2021年東京モーターショー中止! もし開催していたら? 目玉になっていただろうクルマ3選

2021年東京モーターショー中止! もし開催していたら? 目玉になっていただろうクルマ3選

 2021年4月22日、豊田章男自動車工業会会長が発表した第47回東京モーターショー中止の発表は、コロナ禍とあっても、多くの自動車ファンを落胆させたに違いない。

 1954年4月、東京日比谷で「全日本自動車ショウ」としてスタートした東京モーターショー67年の歴史のなかで、実質的に初めての中止となった。実質的というのは1974年開催予定だった第21回は、オイルショックのために中止され、翌年から隔年開催となり、以降、2019年の第46回まで続けられていた。

 そうなると、気になるのは発表の場がなくなる今後の日本の新型車はどのような形で世に出てくるかだろう。これまで多くの新型車は東京モーターショーでプロトタイプやショーモデルとして公開され、それから市販車となることが多かった。

 特にスポーツモデルはGT-Rもそうだったし、初代86/BRZなどもそうだ。新型フェアレディZなどのように海外のモーターショーで発表されることも多い。

 つまり、市販する前に、新型車を多くの人の目に直接触れさせてその反響を探ったり、事前に広く宣伝したりする役割がモーターショーにはあった。

 そこで、多くの自動車ファンのために、もし今年東京モーターショーが開催されていたとすればどんなモデルたちがブースの目玉になったのか、予想していこう。

文/宇井弘明
写真/トヨタ 日産 ホンダ 三菱
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】モデルチェンジが期待される注目の新型車たち ギャラリーで予想CGをチェック!!