ヴォクシー絶好調!! 新型ノア登場まで秒読み どうなるトヨタミニバン新戦略


 トヨタは主力ミディアムミニバンであるノア/ヴォクシー/エスクァイアを2022年4月にもフルモデルチェンジする方向でスケジュール調整している。

 当初は2022年1月発表を予定して開発を進めていたが、新型コロナ禍や半導体部品の供給遅れの影響で、3ヶ月程度先送りしたようだ。またノア/ヴォクシー/エスクワイアの3兄弟をノアに1本化する案も「新型ノアと新型ヴォクシー」に2車種体制とするよう変更したと思われる。

 ヴォクシーが最近まで引き続き好調に売れており、(当初の考えであった)ノアだけに統合してヴォクシー/エスクァイア2車種を廃止するのは得策ではない、との結論に達したようだ。

 以下、この大人気ミニバン三兄弟の現状と今後について、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が取材した結果をお届けしたい。

文/遠藤徹
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】新型ノア登場間近! トヨタミニバン3兄弟を画像でチェック


■ノア・ヴォクシーは今後どう引き継がれるのか

 今年(2021年)1~8月の登録実績を見ると、ヴォクシーが5万1716台、前年同期比18.1%増、月平均6465台に対して、ノアは3万2676台、同16.5%増、4085台と、ヴォクシーがノアを大きく引き離している。

 トヨタはノア/ヴォクシー/エスクァイアを2020年4月に一部改良し、ノアを従来どおり5ナンバーの標準タイプと3ナンバーのエアロバージョンのフルラインアップを継続したのに対して、ヴォクシーは3ナンバーのエアロバージョンと特別仕様車の「ZS煌III」のみに再編。この時点では「次のフルモデルチェンジ時には「新型ノア」に1本化する」という方針だった。

ヴォクシー 特別仕様車 ZS“煌 Ⅲ”ベース車:ZS
ヴォクシー 特別仕様車 ZS“煌 Ⅱ”(ガソリン車・7人乗り・2WD)

 ところがその後の販売推移を見ると、ヴォクシーのほうが圧倒的な売れ行きであり、こうしたことから継続すべきとの案が浮上し固まりつつある。

 ただ次期型に引き継ぐ際の具体的なラインアップはまだいろいろ取り沙汰されている。あまり売れていないエスクァイアの廃止はほぼ決まっている。問題はノア/ヴォクシーの継続の仕方である。

 現行のようにノアは5&3ナンバーのフルラインアップで、ヴォクシーは3ナンバーのエアロバージョンのみでのフルモデルチェンジのほか、ノアを5ナンバー標準タイプのみ、ヴォクシーは3ナンバーのエアロバージョンに分ける、あるいはノアに1本化するものの、ヴォクシーはグレードとエクステリアデザインで分けて残す手法などが考えられている。

ノア 特別仕様車 Si“W×B Ⅲ”ベース車:Si
ノア 特別仕様車内装

 最近は5ナンバーがノア、3ナンバーがヴォクシーの案に固まりつつあるようだ。現行モデルではノアは特別仕様車「Si B×B」、ヴォクシーは「ZS 煌III」が両シリーズ全体の80%以上を占め中心的な存在になっている。次期型では両特別仕様車のデザインや装備内容の考え方を引き継いだ仕立てでカタログモデルとするまとめ方になるのが有力となっている。

■次期型のクオリティはいかほどか

 パワーユニットの内容も様々の情報がある。ハイブリッドは現行モデルでは1.8リッターのニッケル水素バッテリーを採用しているが、次期型はよりコンパクトで高効率のリチウムイオンユニットに切り替えることで、さらなる低燃費、EV走行でのポテンシャルアップを図る見込みである。

 現行モデルではハイブリッド仕様は2WD車のみの設定であるが、次期型は4WD車も加える。

 エンジンの排気量は1.8リッターとモーターの組み合わせであるが、次期型はどうなるか。

 トルク不足を向上させるために2リッターに引き上げる方式も開発しており、どちらを採用するか注目される。ホンダのステップワゴンは2リッターのハイブリッドを搭載している。

 トヨタの次期型ノア/ヴォクシーとほとんど同じ時期にフルモデルチェンジしてシェア争いを展開することになるのは必至の情勢であるから、対抗上トヨタも2リッターハイブリッドを設定する可能性がある。純ガソリン仕様は引き続き2リッターを設定継続する。

Toyota Safety Senseも標準装備に

 装備面では最近のトヨタ車の殆どに採用されているオーディオディスプレイ、パノラミックビューモニター、ハンズフリーバックドアオープナーや最新のトヨタセーフティセンスも進化させて標準装備される。室内居住空間の拡大、使い勝手の向上、一段のクオリティアップも図られる。

次ページは : ■首都圏の販売店各社はどう思う?