次期86/BRZ登場は1年半後!! いまわかっているすべて

 2012年2月にデビューしたトヨタ86/スバルBRZは丸7年が経過。待望のFRスポーツが鳴り物入りでデビューしてすでに7年が経過したと思うと感慨深いものがある。

 その86/BRZはクルマ好きを熱くさせただけでなく、アフターパーツ、チューニング業界、ワンメイクレースなどによるレース界などクルマ界を大きく活性化。

 軽自動車、コンパクトカーのような販売台数ではないし、SUVのようなブームにもなっていないが、クルマ界に与えた影響は無視できない。

 その86/BRZの次期モデルについての情報を紹介していく。

文:ベストカーウェブ編集部/写真:TOYOTA、SUBARU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】現行86/BRZの進化の系譜


トヨタとスバルの共同開発は不変

 86/BRZは細かく手を入れてきてはいるが変わった感じがしない。それはエクステリアデザインがほとんど変わっていないからにほかならない。

 86の開発主査で、その実績を買われてスープラの開発責任者を務めた多田哲也氏は、86のデビュー時から、86はエクステリアをほとんど変えない代わりに走りに関係する部分は精力的に手を入れていくことを公言していたとおりになっている。

次期モデルは存在しないのではないかと危惧されていた86/BRZだが次期モデルは存在し、2021年前半にデビューする可能性が高いことが判明!!

 ということもあり86/BRZは長い年月をかけてクルマを熟成させ、ある意味1代限りで完結させる、つまり次期モデルは存在しない、という情報もあったが、次期モデルはしっかりと存在する。

 次期モデルの開発呼称は『860B』で2021年前半のデビューを目指し開発が進められている。現行の86/BRZ同様に、トヨタとスバルが共同で開発すること、開発のイニシアチブはスバルが握ることは変わらないという。

 現行86/BRZの開発においてはスバルは増田年男氏が開発責任者だったが、新型では現行インプレッサを手掛けた阿部一博氏が担当するという。妥協することなく走りの性能を追求する阿部氏の着任は期待感が大きい。

変わらないことが最大の魅力

 FRのプラットフォームは現行86/BRZのものをキャリーオーバーで使用する。何度も手を入れて熟成されているプラットフォームを使うのはスポーツカーでは常套手段だ。つまり、サスペンション形式も変わらないということになる。

 スバル製の水平対向エンジンを縦置きにしたFRという基本骨子も不変で、トランスミッションもアイシンAW製の6MTとアイシンAI製の6ATという構成も変わらない。

次期86/BRZに搭載されるトランスミッションは6MTと6ATで現行モデルと同じ。もちろんギア比など細部は変更されて最適化が図られる

 ただし、エンジンは現在の2L、水平対向4気筒直噴(FA20)から、2.4L、水平対向4気筒直噴(FA24)に変更されるという。

 86/BRZに搭載予定の2.4Lエンジンはすでに北米で発売されているスバルアセントに搭載されている2.4L、水平対向4気筒直噴ターボ(264ps/38.3kgm)のNA版で、スペックは220ps/24.5kgmほどに落ち着きそうだ。

 FA24エンジンに関しては、現行86/BRZに搭載されているFA20同様にトヨタの直噴技術であるD-4Sが採用される。現行モデルの泣き所である環境性能、燃費性能を高めることは急務だ。

スバルが北米で販売しているSUVのアセントに搭載されるFA24は2.4L水平対向直噴ターボだが、次期86/BRZにはこれのNAバージョンが搭載される

 現行の86/BRZのノーマルモデルは、6MTが207ps/21.6kgm、6ATが200ps/20.9kgmだからまずまずの進化だ。86/BRZではパワーよりもトルクアップが望まれていることからも、かなり加速性能のアップ、アクセルワークで曲がる走りの気持ちよさに期待できる。

 またエンジンスペックは現行同様に6MTと6ATでスペックに差がつけられるはずだ。

本物のFRスポーツに一歩近づく

 エクステリアデザインはまだ予想の段階ではあるが、関係者の証言をまとめると、現行からキープコンセプトだが、質感が大いに高められるという。

 86/BRZの差別化も現行同様に大きくなく、差別化は後から追加されるGRMN、STIのモデルで差別化が図られると思われる。

86とBRZでは現行同様にエクステリア上で大きく差別化されることはない。現行とほぼ同サイズながらより抑揚のあるデザインとなるはずだ

 新型の予想ボディサイズは、全長4250×全幅1780×全高1315mmだ。現行モデルが全長4240×全幅1775×全高1320mmだからほとんど変わらないということだ。ホイールベースについては2570mmで変わらない。

 車重は排気量アップしたエンジンを搭載しながらも全グレードで10kg程度軽量化される可能性が高い。

リアビューは現行よりもボリューム感が強調されるはず。ウェストラインも高くなるといわれていて、2021年のデビューが待ち遠しい

 86/BRZの次期モデルについての情報はこれからも入ってくるたびに更新していく。この程度の変化? と物足りなく思えるかもしれないが、ポルシェ911が基本レイアウト、基本骨子を長きにわたり変えず熟成してきたような進化を目指していると思われる。

 スポーツカーは見た目の派手さやギミックのようなものも重要だが、走りの性能を磨いてこそ。次期86/BRZでは日本メーカーがこれまで最も不得手としてきた長期にわたる熟成にチャレンジするのは、現行モデルに自信を持っているから。

 次期モデルで86/BRZは本物のFRスポーツカーにまた一歩近づくのだ。

次期モデルでも86はGRMN、BRZはSTIがそれぞれ手掛けた高性能モデルを追加しそれぞれが差別化されるはず。同じクルマでも違うクルマになるから不思議

【画像ギャラリー】現行86/BRZの進化の系譜

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ