ノートシリーズ1万台突破目前! C-HRどうなる? 国内クルマ業界最新動向

ライズに1.2L HV追加! カローラクロス登場でC-HRはどうなる? 国内クルマ業界最新動向

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今年は東京モーターショーの開催年で、9月末といえばどんなコンセプトカーや市販前提車が登場するのかと、ショーの話題で盛り上がってくる頃だが、残念ながらすでに中止が決定している。

 いまだ先が見えないコロナ禍におけるクルマの販売動向について鋭く切り込みつつ、2022年秋までに登場するニューカー情報をピックアップ!

※本稿は2021年9月のものです
文/遠藤 徹 予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年10月26日号

【画像ギャラリー】絶好調のプレミアムコンパクトにコロナ禍で納期が伸びる人気車……国内自動車最新情報!!(18枚)画像ギャラリー

■ノートオーラが販売好調でシリーズ1万台突破確実

ノート オーラの販売好調により、ノートシリーズ全体で月販1万台が見えてきた

 ノートシリーズはプレミアムバージョンのノートオーラを加えたことで、どこまで販売を伸ばせるかに注目されています。月販計画は5ナンバーサイズのノートが8000台、3ナンバーサイズのノートオーラが3000台で、シリーズ全体で1万1000台が当面の目標になっています。

 ノートオーラの発表1カ月後の受注累計は計画を5倍以上も上回る1万7000台と好調な滑り出しですので、9月は計画を大幅に上回るのが濃厚となっています。

 首都圏にある日産店の営業担当者は、「ノートオーラは日産の小型セダンや輸入車のコンパクトカークラスからの代替えが目立っている」とコメントしています。

■トヨタ、ライズに1.2Lハイブリッドを追加!!

マイナーチェンジを受け、新開発の1.2Lハイブリッド&1.2LガソリンNA車が設定されるトヨタ ライズ(写真は現行型)

 トヨタは11月1日にライズをマイナーチェンジし、新開発の1.2Lハイブリッド&1.2LガソリンNA車を設定します。ОEM供給元のダイハツ独自開発のハイブリッドユニットは1モーター&リチウムイオンバッテリーの組み合わせとなるようです。

 今回は2WD車のみで4WD車は1Lターボ車を継続販売します。姉妹車のダイハツロッキーも同日、同じ内容でマイナーチェンジをし、メカニズムのみで内外装のデザイン変更はしない見込みです。

 車両本体価格は1.2LのNAが1Lターボ車並み、ハイブリッドはNAに比べて30万円程度のアップになりそうです。従来モデルはすでにオーダーストップし、在庫もほとんどない状況です。

 改良モデルは10月中旬にも事前の予約受付を開始する見込みです。1Lターボはトヨタルーミーやダイハツトールにも搭載しており、こちらは2022年秋のマイナーチェンジで両ユニットに切り替えられるものと思われます。

 パッソ/ブーンのハイブリッド化も同様に1.2Lで対応する見通しです。1モーター方式を採用するのは2モーターに比べてコストアップを可能な限り抑えるためです。

次ページは : ■カローラクロスの余波でC-HRはどうなる?