中間休息日で車両と人員をリフレッシュ!! 日野チーム、後半戦に向けて万全の態勢を整える【ダカールラリー2022】

中間休息日で車両と人員をリフレッシュ!! 日野チーム、後半戦に向けて万全の態勢を整える【ダカールラリー2022】

 8日目を迎えたダカールラリーは、サウジアラビアの首都リアドでの中間休息日。メカニックにとっては車両の点検整備で忙しい1日となるが、ドライバーやナビゲーターにとっては一息つける1日だ。

 実は、我々にとってもホッとした出来事が……。ダカールラリー2022に帯同している従軍記者の多賀まりお氏には、毎日現地からのレポートをお願いしていたのだが、4日目以降連絡がプッツリ途絶えてしまって心配していたのだ。

 どうやら現地のネット環境のせいらしいのだが、首都リヤドに戻って通信が改善。多賀氏は毎日レポートを送ってくれていたものの、こちらには届かず、こちらの問い合わせも多賀氏に届いていなかった模様。

 いかにも世界一過酷なレースと言われるダカールラリーらしい顛末ではあるが、今後もゴールに至るまで、ネットが繋がるかどうか別の意味でハラハラさせられるかもしれない。

文/フルロード編集部・日野自動車・多賀まりお 写真/フルロード編集部・日野自動車・ASO

【画像ギャラリー】首都リアドでの中間休息日も、メカニックは車両の点検整備に余念がない(10枚)画像ギャラリー

首都リアドで迎えた中間休息日

休息日を迎えたダカールラリー2022。メカニックにとっては忙しい一日だ

 ダカール2022は8日、サウジアラビアの首都リヤドで中間休息日を迎えた。この日は競技は行なわれず、ドライバーとナビゲーターにとっては休息と後半戦に向けた準備、メカニックにとっては車両の点検整備で忙しい一日となる。

 ビバークが設営されたのは飛行場近くにある大学の敷地内。5日にアル・カイシュマから到着したあと6日、7日と当地のループコースで競技を行なったため、ダカールでは珍しい4日間連続して滞在するビバーク地となった。

8日のランチは日野チームスガワラを支えるスポンサー、K&Kの「缶つま」でパーティ!!

 日野チームスガワラのメカニックたちは、7日夕刻に車両がビバークに到着したあと夜半まで作業を実施。この日も早朝から仕事にかかり、終了したのは9日の未明となった。

 整備内容は定期予定交換部品の交換や点検整備のほかキャパシタケースの揺動を抑えるための調整、トランスファーの交換など盛りだくさん。5人のメカニックたちの頑張りで車両は完全にリフレッシュされ、後半戦に向けて万全の態勢を整えた。

トランスファーの交換作業を進めるメカニックたち

キャパシタケースの揺動による悪影響を解消しポジションアップ

 ハイブリッドシステムを搭載したHINO600シリーズで初めてのダカールを戦う日野チームは当初、日本国内のテストでは確認されなかったキャパシタケースの揺動が車体の操縦安定性に悪影響を及ぼすトラブルに見舞われて低迷したが、揺動を抑える対策を講じてからは順調にペースアップ。

 4日の競技から3ステージ連続で総合12位のSS順位を記録し、累積順位は総合17位に浮上した。後半戦に向けては各部のファインチューニングを施し、さらなる上位をめざす。

ボディ中央に搭載されているのがジェイテクト社製キャパシタ

次ページは : 日野チームのメンバーのコメント