新型レクサスLM日本に上陸!! 公道走行テストで全貌見えた!!! 超高額も豪華絢爛で爆売れ必至!?

新型レクサスLM日本に上陸!!   公道走行テストで全貌見えた!!!  超高額も豪華絢爛で爆売れ必至!?

 2023年4月19日の上海モーターショーで世界初公開をとなった、アルファードのレクサス版のレクサスLM。なんと中国で発表されたばかりなのに、早くも日本の公道を走る姿をキャッチ! 外で見るレクサスLMはどうなのか、チェック!

文/ベストカーWeb編集部、レクサスLMの走行テスト写真:旦那metalさん (@darkblue6969)、トヨタ

■もう発表されたからいいや!? と偽装なしで走行テスト

高速道路のSAでキャッチされた新型レクサスLM。写真:旦那metalさん (@darkblue6969)
高速道路のSAでキャッチされた新型レクサスLM。写真:旦那metalさん (@darkblue6969)

 まずは、旦那metalさん (@darkblue6969)が捉えた新型レクサスLMの写真を見ていただきたい。それにしても4月19日に発表されてから間もないとはいえ、偽装なしで走るとは大胆。

 フロントマスクは先代LMのスピンドルグリルから、最新のレクサスのアイデンティティ、スピンドルボディへ昇華。ボディとグリルがシームレスにつながるように表現している。

中国市場で販売されていた先代レクサスLM。巨大なスピンドルグリルが特徴
中国市場で販売されていた先代レクサスLM。巨大なスピンドルグリルが特徴

 ヘッドライトは先代よりも細長く、ヘッドライトを囲むようにデイタイムライトが配置され、キリっとした表情。先代よりもオラオラ度が控え目になり、上品なイメージを受ける。

 では、フロントマスクが新型アルファード&ヴェルファイアとどう違うのか気になるところ。すでに4月中旬には、トヨタディーラーにプロダクトガイドが配信され、営業マンはその姿を目にしているはずだが、外部への情報漏えいを防ぐべく箝口令が敷かれているため、なかなか外には出てきていない。

 ベストカーでは寄せられた情報をもとに独自に新型アルファード&ヴェルファイアのCGイラストを制作したが、それと比べると、新型レクサスLM、新型アルファード、新型ヴェルファイアそれぞれ、ヘッドライト&デイタイムライト、グリルの形状が異なり、それぞれに個性を持たせているのがわかる。

 今回、プロトタイプながら新型レクサスLMのボディサイズも発表された。全全長5125(+85)×全幅1890 (+40)×全高1955 (+10)mm、ホイールベース3000 (+0)mm(カッコ内は先代レクサスLM比)。

ベストカーが制作した新型アルファード(右)&ヴェルファイア(左)のCGイラスト
ベストカーが制作した新型アルファード(右)&ヴェルファイア(左)のCGイラスト

次ページは : ■新型レクサスLMのインテリア、パワートレインは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します