登場半年で衝突激化! 似て非なるタフト対ハスラー 軽ソフトSUVの両雄 仁義なき対決

 今人気の高いカテゴリーは軽自動車とSUVだ。この2つの要素を併せ持つ軽SUVに、ダイハツ「タフト」が登場して6カ月。先駆者であり、ライバルであるスズキ「ハスラー」との対決はどうなっているのか!?

 またタフトとハスラーを選ぶ人には何か違いはがあるのか? どんなポイントで両車が選ばれているのか? ライバル対決の内幕を検証していく。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、DAIHATSU

【画像ギャラリー】ともに譲らぬ魅力あり! 販売好調のタフト&ハスラーを詳しくチェック!!


■先代の人気が後押しするハスラー 後発ながら健闘のタフト

 2020年1~9月の販売統計を見ると、軽自動車の最多販売車種は、国内のベストセラーでもあるホンダ「N-BOX」だ。2位はスズキ「スペーシア」、3位はダイハツ「タント」と続く。

 この順位は今では定番だが、スズキ「ハスラー」とダイハツ「タフト」も注目される。広い室内に、SUVの悪路走破力と使い勝手を加えたことが特徴だ。両車は内外装のデザインが似ていることもあり、格好のライバル同士になる。

 両車の届け出台数を見ると、2020年8月はハスラー:6384台、タフト:5292台。9月はハスラー:7757台、タフト:6873台となる。いずれもハスラーが上まわり、8月は1092台、9月は884台の差が付いた。

全体的に直線的で角ばったデザインを採用したダイハツ「タフト」(写真左)と、スクエアなフォルムながら丸みのあるデザインも取り入れているスズキ「ハスラー」(写真右)

 ハスラーの発売は2020年1月(発表は2019年12月)、タフトは2020年6月だから、タフトは新型車とされるが、売れ行きはハスラーが多い。

 この台数格差は、乗り替え需要の有無によるところが大きい。ハスラーは先代(初代)モデルを2014年1月に発売して、堅調に売れていた。2014~2019年の累計販売台数は約48万台で、1カ月平均でも7000台近くに達する。先代型から現行ハスラーに乗り替えるユーザーも多く、新規投入されたタフトに比べて売れ行きを伸ばしやすい。

 ちなみにタフトは1970年代から1980年代にも売られていたが、これは小型のSUVでまったく違うクルマだ。またダイハツは背の高いSUV風の軽自動車として「キャストアクティバ」も用意したが、販売が低迷して乗り替え需要は少ない。タフトの発売に合わせてキャストアクティバは廃止され、今はキャストスタイルのみが残っている。この経緯を振り返ると、タフトの売れ行きは、ハスラーを下まわるものの健闘しているだろう。

2020年3月にカタログ落ちしたダイハツ「キャストアクティバ」。現在は「キャストスタイル」のみが残っている

■ともに譲らぬ魅力あり! 比較でわかる2台の長所短所

 販売店の見方も尋ねた。スズキの販売店では「ハスラーを選ぶお客様には、先代型からの乗り替えが多く、購入することを決めて来店される。従ってハスラーとタフトで迷うお客様は少ない」という。

 ダイハツの販売店では「設計が古くなった(2014年に登場した)ムーヴからの乗り替えもあるが、他メーカーのお客様も少なくない。ハスラーと比べて決めるお客様もおられる」とコメントした。

 つまりタフトを買う人達はハスラーも気にするが、ハスラーのユーザーはタフトをあまり意識しない。そのためにハスラーの販売順位は、タフトの登場前に比べてほとんど下がっていない。2019年9月はホンダ「N-WGN」に抜かれたが、それでもN-BOXやタントなど、全高が1700mmを超えるスーパーハイトワゴンのグループに次いで売れている。

 タフトのユーザーがハスラーを意識するのは当然だろう。タフトは、ハスラーが初代と2代目を発売して定番商品になったあとで、似通った外見で登場したからだ。大筋でいえば、タフトはハスラーの後追い商品と受け取られる。

 そうなると後発のタフトにとって、ハスラーとは違う魅力をいかに表現するかが大切になる。単なる後追い商品で終わると、売れ行きが伸び悩むことは明らかだ。

 そこでタフトは、価格をハスラーよりも若干安く設定しながら、装備の充実度で上まわる商品開発を行った。例えばタフト2WD・X(135万3000円)は、求めやすい価格なのに、ヘッドランプはLEDで、パーキングブレーキも電動式、さらにガラスルーフのスカイフィールトップを標準装着する。

 これに比べてハスラー2WD・G(136万5100円)は、価格が1万円少々高いのに、ヘッドランプはハロゲンで、パーキングブレーキブレーキは足踏み式になり、ガラスルーフは採用されない。

 ガラスルーフは、一般的には6~8万円のメーカーオプションだが、タフトは全車に標準装着して(非装着車を用意しないことで)コストを低減させた。タフトXにはLEDヘッドランプなども標準装着され、価格はハスラーGよりも1万円少々安いから、装備に関してはハスラーよりも合計で約14万円割安だ。

タフトには、スカイフィールトップ(ガラスルーフ)が全車標準装備。室内から見るとこんなにも開放的だ

 その代わりハスラーは、装備で負けてもシートアレンジを充実させた。後席のスライド機能は、タフトは装着しないがハスラーには備わる。そのために前後席に座る乗員同士の間隔は、タフトは900mmだがハスラーなら1035mmまで拡大できる。身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先空間は、タフトは握りコブシ2つ少々だがハスラーは3つ半に達する。

 ハスラーは後席の足元空間が広く、シートのサイズにも余裕を持たせて座り心地は柔軟だ。タフトの後席は足元が少し狭く、座面は短めで座り心地にも硬さが伴うから、4名乗車時の快適性はハスラーが大幅に上まわる。

タフトの後席も充分な広さだが、後席のスライド機能は装着していない
後席スライド機能があることで、タフトの900mmに対して、1035mmまで拡大できるハスラー。装備面ではタフトに譲ったが、室内空間に関してはアドバンテージがある

 またハスラーでは、後席の背もたれを前側に倒すと座面も連動して下がり、フラットな荷室に変更できる。こういった後席の操作はすべて左右独立式だから、ハスラーのシートアレンジは、全高が1700mm以下の軽自動車ではワゴンRと並んで最も充実している。

 燃費性能も異なる。2WDの場合、タフトのWLTCモード燃費はノーマルエンジンが20.5km/L、ターボは20.2km/Lだ。ハスラーはマイルドハイブリッドを採用して、25km/L・22.6km/Lになる。

■狙っている層が実は違う! タフトとハスラーはどんな人が選んでいる?

 このようにハスラーは後席の居住性、シートアレンジ、燃費が優れ、タフトは装備を充実させた。後発のタフトは、ハスラーとは異なる特徴を持たせて、競争を避けたともいえるだろう。

 この違いは、ダイハツとスズキの車種構成とも関係している。ダイハツの軽乗用車は、商用車ベースのアトレーワゴンを含めて10車種に達するが、スズキは7車種だ。

 ダイハツには全高が1600~1700mmの軽乗用車として、すでにムーヴ、ムーヴキャンバス、キャストが用意されるから、タフトも後席の快適性に重点を置くと機能に重複が生じてしまう。そこでタフトは後席を荷室と割り切って簡素に仕上げ(前後席では色彩が異なり後席はドアハンドルなどの装飾も省いた)、個性を明確にすると同時にコストも抑えている。その代わりに装備を充実させた。

 一方、スズキは事情が異なり、全高が1600~1700mmに位置する空間効率の優れた軽乗用車は、ハスラーとワゴンRだけだ。そのためにハスラーで、ファミリーユーザーまでカバーする必要がある。

 そこでハスラーは、車内の広さやシートアレンジをワゴンRと共通化して、幅広い用途に対応した。ワゴンRは標準ボディとスポーティなエアロ仕様のスティングレーを用意して、そこにSUV風のハスラーを加えている。2車種で幅広いユーザーに対応する戦略だ。タフトとハスラーでは、メーカー内の位置付けと販売戦略が異なり、商品にも前述の違いが生じた。

ラインナップの関係で差別化を図りたかったダイハツに対して、スズキは「ワゴンR」(写真)とハスラーで幅広い層をカバーする必要があった

 そうなるとユーザー層も変わる。スズキの販売店では「ハスラーのお客様は、若い人から家族まで幅広い」というが、ダイハツは違う。「ファミリーのお客様は、タントやムーヴキャンバスを選び、タフトは独身や子育てを終えた方が比較的多い」という。タフトは後席を荷室として使うコンセプトだから、それに合わせてユーザーにも違いが生じた。

 ダイハツの誤算は、2019年7月に登場したタントの売れ行きが伸び悩んでいることだ。2020年9月におけるタントの届け出台数は1万1897台で、コロナ禍の影響が残るとはいえ、前年9月の54%まで落ち込んだ。モデル末期だった2018年9月の1万1858台と同等にとどまる。

 タントが不振だから、2020年にタフトを加えながら、1~9月の販売累計はダイハツが38万3952台、スズキは38万7400台だ。軽自動車のメーカー別順位は、2007年以降、2014年を除くとダイハツが1位を守ってきたが2020年はどうなるかわからない。

 今後は軽自動車販売1位を巡り、ダイハツとスズキの販売合戦が激化する。タフトとハスラーを含め、軽自動車がさらにオトクに買えるようになるわけだ。

【画像ギャラリー】ともに譲らぬ魅力あり! 販売好調のタフト&ハスラーを詳しくチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ