いまアルファードがお買得?? ロッキー最高実績! 国内クルマ業界最新ニュース

いまアルファードがお買得?? ロッキー最高実績! ミライースはどうなる? 国内クルマ業界最新ニュース

 毎月200店以上の新車ディーラーを回って『生』の新車情報を届けてくれる遠藤徹氏。

 今回まずは、今冬にもフルモデルチェンジが予想されるトヨタ アルファード。いま意外にもお買い得な状況に?

 ほか、ダイハツ ロッキー・スバルフォレスターが過去最高の登録実績を達成。軽の電動化でダイハツ ミライースはどうなる? …などなど、国内クルマ業界の最新動向を取って出し!

 正式発表され話題沸騰、新型ノア/ヴォクシーの予約状況(2021年12月時点)、スバルの今年の新型車についてもお届け!

※本稿は2021年12月のものです
文/遠藤徹 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年1月26日号

【画像ギャラリー】今が絶好の狙い目?? お買い得の現行アルファードほか国内最新情報をギャラリーでチェック!!(10枚)画像ギャラリー

■トヨタ、アルファードはいま意外にお買い得!?

 2022年末にもフルモデルチェンジし、世代交代することが予想されるトヨタ最上級ミニバンのアルファード。その現行モデルは意外に買い得です。12月上旬現在の納期は2022年3月と4カ月程度待たされますが、値引き額がかなり大きいのです。

 売れ筋の上級グレードだと、ナビ、ETC車載器、ドライブレコーダー、ボディコーティングなどのオプション&付属品をつけると車両本体から35万円引き、オプション&付属品から15万円引き、合計50万円引きといった条件を提示する販売店が目に付きます。

 さらにリセールバリューも抜群で、購入後5年経過しても40%以上の残価があり、下取り額もかなり高値をつけています。ただ、モデル末期だけにグレードやボディカラーの選択肢も次第に絞られるようになっています。

 姉妹車のヴェルファイアは2022年早々にもモデル廃止となり、次期型は存在しません。

 アルファードと比べると値引き幅は10万円程度安くなりますが、5年後のリセールバリューは30万円以上安くなってしまうのであまりお薦めではありません。実際はほとんど売れていない状況です。

アルファードの現行モデルは意外にお買い得! 他の新型車に比べ比較的納期が早いことも魅力?

■ダイハツ ロッキーが11月に最高の登録実績を達成

 ダイハツのロッキーが11月の登録台数で3615台、前年同月比158.2%増と急増し、過去最高の実績を達成しました。

 新設定されたハイブリッド車が全体の半分以上を占め、好調に売れているためです。同月のハイブリッド車の登録台数は2270台で、シリーズ全体の63%を占めているのです。

 この売れゆきは、日産セレナ、トヨタハリアー、トヨタパッソ、ホンダステップワゴン、スズキソリオやスイフトなどの有力モデルを上回る快挙です。

 ハイブリッド車の設定は今のところFF車のみですが、今後SUV車にとってニーズの高い4WD車が加われば、かなりの追い風になる見込みです。

■ダイハツ、ミライースは今後どうなるのか?

 ダイハツの軽自動車における電動化の行方が注目されます。ライバルモデルのスズキアルトは新型でマイルドハイブリッドを採用し、上級化によって対応しています。

 いっぽう、ダイハツのスタンスはどうか? 今のところ「他社と同じマイルドハイブリッドによる追随はしない」とのスタンスで臨んでいます。

 技術的にはロッキーのようなエンジンを発電に使うシリーズハイブリッドが有力ですが、低価格&低燃費を売りにしているミライースにはコスト面で無理がありそうです。かといって、ほかの電動化技術は見当たらないのが事実です。

 もしかしたらミライースは電動化に対応せず、いずれはモデル廃止を決断することになるかも知れません。

次ページは : ■トヨタ、新型ノア/ヴォクシーの予約受注は好調!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ