トヨタ史上「最ゴージャスレコード」更新?? グランエース超え大型ミニバン出現!

トヨタ史上「最ゴージャスレコード」更新?? グランエース超え大型ミニバン出現!

 今年はミニバンの年。1月のノア/ヴォクシー発売、ステップワゴン発表を皮切りに、今後も続々と新型が登場予定だ。

 だがそこに、いろんな意味でビッグなニュースが飛び込んできた。2023年、トヨタから“グランエース超え”の大型ミニバンが登場するというのだ!

 同じく2023年登場が目される日産 新型エルグランドの続報とともに、詳しくお伝え。

※本稿は2022年1月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年2月10日号

【画像ギャラリー】グランエース、現行型エルグランドともそれぞれ比較! 予想CGをギャラリーで見る(16枚)画像ギャラリー

■トヨタ BIGミニバン(2023年春登場予定)

●グランエースもひれ伏す!? 特大サイズ×豪華絢爛

 2020年、グランエースが誕生した時は腰を抜かしたが、トヨタはさらにやる! そのグランエースをよりゴージャスにした大型高級ミニバンがこの先控えており、登場するのは来年の春。

 ボディサイズが巨大なグランエースは、アルファードに比べ居住性や積載性は優れているが、豪華さや上質さはアルファード・エグゼクティブラウンジには及ばない。

 その弱点を潰したのが、グランエースのプラットフォームを採用したこの大型ミニバンだ。

トヨタ BIGミニバン(仮称・画像はベストカー編集部による予想CG)。トヨタ歴代のなかでも最もゴージャスなミニバンの誕生となる。パワートレーンはV6、3.5Lターボ+ハイブリッド搭載になるだろう 

 CGのようにフロントは柔らかい雰囲気がなく、押し出しがかなり強いデザイン。存在感はかなりのものとなる。

 そして、パワートレーンは現状不透明だが、サイズ感を考えるとランドクルーザー300系で搭載が見送られていた3.5L、V6ツインターボ+ハイブリッドが載る可能性もある。

 ファーストクラスミニバン、ついに解禁である。

■日産 エルグランド(2023年冬登場予定)

●「ものすごい四角いスタイルと」e-POWERで新章を切り拓く

 Lクラスミニバンをアルファードの独壇場にはさせない! という声とともに、いよいよ4代目エルグランドが登場する。

 その強力ライバル、アルファードは今年12月に新モデルが登場予定で、エルグランドは後発だけに魅力武装して誕生する。

 パワーユニットは日産の懐刀で大きな魅力である、e-POWERとなることは確実。

 発電用エンジンは1.5LのVCターボ(可変圧縮エンジン)となり、大型ミニバン、エルグランドをスムーズに走らせる。それを実現するのが200psを超えるのは確実とされるモーターパワーで、今年春に登場する次期エクストレイルと同じパワーユニットになりそうだ。

 そしてスタイルだが、スクープ班に入ってきた確かな目撃情報によると、「物凄く四角いカタチ」という。

日産 新型エルグランド(画像はベストカー編集部による予想CG)。四角いスタイルということは室内の広さも快適性もアップ。1列目と2列目シートにはロングスライドを採用し、極上空間を演出する。もちろん3列目シートもゆったりしたつくりになっている

 ここで掲載するスクープCGはややスタイリッシュさを意識したデザインになっているが、これよりも相当四角いスタイルで登場しそうだ。もちろん見る角度によっての「物凄く四角い」発言の可能性もあるが、次期エルグランド、相当攻めたモデルであることは確実といえる。

 室内の使い勝手も数段進化し、安全装備も充実。魅力あふれるミニバンとなる。

【画像ギャラリー】グランエース、現行型エルグランドともそれぞれ比較! 予想CGをギャラリーで見る(16枚)画像ギャラリー