次期クラウンは4ドアクーペ 登場はいきなりの2022年末!??

 昨年秋に「SUVになる」との第一報が出てから、常にその動向が注目されてきた次期クラウン。

 ベストカースクープでも新たな情報を入手するたびにお伝えしてきたが、ついに核心に迫れる時がきた。なんと、デザインの確定情報を手に入れることができたのだ!

 67年の歴史に自ら幕を降ろし、伝統の高級車から大進化を遂げる新しきクラウンをお見せしよう。

※本稿は2021年9月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/TOYOTA
初出:『ベストカー』2021年10月10日号

【画像ギャラリー】「正解」はスポーティな4ドアクーペ!! 新たなクラウンで、新たな時代へ? その全貌をギャラリーでチェック!


■イメージは「和製アウディA7スポーツバック」?

 その姿は情報を正確に再現した下のCGのとおり。クラウンはスタイリッシュな4ドアスポーティクーペに大変身を遂げることになる。

スタイリッシュに変身する次期クラウン。ボディサイズは全長4900×全幅1850×全高1450mm前後となりそう。FFとFFベースの4WDを設定する(画像はベストカー編集部による予想CG)

 今、欧州では4ドアクーペのラインナップが豊富で、ベンツ、BMW、アウディのプレミアムブランド御三家には必ず設定されている。

 元々は1985年に登場した初代カリーナEDから始まったトヨタオリジナルの新ジャンルだったが、現在は欧州車がリード。そこにトヨタがビッグネーム、クラウンで挑むことになるわけだ。

 早速、次期モデルの衝撃的なデザインを詳しく見ていこう。

 全体のクーペフォルムもさることながら、まず印象的なのは薄いフロントマスクだ。

1955年からの歴史のなかで最大級の変化を遂げる次期クラウン。薄いイメージのフロントデザインはトヨタ車にはなかったテイストで、変革をアピールする(画像はベストカー編集部による予想CG)

 特にヘッドライトの薄さはかなりのもので、トヨタの新しい電気自動車「bZ4X」と共通のイメージ。そして、クラウンの王冠マークが鎮座する六角形の大型フロントグリルが迫力を醸し出す。

 この未来的かつ迫力あるフロントマスクとは対照的に、フロントからリアに繋がるルーフラインは流麗。クーペのデザインはルーフラインがキモとなるだけに、ここは特にこだわった部分だろう。

 サイドには前後のドアに特徴的なキャラクターラインが流れる。まるで美しい刀のようなエッジの効いた造形で、これも次期クラウンの個性を表現する重要なアイテムとなりそうだ。

サイドビューはポルシェパナメーラのイメージもあり、スポーティさを強調。サイドを流れる刀のようなキャラクターラインも次期クラウンの特徴のひとつ。「ルーフが浮いているように見える」との目撃情報もある(画像はベストカー編集部による予想CG)

 Cピラー周りはガラスとなっており、現行型と同じく6ライトを採用。横から見るとルーフラインがブリッジのようにガラスから浮いているような印象となる。

 テールランプはヘッドライトに合わせた薄型で、左右のライトがガーニッシュで繋がれている。

リアビュー(画像はベストカー編集部による予想CG)

 また、トランクフードはハッチバックのようにリアウィンドウごと開くタイプで、左右両端に配置される横長のマフラーもスポーティさを主張する。

 ボディサイズは不明だが、全長4900mm、全幅1850mm、全高1450mm前後と予想。

 現行型は全幅1800mm以内にこだわったため、長さと幅にアンバランスな感覚が残ったが、次期型にその心配はなさそうだ。

次期クラウンの目撃情報によるとデザインのイメージが近いのはアウディA7スポーツバックだという。流麗な4ドアクーペで、もちろん高級感も満点。若手富裕層の心をつかめるか?

次ページは : ■2.5Lのターボとハイブリッドを設定

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ