部に限られますが、新型では全車対応に充実させます」。

 このほか全長が70~80mm拡大されるのに伴って、荷室床面長も100mm伸ばされるという。

 現行型についても、後席を格納すると自転車を積めるほど広い荷室になるから、次期型では使い勝手が一層向上する。

 それでも全長は3.8m以内に収まり、空間効率はかなり高い。車内が広い割に運転しやすく、現行型の特徴を受け継ぐ。

 このほかグレード構成はソリオがG、MX、MZの3種類で、エアロパーツを装着した上級のバンディットはMVのみになる。

 前述の通り、新型ではフルハイブリッドが廃止されるため、グレード構成は現行型に比べるとシンプルになるわけだ。

 そして上級のMZとバンディットMVには、カラーヘッドアップディスプレイがスズキの小型車としては初めて採用される。

 9インチサイズのHD(高解像度)ディスプレイを使ったメモリーナビゲーションシステムも設定される。

 ボディカラーに関しては新色が加わる。ソリオとソリオバンディットには、メロウディープ・レッドパールとフレイムオレンジ・パールメタリック。ソリオバンディットの専用色としては、グリッター・バイオレットパールがある。

大幅な価格アップはない見通し

 価格については未定だが、スズキの営業マンは「コンパクトカーは競争の激しい分野なので、新型になって大幅に値上げされることはないでしょう。安全装備や運転支援機能を充実させる割には、価格の上乗せは少ないと思います」とコメント。

 ちなみに現行型の価格は、マイルドハイブリッドシステムを搭載して、衝突被害軽減ブレーキ、運転支援機能、サイド&カーテンエアバッグ、ディスチャージヘッドランプなどを標準装着したハイブリッドMZが199万1000円だ。

 ライバル車のルーミーは、エンジンが1L、直3に留まることもあり、NAエンジン車の価格帯は155万6500円から191万4000円になる。

 ルーミーの価格帯も考慮すると、新型ソリオは装備を充実させるとしても、さらに値上げすれば割高感が目立ってしまう。

 したがって標準ボディとなるソリオの中心価格が200万円を大きく超えることはないだろう。言い換えれば装備を充実させるぶんだけ、割安感を強める可能性が高い。

 さらに新型ソリオに関する顧客の反応について尋ねてみた。

 「現時点でソリオに乗っているお客様には、フルモデルチェンジの情報を伝えています。

 現行ソリオはコンパクトなボディで車内が広く、動力性能にも余裕のある1.2L、直4エンジンにマイルドハイブリッドを採用していますので燃費も優れています。

 ルーミーがライバル車ではありますが、ソリオは機能に独自性があるため、新型への乗り替えを希望するお客様は多いです。

 また最近はダウンサイジングが話題になりますが、実際には生活環境の変化などにより、軽自動車からコンパクトカーにアップサイジングするお客様も少なくありません。

 ソリオが新型になって安全装備などを充実させると、スペーシアからの乗り替えも期待されるでしょう」。

2020年9月15日のビッグマイナーチェンジで姉妹車「タンク」は廃止になったが、ルーミーの標準車は、従来のタンクのフロントマスクに変更された

 ライバル車のルーミーは、パッソ&ブーンのエンジンやプラットフォームを使って約2年間で開発されたこともあり、動力性能や走行安定性が優れているとはいい難い。

 しかも今では発売から約4年を経過した。そこも含めると、新型ソリオの注目度は高いだろう。

 ほかのコンパクトカーに目を向けると、ルーフの低いフィット1.3ホームの価格は171万8200円、ヤリス1.5Gは175万6000円だ。

 ソリオは約24万円高いが、広い居住空間、使い勝手の優れた大容量の荷室、豊富なシートアレンジ、乗降性の優れた後席側のスライドドア、豊富な収納設備など、ミニバン的な機能が豊富に備わる。

 そのためにソリオがコンパクトカーの新たな売れ筋車種になる可能性もある。しかも最近は、ダイハツがトールやロッキーなどの小型車に力を入れて、売れ行きを伸ばしてきた。

 ダイハツはもともと登録台数が少なかったこともあり、2019年の小型車の売れ行きは、2015年の26倍に達する。

 トヨタのルーミーだけでなく、ダイハツのトールに対抗する意味も含めて、次期ソリオは販売にも力を入れるだろう。

 そうなればヤリスやフィットの売れ行きも影響を受けるから、コンパクトカー市場全体の競争関係が活発化する。

 各車種の販売促進も積極的に行われ、コンパクトカーが従来以上に買い得なカテゴリーとなるわけだ。


編集部注/「ハイブリッド全盛期」といえるこの時代に(少なくとも今回のフルモデルチェンジのタイミングでは)新型ソリオからフルハイブリッド仕様を廃止し、純ガソリン仕様とマイルドハイブリッド仕様のみに絞った判断は、謎めいていて実にスズキらしい。

 このスズキの狙いは2パターン考えられる。ひとつめは「新型ソリオの購買層を考えると、価格を抑えたマイルドハイブリッドモデルのみとしたほうが受ける」と考えたから。

 もうひとつは「いずれフルハイブリッド仕様を追加設定するつもり(スイフトのパターン)」。どちらなのかは、発売半年後に判明する。引き続き取材を続けるので、新情報が入り次第、当サイトでお届けします。

【画像ギャラリー】プチバンの大本命はどれだ? スズキソリオとトヨタルーミー&ダイハツトールを写真でチェック!