レクサス新コンパクトSUV投入計画をキャッチ!! 国内最少高級小型SUV登場へ

レクサス新コンパクトSUV投入計画をキャッチ!! 国内最少高級小型SUV登場へ

 好調続くSUV人気だが、今各メーカーが参入に動いているのが全長4000mmクラスのミニSUV(AセグSUV)だ!

 その最新の動きをいち早くつかんだのでお伝えしよう!

※本稿は2021年10月のものに適宜修正を加えています。
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/TOYOTA、LEXUS
初出:『ベストカー』2021年11月26日号

【画像ギャラリー】予想CGとともに欧州専売の「アイゴX(クロス)」、2015年発表の「レクサスLF-SA」をギャラリーで見る(35枚)画像ギャラリー

■トヨタは欧州市場にアイゴX(クロス)を投入 ミニサイズSUVの流れが日本にも??

 SUVの人気は日本でも広がりを見せているが、その中心は価格的にも買いやすさ感のある200万円台後半から300万円台の、コンパクトSUVからミッドサイズSUV。

 ハリアーやRAV4などの人気も高いが、特に最近ではヤリスクロスやキックス、ヴェゼルなどのクラスが特に存在感を示している。

 トヨタはここを強化するために、カローラクロスを投入し、小から大までSUVラインナップを盤石のものに固めてきた。

 今やSUVは新たなカテゴリーとして完全に定着した。

 ちょっと前までは、SUVはアウトドアのイメージがあり、カジュアルなイメージが強かったが、ミニバンがファミリーカーの定番に定着したように、SUVは日常的に使うパーソナルカーとして、コンパクトカーのポジションに取って代わるカテゴリーとなりつつある。

 欧州ではVWのT-Crossやプジョー2008、シトロエンC3エアクロスSUVのようなミニサイズのSUV人気が高まっている。

 自動車社会の欧州では、ファーストカーとしてロングドライブで使用するサルーンや大型SUVのほか、タウンユースの足としてコンパクトで使い勝手がよく、燃費性能に優れるミニサイズのSUVをセカンドカーに所有するケースが多い。

 都市部ではミニSUVをファーストカーとして、大型車を持たないというライフスタイルも増えている。

 トヨタは欧州向けにアイゴXを10月5日に発表した。

2021年11月5日、トヨタが欧州で正式発表したアイゴX(クロス)。アイゴはトヨタの欧州専売コンパクトカーだが、このアイゴXも欧州専売となる計画。エクステリアのデザインイメージはアイゴというよりもヤリスの面影を感じさせる。フロントマスクが印象的だ
2021年11月5日、トヨタが欧州で正式発表したアイゴX(クロス)。アイゴはトヨタの欧州専売コンパクトカーだが、このアイゴXも欧州専売となる計画。エクステリアのデザインイメージはアイゴというよりもヤリスの面影を感じさせる。フロントマスクが印象的だ

 アイゴは日本向けにはない欧州専用のコンパクトカーだが、そのアイゴの名を冠したSUVがアイゴX。

 写真を見てのとおり、ヤリスのプロポーションを活かしながら、躍動的なフォルムを作り上げており、カッコいい。

 ヤリスで好評のGA-Bプラットフォームをベースに開発されたミニSUVで、欧州マーケットで存在感をアピールすることになる。

次ページは : ■「レクサスLF-SAをデザインスタディとするミニSUV」とは??

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ