トヨタ 6代目スープラはEVに生まれ変わる!! FR+疑似MT採用で2025年登場か!?

トヨタ 6代目スープラはEVに生まれ変わる!! FR+疑似MT採用で2025年登場か!?

 驚きの新型車登場やスクープ情報が続くトヨタ。そして、なんと2025年にスープラがEVになって登場するとの情報が飛び込んできた! 驚きの6代目スープラ開発計画についてベストカースクープ班が掴む最新情報をお届け!!

※本稿は2023年1月のものです
文、予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部、トヨタ
初出:『ベストカー』2023年2月10日号

■GRスープラはEVに生まれ変わる!?

EVスープラはミドシップスポーツのようなデザインという目撃情報がある。リア駆動、450〜500ps級の2シーター本格スポーツとなりそうだ(画像はベストカーによる予想CG)
EVスープラはミドシップスポーツのようなデザインという目撃情報がある。リア駆動、450〜500ps級の2シーター本格スポーツとなりそうだ(画像はベストカーによる予想CG)

 このところトヨタ&レクサスの驚くべき情報が次々に入ってきて落ち着くヒマのないBCスクープだが、2023年もその勢いは続いている。今度はGRスープラ。結論から先に書くと、2025年にEV(電気自動車)に生まれ変わるという!

 GRスープラは今年中に550psに大幅にパワーアップした直6、3Lツインターボエンジンを搭載するGRMN仕様が登場し、それが最終モデルとなって2025年に生産を終了する。それは、これまでのBCスクープで何度か報じてきたとおりで、その計画が変わったという情報はない。
 
 日本を含む世界主要各国の電動化目標もあって、GRスープラはそれにて終了。あとは美しき思い出としてクルマ好きの心の中に生き続けると想像していたのだが、トヨタの戦略は、そのはるか斜め上を行っていた。

 GRスープラは電動車、しかもハイブリッドでもなくEVで新たな歴史を紡ぎ始める。トヨタはそう決断したのだ。

■EVスープラに使われるプラットフォームの行方は!?

EVスープラのプラットフォームがどうなるかの予測は難しい。e-TNGA(写真)の改良版の可能性が高い
EVスープラのプラットフォームがどうなるかの予測は難しい。e-TNGA(写真)の改良版の可能性が高い

 EVに生まれ変わることはわかったが、それがどんな内容なのか、その詳しい情報はまだ入っていない。現在判明していることを列記すると、1. 後輪駆動、2. ミドシップスポーツを思わせるデザイン、3. 6代目GRスープラとして登場するということになる。

 普通に考えれば、bZ4Xから始まったEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を使ったクルマになると捉えるのが自然だが、今、トヨタはそのEV戦略の見直しを始めている。

 高コストで効率があまりよくなく、狙ったパフォーマンスが引き出せないといった技術的な課題と、中国を徹底的に排除し、EVの補助金をアメリカ国内で製造したクルマにしか適用させない米インフレ抑制法の成立など、e-TNGA開発時には想定していなかった外部要因が重なり合って、トヨタのEV戦略は計画どおりに進んでいないからだ。

 それゆえ、これからのEVに関しては外部では窺い知れない新たな動きが頻発する可能性が高いのだ。

 ただ、ひとつ言えるのは、車載用電池の手当ては計画どおりに進んでいるということ。

 昨年8月に約56億ドル(1ドル133円換算で約7450億円)を投資し、2024〜26年のEV用車載電池の生産を開始すると発表。

 日本とアメリカで最大40GWhの生産増強を目指すとしており、2025年と言われるEVスープラも車載電池に関してはメドがついていると思われる。問題はプラットフォームをどうするかということなのだ。

次ページは : ■MTも新世代ステアリングも搭載か?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!