販売好調なマークX最終仕様からみる復活の可能性


 トヨタのビッグネームのひとつ、マークXがマークIIから続く50年を超える歴史に終止符を打ち2019年いっぱいで生産を中止されると発表されたのが2019年4月24日。

 同じく年内に生産を中止すると発表されていたエスティマが生産中止時期を2度にわたり早め10月に生産中止で7月末の時点でオーダーストップがかかっているように、マークXの状況も変わっているのか?

 遠藤徹氏が現場の声を拾い、マークXの現状についてレポートする。

文:遠藤徹/写真:TOYOTA


ファイナルエディションの売れ行きは上々

【画像ギャラリー】マークII&マークXの栄光の歴史

 マークXはすでに年内での生産中止を扱い店のトヨペット店に伝えられているが、9月上旬現在ではまだ全グレードが生産を継続している。特に売れ筋となっているのは今年4月に発売した特別仕様車の「250Sファイナルエディション」だ。

マークXファイナルエディションは、250SをベースにFRと4WDの2モデルを設定。ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、プレシャスブラックパールの3色

 従来のカタログモデル(中間グレード)である250Sをベースに最上級グレードの「250RDS」に近い装備を充実させながら、車両本体価格331万1800~348万9480円と10万円程度の買い得価格を設定している。

 今年1~7月のシリーズ全体の登録台数は2830台と台数的にはそれほど売れていないが、前年同期比は16.3%増、7月単月は67.2%増といずれも大幅増で特別仕様車効果が表れていることが読み取れる。

値引きも大きく買い得感は高い

 こちらはまだ継続生産しているので、首都圏にあるトヨペット店で見積もりを取ってみた。

 250Sファイナルエディション2WD(車両本体価格339万3500円)に有料色のホワイトパールクリスタルシャイン、盗難防止付きナンバーフレームセット、フロアマット、プレミアムコーティング、サイドバイザー、ディーラーオプションナビ、ドライブレコーダー、バックガイドモニターなど31万円強のオプションパーツを付けてはじいてもらったったら、法定&法定外諸費用込みで382万円強と出た。

ブラックとレッドを配色したアルカンターラ+合成皮革シート表皮と、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮を特別装備している

 値引きはトータル40万円強が提示された。納車予定日は12月で消費税は10%で計算されている。扱い店によっては早めにオーダーしてプールしている在庫もあり、こちらを購入すると9月末までの登録が可能であり、消費税は8%となる。

 マークXの後継モデルはこれまでの情報どおり存在しないことで変わりないという。メーカーのトヨタとしてはカムリ、クラウン、レクサスISなどでカバーする考えのようである。

 つまり継続生産するほどマーケットニーズはないとの判断から生産中止を決めたものと思われる。

現行マークXは2009年にデビュー。2度のマイチェンでフロントマスクを変更し現在に至る。写真はデビュー時でファイナルモデルのカッコよさが際立つ

次ページは : マークXに対する見解

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ