一生に一度はポルシェに乗りたい! 200万円ぽっきりのポルシェは大丈夫なのか?


 ポルシェ新車は911のなかで最も安いカレラが1398万円、718ボクスターが812万円、718ケイマンが773万円、最も安いポルシェのマカンでも737万円だ。

 しかし中古車となれば話は違うだろう。さっそく中古車検索サイトを見ると50万円のカイエンから、200万円ぽっきりで買えそうな911もあった。

 でもこうした格安系ポルシェは本当に買っても大丈夫なのか? 買ったはいいがあとあと大変……ということにならないのだろうか?

文/谷山 雪、写真/ポルシェ

【画像ギャラリー】格安で狙えそうなポルシェを画像で見る!


■憧れのポルシェを200万円以下で買う!

2代目のボクスター。初代ボクスターは登場からかなりの年月が経過しており、中古車価格200万円台で考えると、現実的なモデルといえそうだ

 いわゆる「普通の中古車」はけっこう高いわけだが、「格安系中古車」であれば、911の場合で車両価格190万円ぐらいから、初代ボクスターの場合は80万円ぐらいから、SUVの初代カイエンに至ってはなんと車両価格50万円(!)から見つけることもできるのだ。

 「50万円のカイエン」というのはさすがに極端だとしても、「車両価格190万円のポルシェ911(総額は200万円ちょいぐらい?)」であれば、額面年収500万円の人でもフツーに買えることは間違いない。

 強烈にそう思うか、あくまで「なんとなくそう思うか」は人それぞれだろうが、ポルシェというのは多くの人間に「一生に一度は!」と思わせるだけの魔力があるブランドであることだけは間違いない。

 そしてそんな「魔性のクルマ」だけあって、ポルシェというのは端的に言って高価である。

 王道の「911」を新車で買おうとすると、一番安い素のカレラでも1398万円で、しかもこれは車両本体価格に過ぎない。オプション装備やら何やらを含めた総額は、確実に1500万円を超えるだろう。

 ……500万円前後の平均的な年収を得ている人間からすると「どう考えても無理だ!」と叫ぶほかない支払総額である。

 でも中古車なら、いかにポルシェといえどもなんとかなるのでは……と思いながら中古車検索サイトなどを見てみても、1世代前の911でも車両価格は700万円を軽く超えている。

 あらためて「……やっぱ無理だ!」と叫びたくなるわけだが、絶叫するのはまだ早い。世の中には「格安中古車」というのもあるからだ。

■問題は「買っても大丈夫なのか?」まずは初代ボクスターを検証

1996年にデビューしたミッドシップスポーツ、986型初代ボクスター。ボディサイズは全長4315×全幅1780×全高1290mm。デビュー当初は204ps/25.0kgmの2.5Lフラット6を搭載

初代ボクスターの中古車情報はこちら!

 買ったはいいが、結局は故障続きで多額の修理代が必要になったり、壊れはしないまでもどこか常に微妙に不調で、なおかつ車内がボロくてクサくてたまらない……というのであれば、わざわざ買う意味などない。

 実際のところはどうなのか?

 「格安中古ポルシェの実相」を探るため、筆者は世を忍ぶ仮の姿で関東各地の格安中古ポルシェを片っ端から(といっても時間が許す範囲で)見て回った。

 まずは格安ポルシェの王道路線である初代ボクスター(986型)から。

 ご承知のとおり、初代ポルシェ ボクスターとは1996年に登場した、水冷方式の水平対向6気筒エンジンを搭載するオープンモデル。

 ポルシェ911が「RRレイアウトの2+2クーペ」であるのに対し、ボクスターは「ミドシップレイアウトの2シーター」となる。

 ベースグレードのエンジン排気量は当初2.5Lで、1999年10月から2.7Lに拡大。そしてこのタイミングで3.2Lの「ボクスターS」も追加されている。

1999年モデルからエンジンは220ps/26.5kgmの2.7Lに排気量を拡大。同時に3.2L+6速MTまたは5速ATの「ボクスターS」を追加した

 で、そんな初代ボクスターの底値ゾーンは今、おおむね80万~130万円付近。そのあたりのプライスの中古車を見に行くと、その多くはおおむね下記の3パターンに大別できることがわかった(※もちろん日本全国の格安中古車すべてを見たわけではないので、「絶対にこう!」と断言はできませんが)。

●パターン1:内外装がとにかくボロい(ネットの写真ではさほどボロく見えないのだが)。
●パターン2:内外装がとにかくボロくて、なおかつエンジンから妙なうなり音がする。
●パターン3:内外装はまあまあキレイだが、エンジンから妙なうなり音がする。
●パターン4:ボロくない感じだが、車内がなぜかとってもクサい。

 ……こういった中古車を買っても結局はドツボにハマるか、ドツボにハマらないまでも「あんまり満足できない(安物買いの銭失い)」になることは目に見えているため、よほどの例外がない限りはやめておいたほうがいいだろう。

 上記のパターン1~4の傾向は、車両価格160万円前後まで上げていっても(軽度にはなるが)おおむね継続した。

 そして「これなら機械の状態と整備履歴も大丈夫そうだし、内外装とニオイの問題もほとんどないかな?」と思える初代ボクスターの価格は「おおむね220万円以上」であった。

 もちろん「220万円以上ならすべてOK」というわけではなく、また逆に「220万円未満はすべてダメ」ということも決してないが、ひとつの目安にはしていただきたい。

1996年発売当時のボクスターのインパネ。その後、さまざまな改良を重ねながら2004年12月まで販売された

 手を出しても良いと思える格安初代ボクスターのスペックイメージ(あくまでイメージ)は、おおむね下記のような感じだ。

【初代ボクスター】
・2004年式ポルシェ ボクスター(ベースグレード)
・220万円/走行5.7万km/左H/5MT/D車/修復歴なし

次ページは : ■買ってもいい2代目ボクスター、初代ケイマンは?