「ある説明」で装着率100%の装備も!? ド定番じゃない意外な人気オプション 5選

「ある説明」で装着率100%の装備も!? ド定番じゃない意外な人気オプション 5選

 クルマのオプションは、メーカーオプションからディーラーオプションまで合わせると、100種類程度が用意されている。さまざまなジャンルのオプションがあるが、どのオプションが、自分のカーライフを豊かにしてくれるのか、選択に迷うことも多いのではないだろうか。

 そこで今回は、元自動車ディーラー営業マンの筆者が、意外に人気のある(もしくはあった)オプションパーツを5つ紹介していく。マットやナビ以外にも、便利で役立つ装備が、実はカタログの中に眠っているものだ。

文/佐々木亘 写真/HONDA、SUBARU

【画像ギャラリー】ほかにもまだある! みんな付けてる隠れた人気オプションたち


■地味ながら超便利装備!? 「親水鏡面ミラー」

ミラーに付着した水滴を膜状に広げて視界を保つ親水ドアミラー。雨粒による汚れを防ぐ効果もある(写真はホンダ ジェイドの『親水ヒーテッドドアミラー』)

 雨の日のドライブで気になるのが、サイドミラーに付着する水滴ではないだろうか。

 日中はまだいいが、雨の夜間ではミラーが役目を果たさないほど、乱反射が起き見にくくなることがある。そこで効果を発揮するのが、親水鏡面ミラーだ。
 
最近では、標準仕様が親水ミラーになっている車種もあるが、まだまだ普及は少ない。フロントガラスの撥水加工と一緒に、サイドミラーの雨の日対策を進めてみてはどうだろうか。

■ある説明をすると装着率100%!? 「シートヒーター」

シートヒーターが役立つのは冬場だけではない。夏場の同乗者とのエアコン適性設定温度の差を埋めてくれる装備でもある

 標準装備も増えてきたが、非装着でメーカーオプション設定となっていれば、是非装着してもらいたいのがシートヒーターだ。筆者の経験上、女性が商談に加わった際に、“とある説明”をすると、装着率がほぼ100%になるオプションである。

 冬場だけに使うのが、シートヒーターだと思うユーザーが多いと思うが、筆者は夏場にこそ、上手くシートヒーターを使ってもらいたい。

 冷え性の方は、夏場に冷房の効いた車内があまり好きではないだろう。しかし、同乗者の至適温度に合わせてしまい、車内で一人凍えていることも少なくない。

 そこで、夏場の冷えすぎた車内で、シートヒーターを使って暖を取ってほしい。空気を暖めることにはならないので、同乗者から暑いというクレームもなく、自分だけが背中や腰から温まることができる。

 筆者の担当オーナーに、毎年夏、カーエアコンの温度設定で喧嘩をするという夫婦がいた。シートヒーターのオプション装着を勧めたところ、次の夏からは夫婦円満になったという話もある。

 寒い冬はもちろん、夏場の体温調整にも、シートヒーターは活躍してくれる。

次ページは : ■灰皿が消滅で人気!?「クリーンボックス(ゴミ箱)」