カローラクロス投入でもはや居場所はなし? C-HRの功績を改めて考える

カローラクロス投入でもはや居場所はなし? C-HRの功績を改めて考える

 2016年末のデビューと同時に人気を集め、2017年、2018年と日本国内におけるSUV年間販売ランキングの1位となったトヨタC-HR。ニュルブルクリンク24時間レースの出走や新城ラリーでのデモ走行など、かなりスポーツ色を強く演出し、その独特なスポーティな外観と相まって瞬く間に人気車種となった。

 しかし、最近ではカローラクロスやヤリスクロスの人気に押されて、売上絶頂期の9分の1の販売台数にとどまっている。

 かつては販売台数ランキングの上位だったC-HRは、なぜここまでの苦戦を強いられることとなったのか? C-HRを厳しい状況に追い込んだその要因と、これまでの功績やまだまだ衰えない魅力を紹介する。

文/渡辺陽一郎、写真/トヨタ、ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】強烈に派手なルックスと欧州で鍛えた走行性能でまだまだイケるヨ!「C-HR」を写真でチェック!!(32枚)画像ギャラリー

■カローラクロスとヤリスクロスが好調な一方、C-HRは……

 今はSUVが売れ筋のカテゴリーだ。新車として販売される小型/普通乗用車の25%前後を占めており、ミニバンに匹敵する売れゆきとなっている。

 そしてトヨタは一部のOEM車以外は軽自動車を扱わないから、小型/普通車のSUVに力を入れる。2019年にはRAV4とライズ、2020年にはヤリスクロスとハリアー、2021年にはカローラクロスとランドクルーザーという具合だ。SUVのフルモデルチェンジや新規投入が続いている。

2021年9月から発売となったトヨタ『カローラクロス』。いちばん安いガソリンFF「G”X”」が199万9000円でハイブリッドFF「G」が259万円からとなっている
2021年9月から発売となったトヨタ『カローラクロス』。いちばん安いガソリンFF「G”X”」が199万9000円でハイブリッドFF「G」が259万円からとなっている

 特に成功している車種は、2021年9月に発売されたカローラクロスだ。同年11月には7300台、同12月には6290台、今年1月には7510台が登録され、国内で販売されるカローラシリーズ全体の53%を占める。ヤリスクロスも好調で、昨年11月が6480台、同12月は9450台、今年1月は1万760台だから(いずれもコンパクトカーのヤリスを除く)、この2車種がSUVの販売1位を争っている。

 カローラクロスとヤリスクロスが好調な一方、人気を下げたのがC-HRだ。2021年1~12月の1か月平均は1508台で、直近の昨年11月は1288台、同12月は1097台、今年1月は1072台であった。登録台数はカローラクロスの約17%だ。

次ページは : ■強烈なインパクトを放つデザインで2016年にデビュー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!