クルマと自転車&バイクについて学ぼう!! ブリヂストンがJAFと交通安全啓発イベントを埼玉県羽生市で開催!

クルマと自転車&バイクについて学ぼう!! ブリヂストンがJAFと交通安全啓発イベントを埼玉県羽生市で開催!

 2023年秋の交通安全運動最終日となった同年9月30日、ブリヂストンは一般財団法人「日本交通安全教育普及協会」とともに、埼玉県羽生市のイオンモール羽生において、交通安全啓発イベントを開催した。その模様をレポートしよう。

文、写真/諸星陽一

■多くの来場者が会場のイオンモール羽生に!

2023年9月30日、ブリヂストンは一般財団法人「日本交通安全教育普及協会」とともに、埼玉県羽生市のイオンモール羽生を会場に交通安全啓発イベントを開催した
2023年9月30日、ブリヂストンは一般財団法人「日本交通安全教育普及協会」とともに、埼玉県羽生市のイオンモール羽生を会場に交通安全啓発イベントを開催した

 本イベントには埼玉県警と一般社団法人日本自動車連盟(JAF)の東京支部が協力している。

 ブリヂストンは自動車用タイヤはもちろん、バイク用タイヤの製造、自転車の製造なども行うメーカーで、さまざまな交通手段に関連している企業。このため自動車目線、バイク目線、自転車目線といった多方向からの交通安全啓発に取り組んでいる。

 会場となったイオンモール羽生は駐車場のキャパシティが5000台、土日の来場者は約3万人という大規模なショッピングモール。イベント当日も開館とともに多くの来場者が訪れ、イベント会場も盛況となった。

 ショッピングモールでの開催ということもあり、小さな子供から高齢者まで、幅広い年齢層を対象とした啓蒙イベントで、実際にイベントを体験される方もさまざまな年齢層の方たちだった。

■四輪コーナーではタイヤの残り溝の重要性を実体験!

「クルマ・タイヤ点検コーナー」では、タイヤの適切な空気圧や残り溝の深さの重要性が紹介された
「クルマ・タイヤ点検コーナー」では、タイヤの適切な空気圧や残り溝の深さの重要性が紹介された

 四輪クルマコーナーでは、タイヤの空気圧や残り溝の点検の重要性を紹介。タイヤの残り溝の深さを簡単に計測できるディプスゲージを使って実際に溝の深さを計る体験も行われた。

 このディプスゲージはアンケートに解答した参加者全員にプレゼントされ、また高齢者向けとして運転能力診断テストコーナーも設置。短期記憶力と判断力を診断するアドバイスを提供することで安全運転に役立ててもらう目的だ。

JAFは「子ども安全免許証コーナー」を設置。交通安全に関するクイズに解答すると子供向けのおもちゃの免許証が発行された
JAFは「子ども安全免許証コーナー」を設置。交通安全に関するクイズに解答すると子供向けのおもちゃの免許証が発行された

 JAFは子ども安全免許証コーナーを設置。これはパソコンを使って、交通安全に関するクイズに解答すると、子供向けのおもちゃの免許証が発行されるもの。この免許証には交通安全のお約束が書かれていて、普段から目にすることで信号を守ることなどが促されるようになっている。

 二輪バイクコーナーではバイクのタイヤもクルマ同様に残り溝が大切であることを説明されていた。そしてバイクコーナーで最も人気だったのが、白バイや大型バイクにまたがれる体験。なかなか触れる機会のない大型バイクや白バイにまたがれるとあって子供たちには大人気で、順番待ちの行列ができるほど。

白バイコーナーは子どもたちからの人気も高かった
白バイコーナーは子どもたちからの人気も高かった

 特に白バイのコーナーでは、子供用の警察官の制服が用意されていて、警察官になりきっての白バイ体験ができるとあって人気となっていた。

次ページは : ■自転車コーナーは埼玉県警が協力!「うんこドリル」も人気に

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します