新型クラウン早くもお披露目 漆黒ボディがめちゃくちゃカッコいいのでぜひ市販を!

■デビュー前のクラウン、TRDバージョンが先行して展示!?

 2018年1月12〜14日に幕張メッセで開催された東京オートサロン2018。各メーカー大変力の入った展示であり、3日間の累計入場者数は32万4400名。

 多くの魅力的なコンセプトカーが登場したが、なかでも「おおっ!」と声があがったのがトヨタブース。

 2018年6〜8月頃にデビューが予定されている新型クラウンのコンセプトカー(TRDバージョンとモデリスタバージョン)が早くも出品されていた。

 デビュー前のモデルが「コンセプトカー」としてショーに出品されるのはよくある話だが、正式発表の半年前にチューニングバージョンが先行して展示されるのは異例のケース。

 トヨタが新型クラウンに新しいイメージ(「若々しさ」だとか「走りの実力」だとか)を付与したい、という狙いが見て取れる。

 ここでは実際にトヨタブースでも特に存在感を発揮していたTRDバージョン、それもマットブラックに仕上げられた新型クラウンを紹介したい。

 見てくださいこのクールな仕上がり。ツヤ消しで仕上げられたボディカラーに目を奪われがちですが、それだけでなくオリジナルパーツとして装着されたフロントエアロパーツ、サイドスカート、リアバンパースポイラー、トランクスポイラーがそれぞれ引き締まって見えて、なにしろいい。

 残念ながらこの仕様の市販予定は(今のところ)ないそうだが、うーん、これカッコいいです。ぜひ市販しましょう。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ