あのクルマの復活が遠因!? インドネシアで大人気の三菱ふそう・コルトディーゼルがキャンターになっちゃった!

あのクルマの復活が遠因!? インドネシアの超メジャーブランド・コルトディーゼルがキャンターになっちゃった!

 人口2億7000万人の国・インドネシアでは長年、小型トラック(車両総重量5.1~8.25トンクラス)の「コルトディーゼル」というクルマが、同クラスで5割前後の高いシェアを占めてきました。

 ところが2022年3月24日、このスーパーメジャーブランドが「キャンター」へ代わることが発表されたのです。いったい何があったのでしょうか?

文/緒方五郎、写真/緒方五郎・三菱ふそうトラック・バス

【画像ギャラリー】インドネシアで高いシェアを誇るコルトおよびコルトディーゼル(8枚)画像ギャラリー

辞書に載るトラック!?

 「コルト」という車名の通りコルトディーゼルは三菱のクルマであり、キャンターから逆算すれば、コルトディーゼル=キャンターだとわかる。そして車名が変わったところで、外観がほとんど変わっていないのも事実だ。しかしその名前が変わることは、インドネシアのトラック市場にとって大事件なのだ。

 三菱自動車工業(当時は三菱重工自動車事業部)が三菱商事とともにインドネシアでの商用車現地生産に進出したのは、いまから52年前の1970年のこと。

 翌71年からノックダウン(KD)組立が開始され、その最初の生産車が「コルトトラック」と「ジープ」だった。特にコルトトラックは早くもヒットし、その翌年にはKD組立を行なう委託先の工場が増やされたくらいだ。

 コルトトラックというと、日本ではかつて存在した乗用車派生ピックアップモデルの車名だが、インドネシアで初めて組み立てられたコルトトラックは、600kg積キャブオーバートラック「デリカトラック」(T100型)のことである。

 そのコルトトラックの上位モデルが「コルトディーゼル」だ。75年からT200型キャンター(TBキャンター)の導入を開始、79年からはTBの改良モデルであるFE100型キャンターのKD組立がスタートした。

 コルトディーゼルは88年にはコルトトラックの生産台数さえ上回るなど、小型トラックの定番の地位を築いてゆく。

 残念ながら実物をみたことはないのだが、現地語の辞書には、商品名でありながら「コルト」の項目があるそうで、インドネシアの人口に膾炙するスーパーメジャーブランドへ登りつめたわけだ。

少しずつ変わってきたコルトディーゼル

 その強力なブランド名を手放すことになった理由は公表されていないが、4月5日、三菱自動車がニュースリリースで欧州市場で三菱コルトを復活させると発表したことと関係があるのではないかと推測される。

 ちなみに三菱ふそうは2003年に三菱自工から分離独立し、ダイムラー(現・ダイムラートラック)のグループ企業になっている。

 逆にいえば分離したにも関わらず、丸20年もの間、三菱自工の商標である「コルト」ブランドを共有してきた(現地オペレーションで大きな役割を果たしている商社の意向もあるだろう)わけで、現地でのブランドパワーが絶大だったことを物語っている。

 そのことがうかがえるのが、2007年にTEキャンターに一新された現行コルトディーゼルの微妙な外観の変化だ。

 日本のキャンターは当時、フロントグリルに「CANTER」ロゴを装着していたが、コルトディーゼルではフロントグリルに「MITSUBISHI」ロゴ、フロントパネルに「COLT DIESEL」エンブレムが装着されていた。

 それが現行型では、フロントグリルが「MITSUBISHI FUSO」、フロントパネルのエンブレムは「COLT DIESEL」となった。さらに、当初からか途中からかは未確認だが、サイドドアには「CANTER」ステッカーも貼られたのである。つまり一つのクルマに二つの車名を並べていたのだ。

 実は、2014年のジャカルタ国際モーターショーを訪れた時、なぜCANTERのステッカーも貼っているのか聞いてみたのだが、明確な回答はなかった。

 現地客に聞かれたらどう答えるのか不思議だったが、シレッと貼っておいて「なんだろコレ?」と継続的に思わせることが目的だったのだろう。もしかしたら日本で同じクルマがキャンターと呼ばれていることも、陰に陽にアピールしていたのかもしれない。

 2018年モデルからは、フロントグリルから「MITSUBISHI FUSO」が消えた代わりに、フロントパネルの中央に「FUSO」のバラ文字エンブレムが装着された。「COLT DIESEL」エンブレムと「CANTER」ステッカーはそのままだが、FUSOブランドを前面に押した顔になった。

 FUSOブランド顔は、14年発表の「ニューFUSOシリーズ」で初めて導入され、同じ18年発表の新中大型トラック「ファイター」も踏襲しており、現地ふそうファミリー全体でのブランド戦略の一環であるのは明らかだ。

 そして2022年3月、車名が正式に「キャンター」となったEuro-IV排ガス規制適合モデルでは、サイドドアの「CANTER」ステッカーは消え、フロントパネルに「FUSO」バラ文字エンブレムと「CANTER」エンブレムを装着する姿になった。

 一つずつエンブレムを差し替えていくことで、コルトディーゼルはFUSO CANTERへ生まれ変わったわけである。

次ページは : 遅ればせのEuro-IV

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ