シビックが24年冬にマイチェン!! 伝統のスポーツグレードRSも復活!? 200馬力6MTで400万円切りか?

シビックが24年冬にマイチェン!! 伝統のスポーツグレードRSも復活!? 200馬力6MTで400万円切りか?

 2021年に現行型が登場し、2022年にe:HEVが追加されたホンダ シビック。2024年冬に初のマイナーチェンジを迎えるという情報が入った。同時に、初代シビックに設定され人気となった伝統のスポーツグレード「RS」が追加される!?

※本稿は2023年12月のものです
文/ベストカー編集部、画像/HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年1月10日号

【画像ギャラリー】昭和世代爆アゲ!! 伝統の「RS」がシビックに復活!? 2022年に登場したホンダ シビックe:HEV(24枚)画像ギャラリー

■シビックに伝統のスポーツグレード「RS」追加!

RSにふさわしいスポーティで精悍なエクステリアデザインとなる。インテリアもスポーティな演出が施される(ベストカー編集部作成の予想CG)
RSにふさわしいスポーティで精悍なエクステリアデザインとなる。インテリアもスポーティな演出が施される(ベストカー編集部作成の予想CG)

 2021年に現行型が登場し、翌2022年にはe:HEVが追加されたホンダ シビック。2024年冬に初めてのマイナーチェンジを行い、その際にスポーツグレードの「RS」が追加されるという情報が入った。

 シビックRSと言えば、初代モデルで当時の若者たちを熱狂させた伝説のスポーツモデル。近年はフィットやN-ONEに設定されているが、内外装のドレスアップが中心で、それほど本格的な走りのチューニングは施されていない。

 新たに追加されるシビックRSは、専用フロントマスクをはじめとするエクステリアデザインの一部変更、レッドステッチや加飾を施したスポーティなインテリアという「見た目のスポーツチューン」はもちろんだが、米国のスポーツグレード「Si」の足回りを採用するというから本格的だ。

■RSの気になるスペックは?

1.5Lターボは吸排気系の変更などで200ps/26.5kgmまでパワーアップし、サスペンションもスポーティにチューニング
1.5Lターボは吸排気系の変更などで200ps/26.5kgmまでパワーアップし、サスペンションもスポーティにチューニング

 エンジンは直4、1.5L、VTECターボでe:HEVは設定されない。このターボエンジンはベースグレードでは182ps/24.5kgmのスペックだが、RSでは200ps/26.5kgmまでパワーアップするという情報だ。

 トランスミッションは3ペダルの6MTは確実で、MTモード付きのCVTも用意されそうだ。価格はフル装備で380万〜400万円と予想。待ちに待った「RS」の登場である。

【画像ギャラリー】昭和世代爆アゲ!! 伝統の「RS」がシビックに復活!? 2022年に登場したホンダ シビックe:HEV(24枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!