日産 スカイライン「クロスオーバー」復活か!? BEVになって2025年登場!!

日産 スカイライン「クロスオーバー」復活か!? BEVになって2025年登場!!

 セダンの人気が凋落する昨今、日産 スカイラインの新型車についても情報が錯綜し、実情は闇の中だった。新たな情報が出ては消えるというなか、次期スカイラインはBEVのクロスオーバーになるという確定的情報が入ってきた!

※本稿は2023年1月のものです
文/ベストカー編集部、予想CG/ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年2月26日号

■次期型はBEV&クロスオーバー化!!

アリアB9 e-4ORCEをベースに開発が進められることになりそうな次期スカイライン。セダンはなく、クロスオーバーだけとなる(画像はベストカーによる予想CG)
アリアB9 e-4ORCEをベースに開発が進められることになりそうな次期スカイライン。セダンはなく、クロスオーバーだけとなる(画像はベストカーによる予想CG)

 セダンは残るのか、クロスオーバーになるのか? パワーユニットはe-POWERかBEV(電気自動車)か、それともその両方か? 次期スカイラインの情報は錯綜しており、実体がつかめないのが実状だった。

 いろんな噂は聞こえてくるが、時間が経つとその内容が変わったり、なくなったりする。ベストカースクープでも何度か報じてきたが、いつの間にかその話は消えていることが何度かあった。

 ある情報筋から最近聞いたのは、セダンに関しては2016年から2022年の間に3回企画が立ち上がったが、すべて消滅したという話。

 その企画内容の詳細までは不明だが、「だから情報がコロコロ変わっていたのか」と、これまでの経緯を振り返って妙に納得した。スカイラインは日産の大事なブランドだけに慎重になるし、取り扱いが難しいクルマとも言えるのだろう。

 2021年夏頃に「スカイラインが消滅する」と一般紙で報道された時には、星野朝子副社長が「日産自動車はスカイラインを諦めません」と宣言。反響の大きさに驚き、火消しに走ったようにも見えたが、確かにその頃、次期モデルの企画が検討されていたということになる。

 さて、そんなスカイラインにまた新たな情報が入ってきた。これぞ待ちに待った確定的情報。「次期スカイラインはBEVのクロスオーバーになる」というのだ!

 この情報、これまで同様に途中で変わることもあるかと思いきや、そうではない。栃木工場での生産が決定したというのだから、実質的にスタートしているということだ。

 会議でああでもない、こうでもないと話し合っている段階はもう過ぎて、日産はスカイラインをBEVのクロスオーバー一本にすると決定したのである!

次ページは : ■450psオーバーの電動4WDスポーツ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!